保存版!海外旅行の旅行期間別・必須持ち物リストまとめ

Compathy Magazineライターの林です。
旅の最中にふと、「あれを持ってくればよかったな」と、思ったことはありませんか? もちろん、ちょっとしたトラブルや不都合も旅の醍醐味とも言えますが、できる限り快適に、ストレスフリーな旅をしたいですよね。

また、旅に出る前の準備が苦手だという声もよく聞きます。じつは私もその一人で、いつも出発直前に慌てて荷物を詰め込み、「入らない!」と嘆いています。

以前、下記の2つの記事手荷物検査も恐くない!旅の荷物ワザ – 機内持ち込み編 –準備からが旅の始まり!意外と知らないパッキング術 – スーツケース編 –では、パッキングの小ワザなどを紹介しましたが、今回は少しでも皆さんの持ち物選びの手助けになるような、海外旅行時の「期間ごとの海外旅行必須持ち物リスト」をまとめてみました!

【共通編】海外に出るなら必須!期間と無関係に必要なものリスト!

まずは期間に関わらず、海外旅行に行くなら必須の持ち物一覧をご紹介します。

  • 証明書など
    • パスポート
      有効期限を確認しましょう(残存期間が短いだけで入国不可となる国もあるので注意が必要です)
    • ビザ(査証)
      渡航先に入国する際に事前取得が必要な場合があります。(参考:いまさら聞けない!旅ビギナーにそっと教える「ビザ」とは
    • 海外旅行保険の保険証
      事前に海外旅行保険に加入した場合は、忘れず携帯するようにしましょう。(クレジットカードの付帯保険では保証が不十分な場合もありますので、事前に確認の上で加入を判断しましょう)
    • 証明写真(4.5×3.5cm)2枚
      パスポートの紛失時に、持っていると再発行が可能になります。不安な方は持参するのをおすすめします。
    • 各種証明書コピー・写真
      パスポート情報等、いちいち取り出すのが面倒な書類はコピーやスマートフォンで写真に保管しておくと便利です。
  • 電子機器
    • 携帯電話・充電器
      盗難には注意が必要。こういうものとキーチェーンを繋いでおくと安心です。
    • 変換プラグ
      事前に渡航先のプラグの形を確認し、対応している変換ブラグを購入しておきましょう。
  • カバン類
    • 財布・セキュリティポーチ
      ブランド物は極力避け、高額紙幣と小銭は分けて保管できるようにします。高額紙幣については服の下に身につけることのできる、セキュリティポーチに入れておくとより安心です。
    • サブバッグ
      街歩き用のバッグ。ちょっとした買い物用に小さめのものを用意しておくと便利です。治安にもよりますが、しっかり身体に密着できるものがおすすめです。
  • 日用品類
    • ポケットティッシュ・トイレットペーパー
      海外のトイレでは備え付け紙がなかったり、紙が切れていることも多々。現地で購入予定のない方はぜひ持参することをおすすめします。
    • ウェットティッシュ
      乾燥している地域・なかなか公衆トイレのない地域では重宝します。こちらも現地調達の予定・見込みがなければ持参をおすすめします。
    • 歯ブラシセット
      備え付けのない宿泊施設もありますので、持参すると便利です。
    • タオル
      乾きやすい素材のものを選びましょう。フェイスタイプタオルのもの数枚でも十分です。
    • ヘアーブラシ
      備え付けのない宿泊施設もありますので、持参すると便利です。
    • リップクリーム
      乾燥地域への渡航や、乾燥する機内で重宝します。
    • 医薬品(サプリメント)
      現地で自分の体に合った薬が手に入らないことも多いので、常備薬は必ず持参しましょう。予定の旅程よりも多めに持参すると安心です。
    • コンタクトレンズ(保存液)
      こちらもレンズはもちろん、保存液・洗浄液についても渡航先で同じものが手に入るとは限らないので、普段使っているものを持参しましょう。
    • 日焼け止め
      地域よっては日差しの強さが日本では考えられないほど強いものになります。
    • カミソリ(髭剃り)
      宿泊施設の備え付けのものでは衛生上安全でない可能性もありますので、日本で安心できるものを持って行きましょう。
  • その他
    • ビニール袋・ジップロック
      ビニール袋は汚れた衣服や濡れたものを分けておくのに、ジップロックは液体が溢れるの防いでくれます。
    • サンダル
      宿泊施設内での移動や、ちょっとしたお出かけ、水辺への旅で重宝します。
    • ガイドブック
      やはり紙の情報は安心です。航空券やホテルの予約証明になるものも併せて持つとより安心です。
    • 筆記用具・メモ帳
      どんな情報もすぐにメモできると安心です。その他入国にあたっての記入等、ペンが必要になるケースがあります。
    • 袋止め、輪ゴム
      ものを束ねたり、食べかけのお菓子を保存するのに便利です。
    • 首枕
      飛行機で快適に寝たい場合はあるだけで熟睡度にだいぶ差が出ます。
    • 帽子
      特に日差しの強い国に行く場合は必須です。
    • フォーマルウェア
      ドレスコードのあるお店にいく予定などがある場合は、多少荷物になりますが忘れずに荷物に加えておきましょう。
1 2 »
Ayako Hayashi

Ayako Hayashi

カジノ好き会社員。あまり休みの多くない社会人のための弾丸旅や、プラス1カ国寄り道などの短期間でもできるおトク旅を求めております。



関連する旅行カテゴリ

持ち物・準備

その他のオススメ記事

関連する旅行記事