意外と簡単な国際免許の取得方法!世界中で車を運転しよう!

こんにちは、Compathy Magazineライター赤崎です。
皆さんは、旅行先ではどんな交通手段を使いますか? 電車、バス、タクシー、場合によっては飛行機を使うこともあるかもしれません。どの交通手段にも時刻表や運転手、同乗者など、様々なことが関係してきます。本数の少ないバスや電車の時間に縛られることを考えると、億劫に感じる人もいるのではないでしょうか?
licence1
Daisuke Taniwaki 「神々の山嶺Himalaya (Langtang Lirung)」より

郊外にある遺跡や大自然を見たいとき、青空の下、地平線まで続く一本道を、風を浴びながら走れたらどれだけ気持ちが良いでしょう…。 そう思ったときは現地でレンタカーを借りることをオススメします。他の人や、時間に縛られることなく、自分で地図を見て、運転して、その国を知ることができたならば、それはツアーなどでは味わえない自分だけの旅になります。
もちろん周りを気にすることなく、大声で歌いながらドライブすることだって可能です。もし現地で車を運転する場合には、日本で国際免許を取得しておく必要があります。とても簡単なので次回の旅では是非挑戦してみて下さい。

まずは免許が必要

何はともあれ、まずは有効な日本の普通自動車免許証(以下、免許)が必要です。国際免許(道路交通法名は「国外運転免許証」)を取得するにあたって免許取得から○年以上経過が必要、ということはないので初心者であっても国際免許を取得することができます。
国際免許を取得するために、試験などを受ける必要は一切ありませんが、他の国への渡航予定がない場合は発行してもらうことができません。

運転可能の国

国際免許はジュネーブ条約に基づいて発行されます。よって、基本的にはジュネーブ条約に加盟している国のみで有効となりますが、国によっては日本の免許提示だけで運転が認められる国もあるようです。海外に行く予定がある人は、行き先が国際免許で運転が可能な国かをチェックしてみましょう!

1 2
Eika Akasaki

Eika Akasaki

トラベルフォトライター。 世界中をカメラとMacを持って飛び回る。 宗教や文化、各国の女性やファッションに興味をもち追い続けており、著名人へのインタビュー記事も多く扱う。ウエブサイト:Eika Akasaki Photographer



関連する旅行カテゴリ

# 旅の知恵・ノウハウ

関連する旅行記事