「ナポリを見てから死ね」!7年間住んで気付いた誤解されている治安

こんにちは、Compathy Magazineライターのレティです。

イタリア旅行に行ってみたいと考えているあなたは、どこへ行こうと思っていますか? 定番の観光地、ヴェネツィア・フィレンツェ・ローマなどではないでしょうか? そのルートを選ぶ人はきっと「時間があまりなくて、メインの場所にしか行けないんです」などと言うでしょう。しかし、私はその言葉が不思議でたまりません。「メインの場所」とは、誰が決めたことなのでしょうか? たとえば、1860年まで南イタリアに存在した両シチリア王国の首都だったナポリはなぜ、「メインの場所」に入らないのでしょう…?

 

■目次

1ページ目: ナポリの印象は「治安が悪い?」、ほか

2ページ目: 一番評判が悪いスペイン地域とフォルチェッラ地区の治安は?、ほか

3ページ目: 腕時計は危険?、ほか

 

ナポリの印象は「治安が悪い?」

IMG_1134
Letizia Guarini「イタリアのクリスマス2014年

残念ながら、南イタリア、特にナポリの話になると、ネガティブな言葉を聞くことが多いと感じます。
「ナポリは治安が悪いと言われていますよね!」
「ナポリって危ないよね? 怖くて行けない!」
「ナポリに行ったけれど、ツアーバスから降りずに、車窓から街並みを見ただけだよ」
もちろん他国の都会と同じように、ナポリにも危ないところはありますが、よく聞くこのような噂は本当なのでしょうか?

というわけで、ナポリに7年間住んでいた自らの経験を活かして、今日はナポリにまつわる3つの噂をもとに、ナポリの治安に関する「本当の情報」をご紹介します。

 

1. 怖がられる道「スパッカ・ナポリ」とは?

ナポリの中心部にあるスパッカ・ナポリという道が危なくて、現地の人でさえ怖がっているという噂がありますが、実際にはどうでしょう? スパッカ・ナポリとは、スペイン地域からフォルチェッラ地区まで伸びているナポリの中心街を真っ二つにわける長い道のことをいいます。つまり、その長さは1キロ以上。当然、危ないところもあれば、普通に歩けるところもあります。

スパッカ・ナポリの中心部(サン ドメニコ マッジョーレ広場、ジェズ ヌォーヴォ広場など)は昼間ならいつも賑わっているような場所です。東洋大学やフェデリコ2世大学のキャンパスがこの地区にあり、大学に通うためにナポリに移住した学生のほとんどはこの地区に住んでいます。普段からこの地区に住んでいる人はもちろん、昼間は学生たちが道にあふれて、スパッカ・ナポリやその周りの路地もイキイキとしています。

夜も大学生がこの道にあるバーなどで飲んだりしているので、遅くまで人が多く、危険な目に合うことはめったにありません。ただし、人が密集している場所から離れて暗い道に入ってしまうと、スリに合う可能性が高くなります。夜はできるだけ一人で歩かないようにしましょう。

1 23 »
Leti

Leti

南イタリアのバシリカータ州で育ち、7年間ナポリに滞在。22歳の時に来日し、現在日本文学とジェンダーを研究しながら旅ライターをしています。「私たちの頭は丸い。だから思考はいつでもその方向を変える事が出来る」は人生のモットーです。



関連する旅行カテゴリ

# ナポリの治安 # イタリアのトラブル・注意事項 # イタリアの治安 # ナポリ # イタリアの持ち物・準備 # イタリアの観光

関連する旅行記事