ガムを持っていたら捕まる!シンガポールで禁止される8つのこと

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

Hi everyone!!夢は元気なうちに世界一周、シンガポール生まれ東京育ちCompathy MagazineライターのErikaです。

今回は私の母国、シンガポールで禁止されているものをご紹介します。
シンガポールは「FINE CITY(罰金が科せられる国)」と呼ばれることもあります。また、犯罪率の低さと街の綺麗さも有名で、道端にゴミが落ちているなんて考えられません。なぜなら罰金が科せられるからです。例えば、たばこのポイ捨てには、数万円の罰金が科せられます。

1
写真:Erika Anne Nagaoke 「【シンガポール】豪華マリーナベイサンズ2泊★絶景≪天空のプール≫‼」より

以前、SMAPのCMで話題になった天空のプールが屋上にあるホテル「マリーナベイサンズ」を一目見に、シンガポールに行ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、旅行するにあたって、注意すべきこと、禁止されているものご紹介したいと思います。下記以外にもまだまだありますが、必ず知っておきたいこと挙げてみました。きっと役に立つ思います! (※以下に出てくる金額はおおよそ)

2
写真:Erika Anne Nagaoke 「【シンガポール】マーライオンセントーサ島女子旅」より

 

■目次

1ページ目: 1. ガムを持ち込んだだけでアウト/唾を吐くな


2ページ目: タバコのポイ捨て$300/缶やボトル、大きいゴミを捨てたら裁判所へ…

3ページ目: エレベーターで用を足すな/同性愛禁止

4ページ目: 公共トイレの水を流さないと$150/公共物汚染、芸術文化を破壊したらむち打ちの刑

 

1. ガムを持ち込んだだけでアウト

これは要注意。「ガムを食べたら、またはガムをポイ捨てしたら罰金」ではなく、「ガムをシンガポールに持ち込んだら罰金」ということです。私が日本にいるときは、いつもバッグにガムを入れて持ち歩いていました。エチケット、歯周病予防としてもよく噛んでいたガム…。シンガポールでは禁止です。代わりに歯ブラシセットを持ち歩きましょう(笑)。
エレベーターのボタン、ドアノブ、郵便ボックスなどに、ガムをつけるという悪戯が長い間続いたことで、この法律を定めたようです。

2. 唾を吐くな

のどに何か詰まっている、のどがいたいなぁ、唾が出る、でもティッシュがない。そんな時は飲み込んでください(笑)。唾を吐いたら罰金です。とにかくシンガポールを汚すような行為はNGです。

1 2 ... 4
Erika Nagaoke

Erika Nagaoke

シンガポール生まれ、東京育ち、現在シドニー在住。すきな言葉・こと→【なんとかなる】・ATVバギー/飛行機に乗る事。生きている限り、旅とオシャレはし続けたいと思ってます。



関連する旅行カテゴリ

# 習慣 # シンガポールの習慣 # シンガポール

関連する旅行記事