[世界の一秒]空を見上げるように眺める、エアーズロック

オーストラリアは広い。南半球に位置する、広大な国には様々な人が住んでいる。

赤茶けた大地に、横たわるようにあるエアーズロック。突如として現れるその一枚岩は、先住民のアボリジニにはウルルと呼ばれている。いまやオーストラリアのシンボル的存在でもあるこの岩の名前には、「世界の中心」という意味も込められている。

image (1)
Kaho Hirayama「Uluru」より

だんだん岩を見上げているのか空を見上げているのか、よく分からなくなってくる。吹きすさぶ風にあたりながら、ウルルを中心としたアボリジニの人々の生活などが、見てもいないのにまぶたの裏に浮かんでくるようだ。

ただのパワースポットでも、観光地でもない。ただのパワースポットとしてもてはやされると、本当のパワーは磨り減ってしまうような気がする。きっとアボリジニの人々の生活がどこかで息づいていることが、ウルルが「世界の中心」である一つの条件なのではないか、ということも考える。

*Kaho Hirayama「Uluru

Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

富士山の麓で生まれ、今は日本文学を勉強中。好きな作家は川上未映子と堀田善衛。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。



関連する旅行カテゴリ

# ニュース・コラム # オーストラリア # オーストラリアのニュース・コラム # オーストラリアの大自然・絶景

関連する旅行記事