旅でつながる人と国。旅系Webサービス「Compathy」とは

一人旅、家族旅行、友達と卒業旅行、恋人と世界一周など旅のスタイルが多様化する中で、大事な思い出はきちんと形で残したいという気持ちは変わらないのではないでしょうか。また、帰国後に写真データを開いてみると、写真の膨大な数に驚愕、ということも少なくないはず。

形に残したい、でもこの大量の写真をどうしたもんか……という時、きれいに整頓できる上に世界中の旅人と交流できるWebサービスがあります。それが「Compathy」です。

「Compathy」とは

compathy1

Compathyは「世界とつながる旅のコレクション」。写真が持っている撮影日時や位置情報のデータを利用して、自動で旅程や旅路が整理できる旅行記作成・共有サービスです。

自分の旅を「ログブック」という名前の旅行記として作成し、そこに写真や日付、誰と一緒に行ったかなど旅における情報がすべて集約されます。これまでのSNS上のアルバムやブログだけでは伝えられなかった旅のルートや、旅程など旅の全てをログブックにまとめ、それらを集めた「コレクション」として自動的に整理・共有できるのです。

どうやって使うの?

CompathyはFacebookのアカウントを持っている人なら誰でも利用することができます。ログインはトップページの青いボタンから行います。

compathy2

Facebookであらかじめログインしている必要がありますが、ワンクリックでマイページへいけます。

compathy3

左の星マークは、お気に入りされている自分のログブック数、目のマークはあなたのログブックの回覧数の合計値、本のマークは作成したログブック数です。

compathy4

これら3つのカテゴリは、公開されたログブックのうち、お気に入り数の多いログブック、回覧数の多いログブック、ログブック作成数が多いユーザーとしてランキング形式で並べられています。マイページを下へスクロールすると、トップ4のユーザーが見られます。

ぜひこのうちのどれか一つでも、ランク入りするのを目指してみてください。

compathy5

ランキングから更にスクロールすると、国別やログブックのタグから、見たい国やジャンルのログブックを見つけることができます。国名を検索して出てこなかった場合は、まだその国へ旅行をしたユーザーはいないということになります。

compathy6

各国のページへ飛ぶと、実際に現地へ足を運んだ旅人による写真たちと、ログブックを回覧することができます。

ちなみに、Compathyでは、北朝鮮や中米のニカラグアなどアブノーマルな国へ旅をしているユーザーも多いです。「ちょっとフラッと」という感覚ではなかなか行けない国の、意外な一面を発見できるかもしれません。

1 2 »
Booking.com
Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

富士山の麓で生まれ、今は日本文学を勉強中。好きな作家は川上未映子と堀田善衛。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。



関連する旅行カテゴリ

# 旅のWebサービス # ウェブサイト・アプリ

その他のオススメ記事

関連する旅行記事