[世界の一秒]フィリピン マニラ – 墓石の名前が叫ぶ平和 –

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

フィリピンの首都「マニラ」は、経済的にもぐんぐんうなぎのぼりに成長しているけれど、未だに治安が悪いという風の噂は耐えない。

マニラ1
Zaoye「ウィンターマニラ

風の噂、それは時に真実で、時に虚偽。

マニラには、アメリカとの戦争で破れた戦士を葬る墓がある。ひとつひとつの墓石に、葬られた人たちの名前が刻み込まれているのを視線でなぞっていくと、戦時中のものものしい騒音が聞こえてきそうで思わずうつむいてしまう。

治安が悪いと噂されている場所はそこかしこにあって、その大半へ出向いてみると、意外と危ない目には遭わなかったから大丈夫という話も聞く。確かにそうかもしれない。けれど、それは国には関係ない。各国の事情と歴史が今の現状を作っているという事実を、忘れてはならない。

日本にいたって危ない目には遭うし、戦場の真ん中にいても無傷で帰ってくる人はいるのだ。

■Zaoye「ウィンターマニラ

Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

富士山の麓で生まれ、今は日本文学を勉強中。好きな作家は川上未映子と堀田善衛。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。



関連する旅行カテゴリ

# マニラの写真 # マニラ # 海外旅行・世界の写真 # マニラの旅行記・ブログ # 世界の旅行記・海外旅行ブログ

関連する旅行記事