[世界の一秒]ラオス – 見返りを求めない信仰心 –

歩いてしか行けない急な階段を上った山奥に、その仏像は何年も何十年も佇んでいる。ラオスのパークウー洞窟でオレンジ色の袈裟をまとった仏像のまなざしは、来る者拒まず去る者追わず。正しい拝観の仕方も分からずに、隣にいた人の見よう見まねをしてちょっと肩身の狭い思いをしていたけれど、仏様の前に居れば誰しもが平等で在れる気がしてくる。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


DSC06318
MAHO「Laos(Luang Prabang編)」より

歩いてしか行けない急な階段を上った山奥に、その仏像は何年も何十年も佇んでいる。

ラオスのパークウー洞窟でオレンジ色の袈裟をまとった仏像のまなざしは、来る者拒まず去る者追わず。正しい拝観の仕方も分からずに、隣にいた人の見よう見まねをしてちょっと肩身の狭い思いをしていたけれど、仏様の前に居れば誰しもが平等で在れる気がしてくる。

ラオスのゆるやかな時の流れも手伝って、今ならどんな罪や罪悪すら赦せそうだ。普段どれだけちっぽけなことで悶々としていたことに気づき、仏様と目があった。

■MAHO「Laos(Luang Prabang編)

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

富士山の麓で生まれ、今は日本文学を勉強中。好きな作家は川上未映子と堀田善衛。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。



関連する旅行カテゴリ

# ラオスの写真 # 海外旅行・世界の写真 # ラオスの旅行記・ブログ # 世界の旅行記・海外旅行ブログ # ラオス

関連する旅行記事