世界で一番開放的になれる場所! 世界のヌーディストビーチ15選

スーツを脱ぎ捨て日本をとびだし、いざヌーディストビーチで全身で夏を感じてみたい!と夢見る方もいるのではないでしょうか。ヌーディストビーチは裸(ネイキッド)で居られる非日常的なビーチ。世界中に存在するこの開放感溢れる驚きのビーチをご紹介します!

思い立ったが旅日和! Compathy Magazineライターの林です! 
日本各地のうだるような暑さ、毎年の夏の暑さがますます厳しくなっているようにも感じますよね。夏といえば夏休みだ、とはしゃいでいられたのはいつまででしょうか。着ているスーツを脱ぎ捨てて、全身で夏を感じたい!とフラストレーションが溜まる人も多いのでは? 

そんなみなさんにご紹介したいのが、世界のネイキッドビーチ!別名ヌーディストビーチとも呼ばれ、その名の通り裸でいられるビーチ。開放感溢れる驚きの空間は、世界中にたくさん存在しているようです。

 

■目次

1ページ目: リトル・ビーチ、ほか

2ページ目: レックビーチ、ほか

3ページ目: マル・ベッラ、ほか

4ページ目: キャプ・ダグド、ほか

5ページ目: プラヤ・ソンリサ、ほか

6ページ目: サムライビーチ、ほか

7ページ目: パンプローヌビーチ、ほか

8ページ目: レッドビーチ、ほか

9ページ目: おわりに

 

リトル・ビーチ: ハワイ・マウイ島にある、パーティー・イベントも楽しめるヌーディストビーチ!

Provided by foursquare-icon-16x16

ハワイの豊かな緑と青い海と空のもと楽しむことができるのが、マウイ島に位置するこの「リトル・ビーチ」です。
日曜日の夜にはこの場所ではファイヤーダンスやドラムの演奏を楽しむことができる、パーティーのようなイベントも開催されており、お酒や食べ物を持ち込んで楽しむことができます。

基本的にはハワイ州では公共の場ではヌードになることは禁じられています。 現地でのルールに従い、写真撮影などを気安く行わないように注意を払い訪れると良いでしょう。

 

レイディーベイビーチ: オーストラリア・シドニー都市部からわずか15分!

5458169206_9c7a20694c_z
Photo credit: Yortw via Compfight cc

  • シドニーから車で15分ほどの好立地
  • そこまで大きいビーチではないが、入り江に隠れているので安心?
  • 地価が高いエリアのため、集まる人も富裕層が多め
  • アクセスの良さがポイントのこのビーチ。都市部からわずか15分の場所にあるなんて、東京では考えられませんが、これもオーストラリアが持つ自然の賜物なのかもしれません。

    しかし、逆にそのアクセスの良さがデメリットとなり、ヌーディストを見に来る観光客がいたり観光船がビーチ付近で停まったりすることもあるようです。単なる冷やかしにならないよう、気をつけなくてはいけませんね。

    バイロンベイ、オーストラリア Byron Bay, New South Wales

    Ayako Hayashi

    Ayako Hayashi

    カジノ好き会社員。あまり休みの多くない社会人のための弾丸旅や、プラス1カ国寄り道などの短期間でもできるおトク旅を求めております。



    関連する旅行カテゴリ

    # オーストラリア # 旅の知恵・ノウハウ # 大自然・絶景 # カナダ # 観光 # スペイン # フランス # ギリシャ # ビーチ・リゾート・海 # メキシコ # アメリカ合衆国 # オランダ

    その他のオススメ記事

    関連する旅行記事