【連載】ワイルドビューティートラベラー女子大生のmisakiが行く世界一周!Vol.1 – 門出 –

関西の女子大生であるmisakiさん。今年の5月20日から、相方の小夏さんと一緒に世界一周に旅立ちました。Compathy Magazineでは、misakiさんの世界一周を追いかけながら、旅の模様をお届けします。第1回ではその門出のきっかけについて伺います。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

「可愛い子には旅をさせよ」。昔から言い廃れていることではありますが、実はこのことわざ、ちょっと違うかもしれません。可愛い子は旅をさせられる前に、自ら旅に出るものではないでしょうか。

関西の女子大生であるmisakiさん。今年の5月20日から、相方の小夏さんと一緒に世界一周に旅立ちました。Compathy Magazineでは、misakiさんの世界一周を追いかけながら、旅の模様をお届けします。

misaki1

本連載の主役、井口美沙季さん

─ 今ベトナムのホーチミンにいらっしゃるんですよね?

はい、ゲストハウスに泊まっています。

─ 赤ちゃんの声がする。笑

家族で経営しているゲストハウスみたいです。1階に家族が住んで、2階にゲストが泊まるっていう所で、こういう宿は多いです。

─ 出発して、今どれくらいですか?

ちょうど一ヶ月くらいですね!

─ あっと言う間ですか?

そうですね、内容が濃いから、もう一ヶ月かあって感じです。一ヶ月超えたし、何か見えるものがあるのかなと思って、探している段階です。

─ 海外自体は初めてではないんですよね。

そうです! 以前一人旅をしたことがあります。でも今回は小夏と一緒だから、安心だし、毎日ワクワクしていて楽しいです。2人だと心強いですね! 私たちがどっちも「なんとかなるんちゃう?」精神ですし。笑

美沙季さんの相方の小夏さん

美沙季さんの相方の小夏さん

─ 2人で世界一周となると、滞在先はどうやって決めているんですか?

基本的には、二人の行きたい場所を選んでいく感じです。ただ長距離移動が多い時は、途中で休憩ポイントとしてどこかに寄ったり、ついでに街を出歩いてみたり。

─ じゃあホーチミンも行きたい所だったんだ。

一応日本に居た時に香港からホーチミンまで行くことは決めていたんですけど、それ以外はぜんぜん。日本にいる時に決めなさすぎて、中国で話し合いました。小夏とわたしは日本では離れて住んでいたので。

─ 2人で世界一周に行こうというのはいつ決めたんですか?

ちょうど一年前くらいに、サイゼリアで2人で話して決めました。

─ それはまた、どうして?

わたしたちが旅が好きということもあるんですが、ひとり旅でラオスに行った時「ここ、小夏と来たら楽しいやろなあ」って思ったんです。それもひとつのきっかけです。

misaki2

ひとり旅で訪れた、タイのメコン川の夕日

─ 彼氏みたい。笑

よく言われます。笑

─ そこからお金を貯めたりだとか。

そうなんです、途中から本腰いれて貯金し始めました。でも、出発前の準備も結構お金かかりましたね。

─ 例えばどんな準備ですか?

保険に入ると10万円くらい飛んでいくし、iPadを買ったり必要なものとかですね。予防接種は、A型肝炎とかアジアの地域で必要なワクチン以外は、タイのバンコクで打つ予定です。その方が安いから。笑

─ 確かに、出発して一ヶ月だとなるべく節約したいですよね。

そうですねー、お金がかかるヨーロッパとかは、チラッと見るだけにするつもりです。それにおばちゃんになっても行けるだろうし。

misaki3

タイの僧侶たち

─ 今後のルートは決めているんですか?

とりあえず、8月までは大まかに決まってますね。ホーチミンからカンボジアに移動して、1、 2週間滞在する予定です。その後予防接種を打つためにバンコクへ行って、インドとミャンマーのビザを取らなくちゃいけないんです。そしてミャンマーに一週間くらい滞在してインドと、行けたらネパールにも行って、8月の終わりにスペインに行く、というところまで決まっています!

─ 行き当たりばったりな感じですか?

そうですね。笑 大体のルートはそんな感じで、途中でおもしろい場所を教えてもらったら、そこへ行きたくなっちゃうだろうし、そのためにも余裕をもったプランを組んでおこうと思って。

(つづく)

■美沙季さん小夏さん主催のイベント開催予定!「世界を体感してみーひん?@大阪
■Misaki Iguchi「20歳!Wild Beauty Girl!!世界一周へ!
■Misaki Iguchi「初一人旅!~ラオス・タイ~

Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

富士山の麓で生まれ、今は日本文学を勉強中。好きな作家は川上未映子と堀田善衛。おばあちゃんになったら、国内外問わず、山の中で書道の先生をやるのが小さい頃からの夢です。



関連する旅行カテゴリ

# インタビュー # 世界一周

関連する旅行記事