日常が非日常。日本とは違う世界の驚きの5つの習慣

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


日本で暮らしていると、習慣や仕草は自分たちこそがスタンダードだ、と思いがち。

しかし、以前「「気をつけなさい!海外で勘違いを引き起こしやすいジェスチャー9選」でキャシーが紹介したように、世界には信じられないような風習がたくさん存在します。

o0720048012469053113
Photo:Toyo Serizawa「神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

当たり前という感覚は、人や国それぞれ。まずは知ることから始めよう、ということで日本ではなかなか考えられない5つの習慣をご紹介します。

1. 唾をかけて挨拶/東アフリカ

挨拶というと軽く手を挙げたり、握手をしたりハグやキスをするイメージ。しかし、ケニアに住む「キクユ族」やスーダンなど、アフリカ一部地域での挨拶は相手の手に唾をかけるのです。

8167293607_c9753c6046_z
Photo Credit: Jose Willaert via Compfight cc

これは、唾についての考え方の違いによるもので唾には魔除けの意味があり、かけることで相手を悪いものから守ってあげようという気持ちがこめられていると言われています。

そうかと思えば、シンガポールでは街で唾を吐こうものなら罰金が科せられているのです。

日本の唾に対する印象のままでいくと、突然唾をかけられたら彼らが善意のもとであるにも関わらず、悪意すら感じてしまいそうです。しかし仕草や動作の背景や理由が分かっていれば、歓迎の意なのだと解釈することができます。

2. ミネラルウォーター=炭酸水/主にヨーロッパ

日本の水は安全で水道水も飲める、というのは周知の事実。しかし、海外では飲めない水道水も多く、ミネラルウォーターを購入するのは必須です。旅の中で遭遇したことのある人もいるかと思いますが、普通の水だと思っていざフタを開けてみると……シュワシュワッ。

Water bottles
Photo Credit: Roger H. Goun via Compfight cc

そう、炭酸水なのです。

確かに日本でも、炭酸水は様々なメーカーから発売され、お酒を割ったりダイエットのために飲んだりすることもあります。ヨーロッパでは、ミネラルウォーターは炭酸水を表すことが多々あります。

なぜ普通の水が少ないのかな?と疑問に思うかもしれません。理由は諸説あり、ひとつはヨーロッパの土地の特性によるもので、鉱物が多く含まれる場所では自然に炭酸を含んでしまうからということだそうです。

そのため、ヨーロッパでは炭酸水は自然の水そのもの。もし普通のお水が欲しい時は「Non gas!」とお願いしたり「Sparkling or still?」と聞いてみたりすることをおススメします。

1 2
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Ayako Hayashi

Ayako Hayashi

カジノ好き会社員。あまり休みの多くない社会人のための弾丸旅や、プラス1カ国寄り道などの短期間でもできるおトク旅を求めております。



関連する旅行カテゴリ

# 習慣 # 旅の知恵・ノウハウ # 日本の習慣 # 日本

関連する旅行記事