Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Khánh Hòa Khánh Hòa(ベトナム)のおすすめ旅行・観光情報

Khánh Hòa(ベトナム)の旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。Khánh Hòa(ベトナム)のグルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

Nhà chờ xe bus Airport (sân bay Nha Trang cũ)(Khánh Hòa, ベトナム)|ホーチミン・シティ~ニャチャンへの旅 ー ニャチャン編(HAL8999さん)
HAL8999

40分ほどでニャチャンの中心部へ。ここはかつて空港があった場所で、今はバスターミナルになっているようです。空港を再開すれば楽なのにね…

『 ホーチミン・シティ~ニャチャンへの旅 ー ニャチャン編 』より Nhà chờ xe bus Airport (sân bay Nha Trang cũ), Khánh Hòa

Phu Dong Park(Khánh Hòa, ベトナム)|ベトナム縦断列車の旅“ベトナムを車窓から”第二部、ダナンからホーチミンへ(Kentaro Sakamotoさん)
Kentaro Sakamoto

浜辺を散策 していると、浜辺に面したアウトドアのレストランで聞き覚えのあるポピュラーミュージック流れてくる。誘 この白い 建物が私 のホテル われるように入って行くと、結構な広さの庭 園にはテーブルと座り心地の良さそうな ソファーが彼方此方に配置してあり、屋内に もテーブル席が見える大きなレストランで 有り、沢山のリゾート客が寛いでいる。敷地 の真ん中にはステージが設えて有り、女性歌 手が歌っている。 私は砂浜に近い外れの屋外席を選んだ。道路 やお店の喧騒からも離れているし、直ぐそこ が波打ち際なので、波の音を聞きながらのん びりしたかったからでもある。 注文したのはビールとハンバーガーである。 “どうして?”っと思われるかもしれませんが、ハンバーガーの隣に添えてあった“フライドポテト”を見た ら、ビールのお摘みとして無性に食べたくな ったからである。このレストランは波打ち際 から30mぐらいなので絶え間なく波の音 が届いてくるし、聞こえてくる歌の音量も抑 えて有るのでとても心地が良い。電球の光を 反射して立つヤシの木陰、レストランやビー チから来こる何語か分からない小さな話し 声、英語で歌っている聞き覚えのあるポピュ ラーソング。ビーチの遊歩道を歩い散る人の 7割は白人で有り、色々な外国語が耳に飛び 込んでくる。目を閉じてジッと波の音や歌そ して音楽を聴いているとベトナムに居るこ とが不思議になるくらい異国情緒たっぷり リゾート地である。レストランで一時間ほどのんびりしてホテルへ戻る。この間、一度も蚊に襲われる事は無かった(?)。

『 ベトナム縦断列車の旅“ベトナムを車窓から”第二部、ダナンからホーチミンへ 』より Phu Dong Park, Khánh Hòa

Phu Dong Park(Khánh Hòa, ベトナム)|ベトナム縦断列車の旅“ベトナムを車窓から”第二部、ダナンからホーチミンへ(Kentaro Sakamotoさん) - 02
Kentaro Sakamoto

電車は定刻の 5 時 40 分にニャチャンの駅に着く。結構大きな駅で、残って居た客の半分ほどがこの駅で 降りる。先ほどの女性は出迎えの人に迎えられて、私に手を振りながら分かれて行く。私が駅前に出るとたっ た一台残って居たタクシーの運転手が私に向かって「乗れ」と云うように手を振る。私が頷くと、彼の運転手 君車を降りて来てドアを開けてくれる。私がガイドブックに載っているホテル名と住所を示すと、直ぐに「OK」 と云って走り出す。私のホテルは駅前の通りを真っ直ぐ海岸へ向かい、海岸線を南に走った“ニャチャンリゾ ートの南端”に在るはずである。ニャチャンの中心街や市場は海岸線の道路の逆にチョッと北に行ったところ なので、私のホテルは町の外れになるようだ。当初の計画では今日の内に市場などを見学し繁華街で夕食を取 るつもりだったが、テトのお正月で“市場やレストランは休み”と聞いたので中心街へ行ってみる必要ない。 タクシーは私の想定通りに海岸線の T 字路に来ると右折して南へ向かう。そしてまだビルが立ち並ぶ繁華街 でウインカーを出して右側に止まる。見ると私のホテル“Dong Phuong”のサインがあるビルの前で有った。 でもタクシー料金は6万7千ドン。ハノイに比べるとかなり割高である。これもリゾート地の特権か? いずれにしてもフエでのようなトラブルに巻き込まれる事も無く、無事ホテルにチェックインできたこと は喜ぶべきことである。早速部屋に案内してもらうと、リゾート地のホテルなのに部屋に窓が無い。これはベ トナムの建物の特長が作り出した欠点である。ベトナムの建物は道路に面した間口が狭く、奥に長い造りにな って居る。ビルとビルの間は同じ建物かと間違うくらいピッタリくっついている。このホテルも道路に面した 幅は7~8m、奥にはその幅のまま30mぐらいあり奥行きの深い長方形である。受付の後ろに在るエレベー ターに乗って 3 階に上がると、真ん中に通路が有り、その両側に客室が並んでいる。そして通路の突き当りが 道路側で海岸を見渡すベランダになって居る。だから、海岸が見える窓のある部屋は各階に 20 ほどある客室 の内 2 部屋だけということになりそうだ。それ以外の部屋はというと、隣接した隣の建物の壁しか見えないで しょう。 8階の部屋に案内されてみると昼なのに室内は真っ暗、「あれ、部屋に窓が無いの?」と云うと、案内し てくれた受付のお兄さん笑顔たっぷりで「ここに在りますよ!」と指さす。カーテンを開けると、そこはホテ ルの中通路側で窓からは廊下と隣の部屋の入り口が見えるだけ。私が「しょうがないね」っと身振りで示すと、 同じ身振りで応えてくれる。お兄さんが先ずしたことは“エアコンのスイッチを取り出して、エアコンを作動 させる”私は別に暑くも寒くも無かったので“どうして?”と思ったが、お兄さんのすることに任せることに した。一通り部屋の設備を説明してから私に「パスポートは?」っと手を出す。私がパスポートを手渡すと、 「パスポートはチェックアウトの時に返します」と云って部屋を出て行こうとする。 「待って、インターネットのパスワードは?」と聞くと、テレビの前やデスクのホテル案内などを見ていたが 見つからない。「後で連絡します」と云って出て 行ってしまう。わたしは“後で持って来てくれ るのだろう”と思い荷解きに掛る。バッテリー の無くなったパソコンを電源に繋ぎ、パソコン を起動させるがインターネットはセキュリティ 保護が掛かって居て接続できない。取りあえず “リゾート地気分を味わいながら適当なレスト ランで食事を”と思ってロビーに降りて行き、 先ほどの兄ちゃんにインターネットのパスワー ドを教えてもらう。ついでに「一日ランドリー サービスは有りますよね?」と聞くと、 「はい、有ります。明日の朝早い時間に持って 来ていただければ、その日の夕方には戻すこと が出来ます」だって。 ホテルの前が片側 2 車線の道路になっており、結構 な交通量だ。でも繁華街でもある所為か、車やバイクは 比較的低速で走っている。道路わきの歩道もリゾート客 で結構なにぎわいである。ホテルの目の前(海側)が Phu Dong 公園になっていて、その向こう側にビーチが在る。

『 ベトナム縦断列車の旅“ベトナムを車窓から”第二部、ダナンからホーチミンへ 』より Phu Dong Park, Khánh Hòa, Khánh Hòa

Khánh Hòaに行ったことがありますか?
Khánh Hòaに旅行のご予定がありますか?
Khánh Hòaに旅行のご予定がありますか?

Khánh Hòaのおすすめ旅行記(ブログ)

生まれて初めて「リゾート・ビーチ」と呼ばれる場所にやってきた。 ビーチで何もせずのんびり過ごすことが好きな人が多いようだが、私は全くダメ。動いていないと落ち着かない性分なのだ。そんな人間が楽しいことは見つかるだろうか?

HAL8999

HAL8999

2014-12-28 - 2014-12-30 , 3days

  • 33
  • 1233
  • 67

昨日約束してあった通り、朝5時にホテルのロビーに出て行くと60代のオジサンが待って居てくれて、 私が「ダナン駅までタクシーをお願いします」と云うと、「わかった、わかった」と云うようにおおきく頷く。 でも直ぐには電話をしないで、私から受け取った鍵を持って私が止まった部屋の方へ歩いて行く。 昨日のフエからホイアンまでのバスの旅で、ホイアンからダナンまでは約40km、“タクシーで行けば1時 間はかからないだろう”と踏んでいたのですが、昨日のホテルの受付嬢が「テト中でタクシーが捕まらないか も知れないし、道路の混雑も予想されるので、5時にはロビーに来てほしい」と言われた。逆らう理由は何も 無いし、朝早起きの私ですから、今日も3時ちょっと前に起きてトイレも含め万全の状態ロビーに降りて来た のである。 先ほどのじいちゃんが帰って来て、カウンター内の電話で話をする。“キッとタクシー会社に電話しているの であろう”、間もなく電話を終えて私に「タクシーは直ぐに来ます」と云っているようだ。そしてその足で、 休店中のホテルの食堂に入り、用意してあったフランスパンを電子レンジに入れる。それを用意してあったバ ナナの入ったビニール袋に入れて私に「これ朝食です」と云って渡してくれる。中にはパンとバナナ2本、そ れにバターとジャムが入って居た。わたしは有り難く頂戴して、礼を言う。 タクシーは 5 分ほどでホテルの前に来た。お爺さんが私を送ってタクシーの所まで出て来てくれる。タク シーは派遣元推奨の Mai Linh Taxi だ。私はお爺さんに礼を言ってタクシーに乗り込む。早速タクシーの運転 手君に「ガー・ダナン」と云うと、30 代の比較的若い運転手君、「ガー・ダナン」と繰り返して、ホテルの前 の細い路地でハンドルを 4~5 回切り返して広い通り目指してスタートする。 広い通りに出ると、信号機が黄色で点滅する早朝の暗い交差点を、警笛を鳴らしながらスピードを上げて走り 抜ける。そして幹線道路に出ると、殆ど車の走っていない通りをグングンスピードを上げていき、前に現れた 車に警笛とパッシングライトと浴びせながら追い抜いて行く。この車はスピードメーターが前の座席の真ん 中、運転席のハンドルの右外側に付いているので、後部座席からでも容易にスピードメーターを確認できる。 そのスピード計は100kmを指している。チョッと怖くなって運転手君に気付かれない様にそっとしーとベ ルトを締める。 そして助手席側に在る料金メーターは、目まぐるしく新しい料金を表示していく。昨日ホテルの受付嬢に 聞いたところでは、ホイアンから「ダナンまでのタクシー料金は 35 万ドン以下では行かない(日本では~ま ではかからない!って言わない)」っと聞いているが、既に 30 万ドンを越えているが前方に昨日見た大きな 町に相当する明かりはまだ見えて来ない。

Kentaro Sakamoto

Kentaro Sakamoto

2016-02-08 - 2016-02-10 , 3days

  • 7
  • 392
  • 12

Khánh Hòaのおすすめ観光スポット

Khánh Hòa(ベトナム)のその他の人気のスポット

Khánh Hòa(ベトナム)のおすすめ旅行・観光情報 Khánh Hòa(ベトナム)のおすすめ旅行・観光情報

Khánh Hòa(ベトナム)のおすすめ旅行・観光情報 トップへ