Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

タムコック

タムコック(ニンビン, ベトナム)の口コミ情報と旅行記、タムコックまでの行き方や地図をまとめています。タムコックの他にもニンビン、 ベトナムのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

古都ホアルー見学後、タムコックへ。まずは昼食レストランへ。名物生春巻きとバナナの花のサラダです。ヌックマム(魚醤)の香りが不思議と合うんです。最初は抵抗がありましたが慣れたら自らたっぷりとヌックマムをつけて食べてしまうほどベトナム料理通に!

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

午後は、ベトナムの秘境タムコックの見学です。手漕ぎボートに乗って無数の石灰岩からなる奇岩群を見学します。その景観は陸のハロン湾とも呼ばれるほどの壮大さで、まるで水墨画の中にいるような美しさです。天気はまぁまぁ。どんどん奥に進んでいきます。

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン, ニンビン

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

よく、日本人はタムコックの方が好きと言われています。とにかく、静かなので日本人としてなんとなくわかる気がします。規模と併せて見てもハロン湾がダイナミック!であるなら、タムコックは非常にこじんまりとしています。何も無いところから情緒を感じ取られる、そういうところが日本人好みなのかもしれませんね。

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン, ニンビン, ニンビン

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

このタムコック、ハロン湾の水上生活見学とは比較にならないほど水面が近いんです。それもそのはず、手漕ぎボートですから。船頭さん含め1艘のボートには3名しか乗れません。船頭さんは男も女も皆慣れており、時折足で船をこいだりします。

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

奥へ奥へと進んできました。すごいところに入っていきます。タムコックの平底の小船が奇岩の中を進みます。頭をかすってしまいそうなほど低い3つの石炭岩で出来た真暗な鍾乳石をくぐる様はまるでトレジャーハンターのよう。自然の力はすごい。

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン

タムコック(ニンビン, ベトナム)|ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

ハイライト部分の鍾乳石を越えた後、船は迂回し来た道を戻ることになりました。途中カメラマンが船を操縦しながら器用に我々の写真を撮ります。きっと後で売りにくるのでしょう。また船の上に果物や飲み物を積んだ売り子もたくさん近寄ってきました。生きる力を感じます。時にはウザったいですが、時には我々も見習わないとと思う時もあります。 約2時間かけてタムコックの旅は終わりました。楽しかった。その後ハノイへ戻り今回の旅は終了です。

『 ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅 』より タムコック, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン, ニンビン

  • その他の自然・アウトドア

  • エピソード・口コミ(6)

    2008.03.18 に訪問

    古都ホアルー見学後、タムコックへ。まずは昼食レストランへ。名物生春巻きとバナナの花のサラダです。ヌックマム(魚醤)の香りが不思議と合うんです。最初は抵抗がありましたが慣れたら自らたっぷりとヌックマムをつけて食べてしまうほどベトナム料理通に!

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    2008.03.18 に訪問

    午後は、ベトナムの秘境タムコックの見学です。手漕ぎボートに乗って無数の石灰岩からなる奇岩群を見学します。その景観は陸のハロン湾とも呼ばれるほどの壮大さで、まるで水墨画の中にいるような美しさです。天気はまぁまぁ。どんどん奥に進んでいきます。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    2008.03.18 に訪問

    よく、日本人はタムコックの方が好きと言われています。とにかく、静かなので日本人としてなんとなくわかる気がします。規模と併せて見てもハロン湾がダイナミック!であるなら、タムコックは非常にこじんまりとしています。何も無いところから情緒を感じ取られる、そういうところが日本人好みなのかもしれませんね。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    2008.03.18 に訪問

    このタムコック、ハロン湾の水上生活見学とは比較にならないほど水面が近いんです。それもそのはず、手漕ぎボートですから。船頭さん含め1艘のボートには3名しか乗れません。船頭さんは男も女も皆慣れており、時折足で船をこいだりします。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    2008.03.18 に訪問

    奥へ奥へと進んできました。すごいところに入っていきます。タムコックの平底の小船が奇岩の中を進みます。頭をかすってしまいそうなほど低い3つの石炭岩で出来た真暗な鍾乳石をくぐる様はまるでトレジャーハンターのよう。自然の力はすごい。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    2008.03.18 に訪問

    ハイライト部分の鍾乳石を越えた後、船は迂回し来た道を戻ることになりました。途中カメラマンが船を操縦しながら器用に我々の写真を撮ります。きっと後で売りにくるのでしょう。また船の上に果物や飲み物を積んだ売り子もたくさん近寄ってきました。生きる力を感じます。時にはウザったいですが、時には我々も見習わないとと思う時もあります。 約2時間かけてタムコックの旅は終わりました。楽しかった。その後ハノイへ戻り今回の旅は終了です。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『ベトナムの秘境 北部タムコックへの旅』 より
    タムコックを含む旅行記一覧 タムコックを含む旅行記一覧

    タムコックを含む旅行記一覧 トップへ