Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Ashford

Ashford(イングランド, イギリス)の口コミ情報と旅行記、Ashfordまでの行き方や地図をまとめています。Ashfordの他にもイングランド、 イギリスのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

コングは人口197人という小さな町です。 この町を有名にしているのは映画「静かなる男」と五つ星古城ホテルのアシュフォード城なのです。 「静かなる男」のファンたちは、このお城に泊まることを目的に北アイルランドを訪れるようですよ。 さすが5つ星ホテル、内装は美しく中世の古さを感じつつも清潔感があります。

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

レストランです。 内装はモダンなつくりとなっております。 外から見ると中世の古城ですから、そのギャップにも驚きと楽しみがあります。 レストランではシェフ自慢の現代的なアイルランド料理と国際色豊かな料理のコラボレーションを堪能することができました。 明日も引き続き観光です。 幻想的で部屋に戻るのが名残惜しいディナーでしたが明日の観光に備え休むことに。

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド, イングランド

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

内装は重厚感のある木目調です。 調度品も高級感がありますよね。 敷地内では狩猟、射撃、釣り、乗馬、ゴルフなどのさまざまなアクティビティが楽しめる。世界の大統領や首相、各界の著名人たちをも魅了する豪華ホテルがアシュフォード城なのです。 お城の内装を見学しているだけでもまるで美術館巡りをしているようです。

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド, イングランド, イングランド

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

本日宿泊のお部屋です。 もともとお城ですから、部屋によっては当時の領主の部屋、その家族の部屋、そしてメイド達の部屋と様々でした。 ゆえに各部屋の広さ、眺望は全て異なります。 どんなお部屋にあたるのかまったく予想がつかないのも古城ホテル滞在の楽しみのうちの一つです。

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

コングの町に到着。 写真はアッシュフォード城です。 13世紀の古城の見学スタートです。 今回のお城見学はある意味で特別です。 コングのアッシュフォード城は由緒ある古城ホテルで何と宿泊施設となっております。 今回はこのホテルに泊まるのです!

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド

Ashford(イングランド, イギリス)|13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

スタッフのホスピタリティーはすごくレベルが高いです。 海外旅行をしていて、なかなか日本人を驚かせるサービスに出会うことはありません。 しかしアッシュフォード城のスタッフの対応はどれも非の打ちどころがない素晴らしさでした。 写真のスタッフが夕食会場へと誘導してくれました。 夕食にも期待できそうです。

『 13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅 』より Ashford, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド, イングランド

  • エピソード・口コミ(6)

    2012.06.01 に訪問

    コングは人口197人という小さな町です。 この町を有名にしているのは映画「静かなる男」と五つ星古城ホテルのアシュフォード城なのです。 「静かなる男」のファンたちは、このお城に泊まることを目的に北アイルランドを訪れるようですよ。 さすが5つ星ホテル、内装は美しく中世の古さを感じつつも清潔感があります。

    最終更新:2018.09.14 01:59
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    2012.06.01 に訪問

    レストランです。 内装はモダンなつくりとなっております。 外から見ると中世の古城ですから、そのギャップにも驚きと楽しみがあります。 レストランではシェフ自慢の現代的なアイルランド料理と国際色豊かな料理のコラボレーションを堪能することができました。 明日も引き続き観光です。 幻想的で部屋に戻るのが名残惜しいディナーでしたが明日の観光に備え休むことに。

    最終更新:2017.06.26 09:21
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    2012.06.01 に訪問

    内装は重厚感のある木目調です。 調度品も高級感がありますよね。 敷地内では狩猟、射撃、釣り、乗馬、ゴルフなどのさまざまなアクティビティが楽しめる。世界の大統領や首相、各界の著名人たちをも魅了する豪華ホテルがアシュフォード城なのです。 お城の内装を見学しているだけでもまるで美術館巡りをしているようです。

    最終更新:2017.09.07 14:23
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    2012.06.01 に訪問

    本日宿泊のお部屋です。 もともとお城ですから、部屋によっては当時の領主の部屋、その家族の部屋、そしてメイド達の部屋と様々でした。 ゆえに各部屋の広さ、眺望は全て異なります。 どんなお部屋にあたるのかまったく予想がつかないのも古城ホテル滞在の楽しみのうちの一つです。

    最終更新:2017.09.07 14:23
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    2012.06.01 に訪問

    コングの町に到着。 写真はアッシュフォード城です。 13世紀の古城の見学スタートです。 今回のお城見学はある意味で特別です。 コングのアッシュフォード城は由緒ある古城ホテルで何と宿泊施設となっております。 今回はこのホテルに泊まるのです!

    最終更新:2017.06.26 09:21
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    2012.06.01 に訪問

    スタッフのホスピタリティーはすごくレベルが高いです。 海外旅行をしていて、なかなか日本人を驚かせるサービスに出会うことはありません。 しかしアッシュフォード城のスタッフの対応はどれも非の打ちどころがない素晴らしさでした。 写真のスタッフが夕食会場へと誘導してくれました。 夕食にも期待できそうです。

    最終更新:2017.06.26 09:21
    旅行記 『13世紀の古城アッシュフォード城に泊まる南北アイルランドの旅』 より
    Ashfordを含む旅行記一覧 Ashfordを含む旅行記一覧

    Ashfordを含む旅行記一覧 トップへ