Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

アンカラ(Ankara)

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)の口コミ情報と旅行記、アンカラ(Ankara)までの行き方や地図をまとめています。アンカラ(Ankara)の他にもアンカラ、 トルコのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん)
Misaki Tachibana

Baharの料理シリーズ①。料理が得意なBaharは家族の台所を仕切っていました。これは到着したときに振舞ってくれた、パスタと野菜のトマトソースの和物。主食はパンを食べ、食べる分だけテーブルで直にナイフを入れて切り分けます。

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 02
Misaki Tachibana

アタテュルク廟から帰ってくると出迎えてくれたBaharのおばさん。わたしのことを大層気に入ってくれたようで、とにかく頭を撫でたり抱きしめたりと可愛がってくれました。何故かは謎のままですが。

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 03
Misaki Tachibana

Baharの料理シリーズ②。夕食をつくっているBahar。沸騰したお湯に入れているこの小さいものとは?

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 04
Misaki Tachibana

茹で上がったのは「マントゥ」と呼ばれるトルコ料理。見た目は親指くらいの大きさの水餃子で、一度にたくさん茹でて、ヨーグルトをかけていただきます。世界三大料理なだけあってボリューム満点で種類も豊富なトルコ料理。どれもちょっとオイリーなのがネックでしたが、美味しくいただきました。

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 05
Misaki Tachibana

Baharたちの住む家のリビング。ここでテレビを見たりお茶を飲んでおしゃべりしたり。食事はキッチンの横にある小さなテーブルを使っているようです。なぜか食器棚にマドラーのごとく耳かきが飾られており、本来の用途を伝えたら「やだ~なにそれ!」と言って取り出していました。

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -(Misaki Tachibanaさん) - 06
Misaki Tachibana

突然の来訪にもかかわらず、寛大なBaharとそのファミリー。ほんとうにあったかくて、滞在中何度泣いたか知れない。日本にいた母に、家族みんなの好きなものをメールして、後日お礼の品を送ってもらった。荷物が届いた後「素敵なプレゼントありがとう!ミルキーがすごく気に入った!!」とメッセージをもらいました。これからもずっと繋がっていたい。繋がっていよう。

『 真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない - 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|トルコ食紀行 その3(Emi Takakiさん)
Emi Takaki

『 トルコ食紀行 その3 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|トルコ食紀行 その3(Emi Takakiさん) - 02
Emi Takaki

『 トルコ食紀行 その3 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|トルコ食紀行 その3(Emi Takakiさん) - 03
Emi Takaki

海外のスーパーで、その地のお菓子を購入して挑戦してみるのが好き。

『 トルコ食紀行 その3 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

アンカラ(Ankara)(アンカラ, トルコ)|トルコ食紀行 その3(Emi Takakiさん) - 04
Emi Takaki

「シミット・サラユ」はトルコでよく見られるチェーン店。日本語を勉強しているトルコ人の女の子と。

『 トルコ食紀行 その3 』より アンカラ(Ankara), アンカラ

  • 散策

  • エピソード・口コミ(15)

    2014.10.10 に訪問

    最終更新:2017.06.26 06:55
    旅行記 『トルコ食紀行 その3』 より
    2014.10.10 に訪問

    最終更新:2017.06.26 06:55
    旅行記 『トルコ食紀行 その3』 より
    2014.10.11 に訪問

    海外のスーパーで、その地のお菓子を購入して挑戦してみるのが好き。

    最終更新:2017.06.26 06:55
    旅行記 『トルコ食紀行 その3』 より
    2014.10.11 に訪問

    「シミット・サラユ」はトルコでよく見られるチェーン店。日本語を勉強しているトルコ人の女の子と。

    最終更新:2017.06.26 06:55
    旅行記 『トルコ食紀行 その3』 より
    2013.12.07 に訪問

    Baharの料理シリーズ①。料理が得意なBaharは家族の台所を仕切っていました。これは到着したときに振舞ってくれた、パスタと野菜のトマトソースの和物。主食はパンを食べ、食べる分だけテーブルで直にナイフを入れて切り分けます。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    2013.12.07 に訪問

    アタテュルク廟から帰ってくると出迎えてくれたBaharのおばさん。わたしのことを大層気に入ってくれたようで、とにかく頭を撫でたり抱きしめたりと可愛がってくれました。何故かは謎のままですが。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    2013.12.07 に訪問

    Baharの料理シリーズ②。夕食をつくっているBahar。沸騰したお湯に入れているこの小さいものとは?

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    2013.12.07 に訪問

    茹で上がったのは「マントゥ」と呼ばれるトルコ料理。見た目は親指くらいの大きさの水餃子で、一度にたくさん茹でて、ヨーグルトをかけていただきます。世界三大料理なだけあってボリューム満点で種類も豊富なトルコ料理。どれもちょっとオイリーなのがネックでしたが、美味しくいただきました。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    2013.12.07 に訪問

    Baharたちの住む家のリビング。ここでテレビを見たりお茶を飲んでおしゃべりしたり。食事はキッチンの横にある小さなテーブルを使っているようです。なぜか食器棚にマドラーのごとく耳かきが飾られており、本来の用途を伝えたら「やだ~なにそれ!」と言って取り出していました。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    2013.12.07 に訪問

    突然の来訪にもかかわらず、寛大なBaharとそのファミリー。ほんとうにあったかくて、滞在中何度泣いたか知れない。日本にいた母に、家族みんなの好きなものをメールして、後日お礼の品を送ってもらった。荷物が届いた後「素敵なプレゼントありがとう!ミルキーがすごく気に入った!!」とメッセージをもらいました。これからもずっと繋がっていたい。繋がっていよう。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『真っ赤な国トルコ - アンカラで涙が止まらない -』 より
    アンカラ(Ankara)を含む旅行記一覧 アンカラ(Ankara)を含む旅行記一覧

    アンカラ(Ankara)を含む旅行記一覧 トップへ