Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

タイの「メッシ」のおすすめ旅行記(ブログ)

タイのメッシをテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。メッシについての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

タイランドで、タクシーの正しい乗り方。を説明させていただきたい。 私の経験で、日本でこの状況をたとえるなら、東京都内の朝の電車のラッシュアワーの電車の中の状態に、似ていてこの競技場、半径10キロぐらいがすごいことになってました。 始まる、2-3時間前から続いていたと感じています。 帰りもだったが、どうやって切り抜けるかの、自分ならではの知恵もお伝えさせていただきたい。 まず、てまえみそで、自己紹介。 タイランドでだいぶ不自由なく生活をしています。 秘書で使ってもらいながら、世界をまわっています。 一ヶ月おきに、バンコクに戻ってきて、一ヶ月滞在しています。 (最近レベルがかなりあがってきました。時々、スーパーサイヤジンになってることもあると思います。) この日の競技場までの道も、運転手さんとスーパーサイヤジンになってました。 最初にわかっていてほしいタイランド事情を説明させていただきます。 1.基本ですが、タイランドでこういった、イベントごとに行くときは、時間を2-3時間早めに、動いたほうがいい。 特に、16時半ー20時位のバンコク市内は、車の渋滞がひどく、待ち合わせで、時間を決めても、時間を守ることは、かなりきびしい。 よって、BTS電車をなるべく使うように、しなくてはいけない。 だが、自分は、それでも電車を使わず、こんでることは承知で、タクシーを自分は使うときもある。それは、階段などをあがったり、するのがめんどくさいので、車の中で、ビールを飲んでいたいからである。 クーラーが効いてて、心地よいタクシーの場合に限る。 2、たいていのタクシーは、何かしらが、こわれているのか、快適でないタクシーが多い。 サスペンションがこわれてて、がたがたはげしかったり、いすが、ぺこぺこしていて、座りづらかったり、クーラーをいくらつけてても、扉の隙間から、外の蒸し暑い空気が、入り込んでいたり、基本は乗り心地が悪いと考えてください。 料金にあわせて、クオリティーをもとめないでください。 この状況も楽しめる人には、タイランドは天国です。 私には、天国です。 3、乗車拒否が基本だと考えたほうがいい。 タイ人でも、何度も行きたい方向のタクシーに断られながら、さがすものです。 タクシーの運転手によっては、途中で、電車の入り口で勝手に降ろす人もいる。 それは、運転手が、渋滞を通り、また戻ってくるのに、また同じ時間がかかるので、行きたくない。めんどくさいとか、そんな感じだと思う。 同じ人間、そんな人もいっぱいいても、いいと思ってください。 けっして、日本人だからではない。事を、わかってあげてほしい。 タイ人は基本がやさしい暖かい人たちです。 基本ぼったくりなどは、ないと考えてください。 これが、最初に、タイランドの基礎だとわかってからの、私ならではの、応用編です。

Yasu Chuck

Yasu Chuck

2013-08-07 - 2013-08-07 , 1days

  • 0
  • 355
  • 19
タイの「メッシ」のおすすめ旅行記(ブログ) タイの「メッシ」のおすすめ旅行記(ブログ)

タイの「メッシ」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ