Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)の口コミ情報と旅行記、ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)までの行き方や地図をまとめています。ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)の他にもプラチュワップキーリーカン、 タイのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 19
Mayumi

来ました!写真で見たクーハーカルハット宮殿! 人気がなく、鳥のさえずりもなく、かすかに鈴虫のような虫の声が聞こえるぐらいで、怖いぐらい静まり返っています。 外界と隔絶された洞窟内は実にひんやりと冷たい空気に包まれています。 知らず知らずのうちに鳥肌が立っていました。 誰かが行っていた、”精霊が宿っている”、そんな言葉が頭をよぎりました。 まさに、そんな感じ。 洞窟の天井の穴からは太陽の光がやさしく降り注ぎ、黄金色と鮮やかな青の屋根をまとった祠を照らして、息をのむほどの美しさです。 想像以上の感動。 思わず言葉を失い、宮殿の前で立ち尽くし、こうべを垂れました。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 03
Mayumi

駐車場から海岸に出たところにあるプラヤ・ナコーン洞窟のゴージャスなオブジェ。 まばゆいばかりの黄金の双龍と、(何故か)巨大な双蟹に護られたクーハーカルハット宮殿。 さすがは高貴なタイ国王にささげられた宮殿です。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 23
Mayumi

祠の裏側。 陽の光に照らされて、精巧に彩られた金細工とスカイブルーの屋根、赤いカーテンが一層鮮やかさを増しています。 丘の大きさと祠のサイズ、人工的に作られた階段までもが見事に計算され、美しいシンメトリーを放っています。 祠の中にはお花や仏塔のミニチュアなどが収められていました。 この、ただならぬ気配と雰囲気を前に、あの騒々しい中国人団体客ですらも、口数少なめに鑑賞しているのがとても印象的でした。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん)
Mayumi

ホアヒンからしばらく一直線に南下して、カオ・サム・ローイ・ヨート国立公園付近で一度、大きく左折するところがあります。 その左折した先にあるゲートです。 もうここまで来たら攻略したも同然です。 目的地まであと5㎞程度です。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 02
Mayumi

プラヤ・ナコーン洞窟おひざ元の小さな村に到着しました。 車の流れに沿って右折すると小さな橋が架かっています。 下にはたくさんのボートが寄港しています。 橋を渡ると、プラヤ・ナコーン洞窟の真っ赤な本ゲートがお出ましです。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 05
Mayumi

チケット売り場の横をまっすぐ行くと、ボート乗り場があります。 10人乗り1艘で一人200バーツぐらい。 ものの5分ぐらいで向こう岸に渡れるようです。 ただし、スケジュールがないようなので、急いでいる人にはおすすめできません。 また遠浅のビーチなのでボートが接岸できず、客はボートまで歩く羽目になるそうです。 そのため、スニーカー等の人は要注意です。 到着後に足を洗うところはあるのですが、拭くものが事前にあると便利です。 断じてお金が惜しいわけではなく、 今回は一番あてになる自分の足を信じて、山越えを選択しました。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 04
Mayumi

とうとうプラヤ・ナコーン洞窟の入口前に到着しました! ホアヒン7時前後に出て9時15分ごろ到着。約2時間弱。 広い駐車場に土産物屋、レストラン、お手洗いが完備されています。トイレは有料(3バーツぐらい) 駐車料金もかかると公式HPにありましたが、運が良かったのか、実は徴収してないのか不明ですが、何も請求されませんでした。 開園時間は毎日8時~16時半。 チケット売り場の人が到着する8時前に来ると、入場料払わなくて済む場合もあるようです。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 17
Mayumi

最後の標識がこれ。 高まる期待!あふれる興奮! この標識から一歩足を踏み入れた瞬間、ひんやりした風がからだを吹き抜けました。 そこから明らかに空気が一変しました。 霊感のないわたしですら、尋常じゃない、ただならぬ何かを感じ取ります。 まるで立ち入るものを拒むような厳かな空気と緊張感。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 18
Mayumi

いよいよあの光の向こうが宮殿のある洞窟です。 吸い込まれるように進んでいくと…

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)(プラチュワップキーリーカン, タイ)|鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」(Mayumiさん) - 20
Mayumi

10時を15分ぐらい回ったあたりから、ちらほらと観光客が集まりはじめました。 欧米人の団体、中華系の団体、地元のファミリー、さまざまです。 注意書きがあるわけでもないのですが、申し合わせたように誰もが声を押し殺すようになります。 圧倒的な神々しさを前に人間は万国共通の感情を持つのですね。

『 鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」 』より ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave), プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン, プラチュワップキーリーカン

住所 อุทยานแห่งชาติ เขาสามร้อยยอด

  • エピソード・口コミ(30)

    2016.07.09 に訪問

    来ました!写真で見たクーハーカルハット宮殿! 人気がなく、鳥のさえずりもなく、かすかに鈴虫のような虫の声が聞こえるぐらいで、怖いぐらい静まり返っています。 外界と隔絶された洞窟内は実にひんやりと冷たい空気に包まれています。 知らず知らずのうちに鳥肌が立っていました。 誰かが行っていた、”精霊が宿っている”、そんな言葉が頭をよぎりました。 まさに、そんな感じ。 洞窟の天井の穴からは太陽の光がやさしく降り注ぎ、黄金色と鮮やかな青の屋根をまとった祠を照らして、息をのむほどの美しさです。 想像以上の感動。 思わず言葉を失い、宮殿の前で立ち尽くし、こうべを垂れました。

    最終更新:2016.08.17 10:30
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    駐車場から海岸に出たところにあるプラヤ・ナコーン洞窟のゴージャスなオブジェ。 まばゆいばかりの黄金の双龍と、(何故か)巨大な双蟹に護られたクーハーカルハット宮殿。 さすがは高貴なタイ国王にささげられた宮殿です。

    最終更新:2016.08.17 10:30
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    祠の裏側。 陽の光に照らされて、精巧に彩られた金細工とスカイブルーの屋根、赤いカーテンが一層鮮やかさを増しています。 丘の大きさと祠のサイズ、人工的に作られた階段までもが見事に計算され、美しいシンメトリーを放っています。 祠の中にはお花や仏塔のミニチュアなどが収められていました。 この、ただならぬ気配と雰囲気を前に、あの騒々しい中国人団体客ですらも、口数少なめに鑑賞しているのがとても印象的でした。

    最終更新:2016.08.02 00:39
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    祠の近くに生えた大きな鍾乳石の柱。 その巨大さからいって、気の遠くなるような年月をかけているはず。 これらの鍾乳石には柵が張られていないので触ることも可能です。 この奥の暗がりに、さらにお賽銭を奉納する祠が祀られています。 電灯がないので見逃しがちですが、奥まで行ってみましょう。

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    鍾乳石の柱の横には、岩の落書きがありました。 てっきり、よくある古代の落書きかと思って説明を見ると、 かつてここを訪れた3人の国王陛下らによる落書きだそうです。 一つはラーマ国王5世が1890年訪れた時、 二つ目はラーマ国王7世が1926年に訪れた際、 三つ目は現国王ラーマ9世によるもの それぞれの国王のモノグラムだそうですが、意味不明です。

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    祠の対面にある名もなき巨大な御岩。 ちなみに、ここの地面の赤土は、衣服に着くとなかなか取れません。 ご注意を。(漂白してもきれいに落ちませんでした)

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    名残惜しい気持ちを抱えながらタイムリミットが迫り、泣く泣く30分程度で退散。 (バンコクへのバンの時間が迫っていたので。通常、時間制限はありません) それでも、 こんな素敵な秘境を知ることができて、実に有意義なひとときでした。 おしまい

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    これが第2の祠。 一本のろうそくしか灯されていない、ほの暗い岩穴には仏像などが安置されています。 目が慣れてくるまで一瞬何も見えませんでした。 これに、心ばかりのお布施を奉納しました。

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    陽が高くなって、さらに光が差し込み始めました。 10時にたどり着いた時よりも、洞窟内が明るく、空気がどこか軽くなった気がしました。 洞窟に棲む精霊も、人が増えてどこかに出かけてしまったのでしょうか。

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    2016.07.09 に訪問

    ホアヒンからしばらく一直線に南下して、カオ・サム・ローイ・ヨート国立公園付近で一度、大きく左折するところがあります。 その左折した先にあるゲートです。 もうここまで来たら攻略したも同然です。 目的地まであと5㎞程度です。

    最終更新:2016.08.01 01:48
    旅行記 『鳥肌級の秘境!精霊が宿る聖なる洞窟「クーハーカルハット宮殿」』 より
    ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)を含む旅行記一覧 ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)を含む旅行記一覧

    ถ้ำพระยานคร (Phraya Nakhon Cave)を含む旅行記一覧 トップへ