Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(, シンガポール)の口コミ情報と旅行記、Kampong Lorong Buangkokまでの行き方や地図をまとめています。Kampong Lorong Buangkokの他にも、 シンガポールのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 05
Horie Kentaro

何より一番衝撃的だったのはここ。分かりにくいかももしれませんが、住居です。生木の枝を器用に結び合わせて、木造の床の上に屋根を張り巡らせています。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

到着しました。ここがシンガポールのラスト・ヴィレッジ、Kampong Lorong Buangkokの入り口です。とてもこの先に村があるなんて思えません。住人の方々に迷惑をかけなければ、誰でも入ることができます。 ちなみに背中側には、シンガポールの大都会が迫ります。異様な光景です。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 02
Horie Kentaro

村に入ってすぐの光景。ジャングルです。周囲を高層ビル・マンションに囲まれる中、ここだけがポツンとジャングルになっています。周辺も野原になっているのですがその領域は徐々に都市開発で狭まっており、シンガポールの一部の住民からも「この村だけは残そう」という運動が起きているようです。 原住民の歴史が終わって久しい日本では触れることのない、不思議な気持ちになります。原住民の質素でありつつも満たされた生活に、シンガポールの都会で過ごす人たちは何を思うのでしょう。こういう場所が近くにあることは本当に貴重だなーとしみじみ思いました。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

住人のお宅です。シンガポールの都会的な街並みからは考えられない生活風景が広がります。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 04
Horie Kentaro

お宅その2。木造にトタン屋根の造りが多く、どの家もテーマカラーがあって一色に壁が塗らえれているのが印象的でした。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 06
Horie Kentaro

王宮?のような家屋も野ざらしになっています。どんなイベントがここで行われているのか、興味津々でした。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

Kampong Lorong Buangkok(シンガポール)|地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り(Horie Kentaroさん) - 07
Horie Kentaro

出会った住人の方に「入ってもいい?」と聞くとOKとのことだったので思わず潜入。王座?で記念撮影です。この子がシンガポールシークレットツアーを計画してくれたGrace。

『 地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り 』より Kampong Lorong Buangkok

  • 史跡
住所 7 Lorong Buangkok

  • エピソード・口コミ(7)

    2011.10.31 に訪問

    何より一番衝撃的だったのはここ。分かりにくいかももしれませんが、住居です。生木の枝を器用に結び合わせて、木造の床の上に屋根を張り巡らせています。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    到着しました。ここがシンガポールのラスト・ヴィレッジ、Kampong Lorong Buangkokの入り口です。とてもこの先に村があるなんて思えません。住人の方々に迷惑をかけなければ、誰でも入ることができます。 ちなみに背中側には、シンガポールの大都会が迫ります。異様な光景です。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    村に入ってすぐの光景。ジャングルです。周囲を高層ビル・マンションに囲まれる中、ここだけがポツンとジャングルになっています。周辺も野原になっているのですがその領域は徐々に都市開発で狭まっており、シンガポールの一部の住民からも「この村だけは残そう」という運動が起きているようです。 原住民の歴史が終わって久しい日本では触れることのない、不思議な気持ちになります。原住民の質素でありつつも満たされた生活に、シンガポールの都会で過ごす人たちは何を思うのでしょう。こういう場所が近くにあることは本当に貴重だなーとしみじみ思いました。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    住人のお宅です。シンガポールの都会的な街並みからは考えられない生活風景が広がります。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    お宅その2。木造にトタン屋根の造りが多く、どの家もテーマカラーがあって一色に壁が塗らえれているのが印象的でした。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    王宮?のような家屋も野ざらしになっています。どんなイベントがここで行われているのか、興味津々でした。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    2011.10.31 に訪問

    出会った住人の方に「入ってもいい?」と聞くとOKとのことだったので思わず潜入。王座?で記念撮影です。この子がシンガポールシークレットツアーを計画してくれたGrace。

    最終更新:2017.06.23 04:45
    旅行記 『地元っ子に連れられて・・・誰も知らないシンガポール秘境巡り』 より
    Kampong Lorong Buangkokを含む旅行記一覧 Kampong Lorong Buangkokを含む旅行記一覧

    Kampong Lorong Buangkokを含む旅行記一覧 トップへ