Compathy

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Rs Logbooks (Travelogs) about "一人旅" in Serbia

This is a summary of all the Logbooks (Travelogs) related to 一人旅 that we have available for the Serbia area. Please go ahead and click on them if you want to read their contents. Does reading about 一人旅 in Serbia make you want to go there too? In that case let's start planning your next trip!

コソボ共和国 超親米イスラム国コソボからセルビア勢力地域へ入境しました。

世界遺産
コソボ共和国 超親米イスラム国コソボからセルビア勢力地域へ入境しました。

2013-09-15 - 2013-09-20

  • 38Episodes
  • Shohei Watanabe
北部以外は落ち着きを取り戻したコソボ共和国。街中アルバニアの旗、戦没者の慰霊碑、そしてアメリカ国旗でいっぱいです。 数少ない心から親米のムスリムコソボのアルバニア人。 イスラムvsアメリカというステレオタイプはここでは通用しません。 未だ勢力が拮抗している北部への入境も果たしました。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157639725426005/

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 1
  • 1108 views

セルビア共和国 ユゴスラビア完全解体。ベオグラード。

一人旅
セルビア共和国 ユゴスラビア完全解体。ベオグラード。

2006-07-20 - 2006-07-21

  • 11Episodes
  • Shohei Watanabe
旧ユーゴスラビア、現セルビアの首都ベオグラード。 2006年6月5日セルビア・モンテネグロも解体した1ヵ月後に訪問。独裁者ミロシェビッチも死んだ直後でした。 紛争自体は1999年の空爆で決着がついているので、それとは少し遅れての訪問となりました。 https://www.youtube.com/watch?v=iV0m7abAJUA NATOが空爆したビルはそのまま残されています。 コソボのセルビアからの独立を支援したアメリカ。 2014年ではクリミアのウクライナからの独立、ロシアへの編入に反対したアメリカ。 大国のダブルスタンダードの象徴がここにあります。

Travel Collector: Shohei Watanabe

  • 5
  • 1476 views

スポメニック[Spomenik]をぶっつけ本番で巡る旅 その5ウジツェ

一人旅
スポメニック[Spomenik]をぶっつけ本番で巡る旅 その5ウジツェ

2013-10-02 - 2013-10-02

  • 5Episodes
  • Sougaku
スポメニックの旅も中盤。ボスニアヘルツェゴビナからセルビアのウジツェへ。周りを山に囲まれた小さな街の近くにカディンニャカ(Kadinjača)はある。

Travel Collector: Sougaku

  • 1
  • 512 views

【セルビア女子一人旅 旅行記】ベオグラード&ノビサドの音楽フェスへ

一人旅
【セルビア女子一人旅 旅行記】ベオグラード&ノビサドの音楽フェスへ

2015-07-09 - 2015-07-10

  • 33Episodes
  • KANA
セルビアのベオグラード&ノビサドの女子一人旅、夏旅行記です。 ノビサドでは大人気ミュージックフェス「EXIT」に参戦!ベオグラードではお洒落なカフェ巡り。グルメも。 レイルヨーロッパやユースホステルを活用し、東欧の友達もたくさんできました。 ★BLOG http://ameblo.jp/jetsetterclistin/ ★インスタ https://instagram.com/xxxkanaaaa/

Travel Collector: KANA

  • 2
  • 5468 views

セルビアの首都、ベオグラードめぐり+チトーの墓参り


セルビアの首都、ベオグラードめぐり+チトーの墓参り

2015-10-22 - 2015-10-24

  • 16Episodes
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
ハンガリーのブタペストから列車で、セルビアの首都、ベオグラードに入りました。ここで、旅の半分を終えたのです。ベオグラードはとても活気のある街、クラクションがうるさい街です。不思議なことは、人口150万人の街でありながら、地下鉄がないこと。路面電車は渋滞に巻き込まれて、なかなか来ません。街全体が交通マヒになっています。また、チトーのお墓があるのもベオグラード。ベオグラードはユーゴスラヴィアの首都でもありましたから。もちろん、きちんとお墓参りました。

Travel Collector: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 629 views

多民族の街、ノヴィ・サドでの教会めぐり


多民族の街、ノヴィ・サドでの教会めぐり

2015-10-24 - 2015-10-24

  • 15Episodes
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
首都、ベオグラードから列車で90分。セルビアのノヴィ・サドを訪れました。ノヴィ・サドはヴォイヴォディナ自治州の州都になります。ヴオィヴォディナには28もの民族が住んでいると言われています。人口統計によると、2011年のデータで、セルビア人68%、ハンガリー人13%、スロバキア人2.6%、クロアチア人2.5%となっています。ノヴィ・サドにはそれを示すかのように、数多くのタイプの教会があります。訪問した教会を案内します。

Travel Collector: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 333 views

美しい橋とイヴォ・アンドリッチを訪れて、ヴィシェグラード


美しい橋とイヴォ・アンドリッチを訪れて、ヴィシェグラード

2015-10-25 - 2015-10-26

  • 17Episodes
  • 新田浩之(Nitta Hiroshi)
セルビアのベオグラードから、ボスニア・ヘルツェゴビナのヴィシェグラードに入りました。この町は世界遺産になった有名で美しい橋があります。ボスニアは橋が多いことで有名な国ですが、その中でもヴィシェグラードの橋はとても美しいです。そして、ヴィシェグラードで忘れてはならない偉人が作家、イヴォ・アンドリッチ。この町で育ち、橋を題材にした『ドリナの橋』でノーベル文学賞を受賞しました。本当はベオグラードからサラエボに行く予定でしたが、3日間、途中下車しました。http://tabiprogress.click/visegrad Tabi-PROG

Travel Collector: 新田浩之(Nitta Hiroshi)

  • 0
  • 792 views

セルビアとモンテネグロ格安バス旅行

一人旅
セルビアとモンテネグロ格安バス旅行

2006-10-22 - 2006-10-23

  • 15Episodes
  • Teramoto Itsuki
はじめて訪れた旧ユーゴ。セルビアの首都・ベオグラードと、モンテネグロでも屈指の観光地コトルを訪れたときの旅行記です。滞在時間は短かったですが印象的な旅でした。 何気に観光にほとんどお金を使わなかったので、容易に格安旅行ができました。

Travel Collector: Teramoto Itsuki

  • 1
  • 58 views

Logbooks (Travelogs) about "一人旅" in Serbia Logbooks (Travelogs) about "一人旅" in Serbia

Back to Top of Logbooks (Travelogs) about "一人旅" in Serbia