Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)の口コミ情報と旅行記、W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)までの行き方や地図をまとめています。W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)の他にもサンクトペテルブルグ、 ロシアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

翌日早朝、スズダリを出発しモスクワへ戻ります。その後航空機でサンクトペテルブルグへ。モスクワから空港まで異例の渋滞に巻き込まれ、航空機に間に合わず昼食も食べれずとすごい一日でした。写真はボルシチ(赤カブのスープ)。なんとかサンクトペテルブルグにつきホテルでの一杯。ほっとする味でした。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

サンクトペテルブルグの見学スタート。写真は聖イサク寺院。帝政ロシアのシンボルとして1858年に建てられました。第二次世界大戦では目印となるためあえて爆撃されなかったそうです。その圧倒的な威圧感には息をのみました。すごいの一言。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

エルミタージュ美術館へ。さすが世界三大美術館。その規模だけでも圧倒されました。内部にはダビンチ、ミケランジェロ、エル・グレコ、レンブラント、フランス印象派の絵画など、誰もがどこかで見たことがある傑作がところ狭しと並んでおりました。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

帝都サンクトペテルブルグを代表する教会の一つ血の上の救世主教会(スパソ・エフフミエフ教会)です。とても鮮やかな装飾が施されておりインパクトが強い教会でした。絵になる教会で周囲にはたくさんの芸術家達がデッサンをしておりました。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

ピョートル大帝の夏の宮殿庭園へ。往路は水上翼船にてフィンランド湾を北上し到着となりました。ここの見所はなんと言っても宮殿庭園。写真は中でも有名な噴水。黄金に輝く庭園を約1時間半かけて散策しました。復路は車でのんびり街に戻ります。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

郊外のエカテリーナ宮殿へ。大黒屋光太夫がエカテリーナ女帝に謁見したところとして有名です。実際に謁見した謁見の間や壁中が琥珀で埋め尽くされた琥珀の間など、帝政ロシアのお宝に埋め尽くされた宮殿は本当に目を見張るものばかりでした。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)(サンクトペテルブルグ, ロシア)|モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅(Yuichi Kudoさん) - 07
Yuichi Kudo

この日はいよいよ帰国。朝時間があったのでお散歩へ。幸運な古都にホテル近くにはドストエフスキーの「罪と罰」の舞台、センナヤ広場があったのです。そこから、ドストエフスキーが滞在したアパートや主人公ラスコーリニコフのアパート、金貸しばーさんのアパート、ソーニャの家などを見学できました。その後空港へ。そして帰国。充実した旅でした。

『 モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅 』より W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg), サンクトペテルブルグ

  • 宿泊施設
住所 Вознесенский просп., 6
電話番号 +7 812 610-61-61
URL http://www.spg.com/foursquare/

  • エピソード・口コミ(7)

    2011.08.24 に訪問

    翌日早朝、スズダリを出発しモスクワへ戻ります。その後航空機でサンクトペテルブルグへ。モスクワから空港まで異例の渋滞に巻き込まれ、航空機に間に合わず昼食も食べれずとすごい一日でした。写真はボルシチ(赤カブのスープ)。なんとかサンクトペテルブルグにつきホテルでの一杯。ほっとする味でした。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.25 に訪問

    サンクトペテルブルグの見学スタート。写真は聖イサク寺院。帝政ロシアのシンボルとして1858年に建てられました。第二次世界大戦では目印となるためあえて爆撃されなかったそうです。その圧倒的な威圧感には息をのみました。すごいの一言。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.25 に訪問

    エルミタージュ美術館へ。さすが世界三大美術館。その規模だけでも圧倒されました。内部にはダビンチ、ミケランジェロ、エル・グレコ、レンブラント、フランス印象派の絵画など、誰もがどこかで見たことがある傑作がところ狭しと並んでおりました。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.25 に訪問

    帝都サンクトペテルブルグを代表する教会の一つ血の上の救世主教会(スパソ・エフフミエフ教会)です。とても鮮やかな装飾が施されておりインパクトが強い教会でした。絵になる教会で周囲にはたくさんの芸術家達がデッサンをしておりました。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.26 に訪問

    ピョートル大帝の夏の宮殿庭園へ。往路は水上翼船にてフィンランド湾を北上し到着となりました。ここの見所はなんと言っても宮殿庭園。写真は中でも有名な噴水。黄金に輝く庭園を約1時間半かけて散策しました。復路は車でのんびり街に戻ります。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.26 に訪問

    郊外のエカテリーナ宮殿へ。大黒屋光太夫がエカテリーナ女帝に謁見したところとして有名です。実際に謁見した謁見の間や壁中が琥珀で埋め尽くされた琥珀の間など、帝政ロシアのお宝に埋め尽くされた宮殿は本当に目を見張るものばかりでした。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    2011.08.27 に訪問

    この日はいよいよ帰国。朝時間があったのでお散歩へ。幸運な古都にホテル近くにはドストエフスキーの「罪と罰」の舞台、センナヤ広場があったのです。そこから、ドストエフスキーが滞在したアパートや主人公ラスコーリニコフのアパート、金貸しばーさんのアパート、ソーニャの家などを見学できました。その後空港へ。そして帰国。充実した旅でした。

    最終更新:2017.06.26 06:25
    旅行記 『モスクワとサンクトペテルブルグ、黄金の環の旅』 より
    W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)を含む旅行記一覧 W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)を含む旅行記一覧

    W セント ピーターズバーグ(W St. Petersburg)を含む旅行記一覧 トップへ