Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)の口コミ情報と旅行記、モスクワまでの行き方や地図をまとめています。モスクワの他にもモスクワ、 ロシアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

成田空港よりアエロフロートにてロシアの首都モスクワへ。今回はモスクワをしっかり歩く旅です。ホテルは赤の広場から近くで好立地の「メトロポール」です。到着後、夜ですが赤の広場にお散歩に行きました。全然物々しい雰囲気はなかったです。写真はグム百貨店のライトアップ。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

「聖ワシリー大聖堂」です。赤の広場の中にあるとよく勘違いされますが、実際には外にあります。 1551年から1560年にかけて、イヴァン4世(雷帝)が、カザン・ハーンを捕虜とし勝利したことを記念して建立した教会です。ロシアの聖堂でもっとも美しい建物のひとつと言われ1990年にユネスコの世界遺産に登録されました。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

赤の広場モスクワの都心部にある広場で、長さは695m、平均道幅は130m、面積は7万3,000㎡です。 「赤」はソビエト連邦の社会主義に起因するものではなく、元々ロシア語では「美しい」という意味もあり、広場の名前は本来「美しい広場」というものでした。夜のライトアップ綺麗です。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

早起きしてモスクワの地下鉄を見に行きました。モスクワの地下鉄はかつての防空壕を改装されたものです。駅の入口から改札までは2分くらい乗り続けるエスカレーターでどんどん下まで降りていくんです。各駅にもこだわりとテーマがありデザインされています。おもしろいですね。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 11
Yuichi Kudo

2004年に世界遺産に組み込まれたノヴォビッチ女子修道院です。ここは、「白鳥の湖」です。近所に暮らしていたチャイコフスキーがこの湖を見て、一瞬の思いつきで書き上げたものと言われています。修道院まではいかず湖周辺を散歩しました。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 16
Yuichi Kudo

クレムリンを見学後、市内のレストランでキエフ風カツレツを食べました。衣を割るとチキンに包まれたバターがでてきて、とても濃厚でおいしかったです。このほかにもピロシキやボルシチも食べました。ロシア料理は口に合うと思います。これで今回の旅のレポートは終わりです。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

赤の広場の入り口にはヴァスクレセンスキー門があります。この門、実はスターリンにより一度壊されています。門の前のカザン聖堂も同様。後に時間をかけて再建されたものです。そう考えると、ただの門じゃなくてすごく“偉大な”門に見えます。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

赤の広場は北西から南東に長く、南西側にはガガーリンやスターリン、片山潜などが眠るクレムリンの城壁とその中の大統領官邸、城壁に接しているレーニンの遺体が保存展示されているレーニン廟があります。写真がの奥がレーニン廟です。日中は観光客がどっと押し寄せる場所です。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 07
Yuichi Kudo

せっかくですので地下鉄の駅を移動してみました。ここの駅は兵士の像が至る所にあり、ちょっと怖い感じです。当然ですが朝なのでほとんど人はいなく、その静けさがまた怖さに拍車をかけているような気がします。見学後、ホテルに戻りました。

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

モスクワ(モスクワ, ロシア)|モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅(Yuichi Kudoさん) - 08
Yuichi Kudo

地下鉄体験を終えてホテルに戻る途中。またすごい勢いで上がっていくエスカレーターを体験します。本当に冗談ではなく2分近くは乗り続けます。このくらいの時間になると地元の人も少しずつ姿を現すようですね。お腹が空いてきたのにこれエスカレーターは長い!

『 モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅 』より モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ, モスクワ

  • 美術館・博物館

  • エピソード・口コミ(16)

    2011.08.21 に訪問

    地下鉄体験から戻っての朝食。ホテル「メトロポール」での朝食です。まるで中世の時代の貴族にでもなった気分です。外装、食事いずれも豪華です。残念なのは、明らかに日本人とわかる団体の数が多いこと。せっかく中世期族の気分なのにちょっと興ざめです。

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    2011.08.21 に訪問

    「メトロポール」の写真をもう一枚。昔からの調度品等とても大切に利用しています。そしてヨーロッパの尊敬すべき点は地元人もお客様もスタッフも皆が古い文化を大切にし建物を大切に扱っていることです。正直、日本でこれができるかというと難しいと思います。

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    2011.08.21 に訪問

    雀が丘です。ここはモスクワ川の南岸に広がる丘陵地帯で、昔からモスクワの町を見渡せる場所として有名です。雀が丘の展望台には、お土産屋の露店が並び、スキーのジャンプ台もすぐ近くにあります。展望台からは、ルージニキ大スポーツアリーナ(オリンピック競技場)を始め、ノヴォデヴィチ修道院等が見えます。残念ながら本日はあまり天気が良くありませんが・・

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    2011.08.21 に訪問

    モスクワ大学です。いわゆる「スターリン様式」で造られた建物で、皮肉を込めてスターリンのバースデーケーキ(その形から)と言われてるようです。ロシアにおける名門大学の代表格とされ、世界的にもよく知られた総合大学です。

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    2011.08.21 に訪問

    クレムリン内部に位置するウスペンスキー寺院です。うすペンスキーは聖母マリアを指す称号です。カトリック国の各町にカテドラルがあるのと同様にロシアの各町にはウスペンスキー人があります。ちなみフランスではノートルダムが聖母マリアを表す言葉でやはり各町にノートルダム大聖堂があります。

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    2011.08.21 に訪問

    クレムリン内に展示されている「大砲の皇帝」です。巨大な大砲で、1586年にロシアの鋳造職人アンドレイ・チョーホフによって製作されました。重量約18トン、全長5.34メートル、口径890ミリメートル、外径1,200ミリメートルという大きさは榴弾砲史上最大の口径であり、ギネスブックにも記載されているんです。

    最終更新:2017.06.26 07:53
    旅行記 『モスクワの 赤の広場のライトアップと早朝地下鉄体験の旅』 より
    モスクワを含む旅行記一覧 モスクワを含む旅行記一覧

    モスクワを含む旅行記一覧 トップへ