Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ヴロツワフ(Wroclaw)

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)の口コミ情報と旅行記、ヴロツワフ(Wroclaw)までの行き方や地図をまとめています。ヴロツワフ(Wroclaw)の他にもドルヌィ・シロンスク、 ポーランドのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

本日はヴロツワフの見学。 ここにたどり着くまでにはグダニスクの街経由できました。 距離があるのでグダニスクで1泊。 ようやくヴロツワフに到着し見学スタート。 ここにヴロツワフ市庁舎広場です。 ポーランド最古の都市であるヴロツワフは千年以上の歴史があり、今もなお数多くの文化遺産が残っています。 映画にもよく登場するヴロツワフ中央駅や、あのゲーテやショパンが訪れたビアセラーなど見所がたくさんあります。 また小人が住む街という伝説のあるヴロツワフの街中には小人の銅像がそこかしこにあり、小人マップまで売られています。 すごいですよね!

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト(Misaki Tachibanaさん) - 05
Misaki Tachibana

ふらりと市街地へ歩き出ると、いきなり目の前にドーンと現れた壁画。足元にはゴミ置き場。これもなにか社会的なメッセージが?と考え込んでしまう。おとぎの国と現実の国の境目。

『 遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

木造教会なのですが、内装はすごい! 装飾が細かく煌びやかなのです。 ヤヴォルは内部が大きな長方形の空間になっています。 こういったカラフルさが全体的な印象を全く異なるものにしています。 かつての人々の信仰心を思い知ることができますよね。 決して比べられるものではないのですが、同じ時代の日本のお寺を比べると色彩技術の違いを理解することができると思います。

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト(Misaki Tachibanaさん)
Misaki Tachibana

ヴロツワフの案内人、もしくは迷子に導く仕掛け人。街中にこういった小人が隠れている。彼らを探してお散歩するのもたのしい。それだけで日が暮れてしまうかも。

『 遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト(Misaki Tachibanaさん) - 04
Misaki Tachibana

小人に誘われ、迷えば見つかる、こんなおもしろモニュメント。働き過ぎで終わり人生なんてまっぴら、というメッセージがこめられているとかいないとか。

『 遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

ヤヴォルとう街まで足を運びました。 ヤヴォルの木造教会を見学するためです。 ヤヴォル、そしてもう一か所、シフィドニツァの街に2つの福音アウグスブルク派の教会が建てられたのは、17世紀半ばのことです。 ボヘミアのプロテスタント教徒の反乱をきっかけに勃発し、ヨーロッパの大部分を荒廃させた三十年戦争(1618-1648)後のことでした。 ウェストファーレン講和条約(1648年)に基づき、オーストリア皇帝は、ドルノシロンスキェ県地方のプロテスタント教徒たちに3つの「平和教会」を建てることを許しました。 それらは、破壊をもたらす戦争や宗教紛争の終結の象徴となるべきものだったのです。 これらの教会は、伝統的な教会と同じように作ることはできず、耐久性のない建材で建てられ、市壁からの大砲の射程距離に置かればなりませんでした。 そして、木材、藁、粘土を利用したハーフ・ティンバー(木骨)造りの建物が出来ましたが、木造建築の教会としてはヨーロッパ最大のもので、数千人を収容することができます。 外観は質素ですが、内部の装飾は素晴らしいですよ。

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト(Misaki Tachibanaさん) - 02
Misaki Tachibana

一丁前に物知り顔をする彼は何を思うのか。

『 遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト(Misaki Tachibanaさん) - 03
Misaki Tachibana

こんな粋な彼も好いね。

『 遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|Wrocław(Janusz Nowakさん) - 02
Janusz Nowak

Chwila przed skokiem

『 Wrocław 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

ヴロツワフ(Wroclaw)(ドルヌィ・シロンスク, ポーランド)|my travels 2013/14(Frank Esさん)
Frank Es

『 my travels 2013/14 』より ヴロツワフ(Wroclaw), ドルヌィ・シロンスク

  • 散策

  • エピソード・口コミ(32)

    2009.07.08 に訪問

    本日はヴロツワフの見学。 ここにたどり着くまでにはグダニスクの街経由できました。 距離があるのでグダニスクで1泊。 ようやくヴロツワフに到着し見学スタート。 ここにヴロツワフ市庁舎広場です。 ポーランド最古の都市であるヴロツワフは千年以上の歴史があり、今もなお数多くの文化遺産が残っています。 映画にもよく登場するヴロツワフ中央駅や、あのゲーテやショパンが訪れたビアセラーなど見所がたくさんあります。 また小人が住む街という伝説のあるヴロツワフの街中には小人の銅像がそこかしこにあり、小人マップまで売られています。 すごいですよね!

    最終更新:2017.06.26 09:17
    旅行記 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』 より
    2013.12.09 に訪問

    ふらりと市街地へ歩き出ると、いきなり目の前にドーンと現れた壁画。足元にはゴミ置き場。これもなにか社会的なメッセージが?と考え込んでしまう。おとぎの国と現実の国の境目。

    最終更新:2017.07.21 00:27
    旅行記 『遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト』 より
    2009.07.08 に訪問

    木造教会なのですが、内装はすごい! 装飾が細かく煌びやかなのです。 ヤヴォルは内部が大きな長方形の空間になっています。 こういったカラフルさが全体的な印象を全く異なるものにしています。 かつての人々の信仰心を思い知ることができますよね。 決して比べられるものではないのですが、同じ時代の日本のお寺を比べると色彩技術の違いを理解することができると思います。

    最終更新:2017.06.26 09:18
    旅行記 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』 より
    2013.12.09 に訪問

    ヴロツワフの案内人、もしくは迷子に導く仕掛け人。街中にこういった小人が隠れている。彼らを探してお散歩するのもたのしい。それだけで日が暮れてしまうかも。

    最終更新:2017.07.19 07:27
    旅行記 『遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト』 より
    2009.07.08 に訪問

    ヤヴォルとう街まで足を運びました。 ヤヴォルの木造教会を見学するためです。 ヤヴォル、そしてもう一か所、シフィドニツァの街に2つの福音アウグスブルク派の教会が建てられたのは、17世紀半ばのことです。 ボヘミアのプロテスタント教徒の反乱をきっかけに勃発し、ヨーロッパの大部分を荒廃させた三十年戦争(1618-1648)後のことでした。 ウェストファーレン講和条約(1648年)に基づき、オーストリア皇帝は、ドルノシロンスキェ県地方のプロテスタント教徒たちに3つの「平和教会」を建てることを許しました。 それらは、破壊をもたらす戦争や宗教紛争の終結の象徴となるべきものだったのです。 これらの教会は、伝統的な教会と同じように作ることはできず、耐久性のない建材で建てられ、市壁からの大砲の射程距離に置かればなりませんでした。 そして、木材、藁、粘土を利用したハーフ・ティンバー(木骨)造りの建物が出来ましたが、木造建築の教会としてはヨーロッパ最大のもので、数千人を収容することができます。 外観は質素ですが、内部の装飾は素晴らしいですよ。

    最終更新:2017.06.26 09:18
    旅行記 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』 より
    2013.12.09 に訪問

    小人に誘われ、迷えば見つかる、こんなおもしろモニュメント。働き過ぎで終わり人生なんてまっぴら、というメッセージがこめられているとかいないとか。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト』 より
    2014.07.19 に訪問

    Chwila przed skokiem

    最終更新:2017.06.26 03:59
    旅行記 『Wrocław』 より
    2014.08.12 に訪問

    最終更新:2017.06.26 04:11
    旅行記 『my travels 2013/14』 より
    2013.12.09 に訪問

    一丁前に物知り顔をする彼は何を思うのか。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト』 より
    2013.12.09 に訪問

    こんな粋な彼も好いね。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『遊び心が散りばめられたヴロツワフ、工場の街シュチェチンのコントラスト』 より
    ヴロツワフ(Wroclaw)を含む旅行記一覧 ヴロツワフ(Wroclaw)を含む旅行記一覧

    ヴロツワフ(Wroclaw)を含む旅行記一覧 トップへ