Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Kraków

This is a page where you can find photos of Kraków (Lesser Poland Voivodeship, Poland), trip reviews, comments, and Travel Logs with information and pictures related to Kraków. If it piques your interest, how about reading the reports written by other travelers who actually went to Lesser Poland Voivodeship, Poland and saw Kraków?

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|Lovely Krakow(Mariia Kamenskaさん)
Mariia Kamenska

We went to Krakow after Paris because our plane was from Katowice airport and we decided to stay for one night. First our trip to Krakow was in 2009. We felt in love with this city! Then we were there in 2010 during mix bus tour. What I like about Krakow most of all - is jazz!!! everywhere! Almost every single restaurant or cafe has jazz performance at night. And they all are so great. The most crazy and amazing one was during our first trip - it was jam session. Amazing!!!

『 Lovely Krakow 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|マイナーな国一人旅 バルト三国縦断の旅(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

クラクフはポーランドらしさが感じられる理想的な街だと思います。 マーケットで売られているものもおみやげにぴったり。 中欧の街の中でも個人的にかなり気に入っています。

『 マイナーな国一人旅 バルト三国縦断の旅 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

ヴロツワフに1泊しチェンストホーヴァ経由でクラコフに入りました。 南部の都市クラクフは、ポーランド王国時代の首都であった場所で、ポーランドで最も歴史ある都市の一つです。 街には今でもその歴史を感じられる建物が多く残っています。 写真は聖マリア教会です。 ゴシック式の建物で、塔の高さは高いほうで81メートルあるのだとか。

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん) - 09
Yuichi Kudo

ヴァヴェル大聖堂は、ヴァヴェル城の敷地内にある大聖堂です。1364 年に設立されたローマ カトリック教会の大聖堂で、ポーランド国内で最も大切にされている宗教施設といっても過言ではありません。 歴代のポーランド王の戴冠式は、1764年までヴァヴェル大聖堂で行われていましたし、現代でも全45代の王様のうち、41名まではこの聖堂の地下に葬られています。

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|Eastern Europe - June 2014(Alma Jenningsさん)
Alma Jennings

The main square in Krakow

『 Eastern Europe - June 2014 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|Lovely Krakow(Mariia Kamenskaさん) - 02
Mariia Kamenska

『 Lovely Krakow 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|欧州で一番美しい街!Day7(George Wiltshierさん)
George Wiltshier

ヨーロッパ周遊も7日目。 ポーランドのクラクフは街が綺麗で、物価が安く、天気も良く、最高でした!

『 欧州で一番美しい街!Day7 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

クラコフの旧市街、中央市場広場の見学です。 ここは旧市街の中心にある200m四方の広場で、旧市庁舎、聖マリア教会など歴史的な建物が立ち並び、中世の雰囲気が漂っています。 かつて交易所だった広場中央の織物会館の1階には、現在はみやげ物店が集まっている。 お勧めですよ!

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!(Yuichi Kudoさん) - 11
Yuichi Kudo

この日、いろいろ迷いながらも、アウシュヴィッツへ行くことにしました。 そもそも写真に収めて良いところかどうかということも迷いましたし旅行記に載せるべきものなのかというものも考えましたが、ライトは情報は発信すべきと思い投稿することにします。 アウシュヴィッツです。 世界中から訪れる人々を深く悲しませ反省させる場所ですね・・ そもそも、ポーランドには、ドイツと隣接し占領されていたがために、日本では「負の遺産」と呼ばれるナチス・ドイツの「強制収容所」が多く存在していました。 アウシュヴィッツもまた、その中の一つなんです。

『 どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました! 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

クラクフ(Krakau)(マウォポルスカ, ポーランド)|白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ)(Misaki Tachibanaさん)
Misaki Tachibana

ポーランドはヨーロッパ内にありながら物価が安く、野菜や果物が豊富です。マーケットも頻繁に、いろいろなところで開かれています。市場では、お店の人と仲良くなると味見させてくれたり、値段をまけてくれたりします。

『 白い空の下、甘いお菓子を頬張りながらポーランドを練り歩く(ワルシャワ、クラクフ) 』より クラクフ(Krakau), マウォポルスカ

  • city

  • Episodes/User Reviews (55)

    Visited at 2014.04.26

    Bez precla nie ma zwiedzania

    Last updated at 2019.06.17 14:37
    From the travel log 『Jednodniówka w Krakowie』
    Visited at 2014.06.19

    The Polish Hussars or Winged Hussars, were one of the main types of the cavalry in the Crown of the Kingdom of Poland, (later also introduced into the Army of the Grand Duchy of Lithuania), between the 16th and 18th centuries. When this cavalry type was first introduced by the Serbian and Hungarian mercenary horsemen in the beginning of the 16th century, they served as light cavalry banners in the Polish army; by the second half of the 16th century and after Stephen Báthory's reforms hussars had been transformed into heavy armored shock cavalry. Until the reforms of the 1770s the husaria banners were considered the elite of the Polish-Lithuanian Commonwealth cavalry.

    Last updated at 2019.04.11 01:38
    From the travel log 『Krakow, Poland』
    Visited at 2009.07.10

    岩塩の壁を削って描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」です。 遠近法を取り入れながら壁の中に掘りこんだレリーフは、奥行きと写実感とを見事に表現しています。 作品として掘りこまれたもの以外にも、聖書の場面の数々や、岩塩坑の歴史や坑内での仕事風景など、壁はスケッチブックや写真・ビデオなどの代わりに使われたかのように、ぎっしりと作品で埋められています。 感無量となりヴィエリチカの見学を終了です。 その後ホテルへ。 クラコフで宿泊となりました。

    Last updated at 2017.06.26 09:17
    From the travel log 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』
    Visited at 2014.04.15

    Zabytkowy kościółek w Krakowie

    Last updated at 2017.06.26 04:04
    From the travel log 『Wycieczka po Małopolsce i okolicach』
    Visited at 2009.07.10

    実はポーランドは塩の国なのです! しかし、ガイドの説明では、この地が海だったのは2千万年も前のこと。 地殻変動によって陸となった後、海水が蒸発して地下に塩の層を作っていったのだとか。 ポーランド内には、廃坑になったもの、現在も操業中のものなど複数の大規模岩塩坑があり、国を代表する産業となっています。 特にヴィエリチカの岩塩は「白い金」と呼ばれるほど上質だったため、ポーランド王室の財政を豊かに支えていたのです。

    Last updated at 2019.04.26 03:35
    From the travel log 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』
    Visited at 2009.07.11

    引き続きアウシュヴィッツです。 収容所全体、そして各種施設周辺は有刺鉄線で厳重に囲まれ、ナチスの目が光る監視塔からは銃口が向けられていたという。 この有刺鉄線は、当時は高圧電流が流されていて、事実上脱走は不可能だったと言われています。 しかし、強制収容所に未来がないことを絶望した「自殺者」にとってはある意味「救い」にもなっていたらしいです。 なんということでしょうか。 自殺が救いなんて。

    Last updated at 2019.04.27 05:47
    From the travel log 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』
    Visited at 2009.07.11

    アウシュヴィッツです。 レンガ造りの居住棟は、暖房や防寒の措置はほとんどなく、バケツ一個の水が風呂代わり、溝に穴のあいた板を渡しただけのトイレを1日2.3回だけ使用が許され、狭い板のベッドに数人が押し込まれるという劣悪な環境だったそうです。 なんともいえない苦しい気持ちで旅を締めくくることとなりましたが、アウシュヴィッツを訪れて後悔はしておりません。 むしろ我々現代の人間は、誰もがうったえるように、絶対にこのような悲劇は繰り返さないという誓いを立てなければならないと感じます。 現在、ISなる過激派イスラム勢力が蛮行を繰り返しておりますが、世界平和が再び訪れるのを祈るばかりです。 現在は残された建物の一部が博物館として、さまざまな資料が展示されている。 ガス室での虐殺に使用された薬品の空き缶の山、収容者から取られた毛髪とそれで作られた寝具、返還される時にためにと名前や住所を書き込んだカバン、靴、メガネなどの山を見ることができる。

    Last updated at 2019.04.27 05:47
    From the travel log 『どうしてもヴィエリチカの岩塩鉱に行きたくポーランドを訪ねました!』
    Visited at 2014.06.19

    Street art in Krakow

    Last updated at 2018.08.03 02:00
    From the travel log 『Eastern Europe - June 2014』
    Visited at 2008.04.27

    pijarska通り

    Last updated at 2018.08.03 11:48
    From the travel log 『Central Europe '08』
    Visited at 2014.08.11

    Widok na zamek od strony wisly.

    Last updated at 2017.06.26 03:45
    From the travel log 『Moj ukochany krakow.』
    Kraków(Lesser Poland Voivodeship, Poland) Kraków(Lesser Poland Voivodeship, Poland)

    Back to Top of Kraków(Lesser Poland Voivodeship, Poland)