Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Droog Amsterdam

Droog Amsterdam(, オランダ)の口コミ情報と旅行記、Droog Amsterdamまでの行き方や地図をまとめています。Droog Amsterdamの他にも、 オランダのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Droog Amsterdam(オランダ)|ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

キューケンホフに行ってまいりました。 キューケンホフはオランダのリッセに位置する世界最大の花の公園です。 総面積 32 ヘクタールの園地に植えつける花の球根は毎年700万球にのぼると言われています。 例年、公園の公開は3月半ばから5月半ばの期間に決まっていて、天候に左右されるものの4月半ばころにチューリップの見ごろを迎えます。 今回はラッキー。写真のような素敵なチューリップに出会えました。

『 ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅 』より Droog Amsterdam

Droog Amsterdam(オランダ)|ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

キューケンホフ公園の名前の由来についてご紹介します。 かつてここで栽培したハーブがジャクリーヌ・ド・ナノーの居城に運ばれたことから「キューケンホフ」 (城の台所に花を届けた敷地) という名前がついたといわれています。 庭園内では約3時間時間をとります。 3時間あればゆっくり素晴らしい景色を堪能することができますよ。 キューケンホフ公園をたっぷり見学しホテルに戻りました。 翌日楽しかったベネルクス三国へ別れを告げ帰国の途へ。

『 ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅 』より Droog Amsterdam

Droog Amsterdam(オランダ)|ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

アムステルダムのシンゲルにあるフラワーマーケットは、歴史が長く世界的にも有名な花市場としてアムステルダムの有名な観光スポットの一つです。 船の上から花を売るという形式をとっており、よく見るとボートの上に花屋が並んでいますので確認してみてください。 ここでは彩鮮やかなチューリップやバラ等が販売されており、それらを見て周るだけでも楽しめる観光スポットです。

『 ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅 』より Droog Amsterdam

Droog Amsterdam(オランダ)|ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

午前、オランダの首都アムステルダムへ。 着後、アムステルダムの見学をします。 アムステルダム中央駅は各都市への玄関口として、交通機関を利用する観光客には欠かせません。 この駅は単なる電車の乗降場として利用するだけでなく、観光スポットとしても人気を博しているのです。 この駅の一番の特徴はその外観です。 ピエール・カウパース氏がこの駅の設計も担当しており、ネオゴシックとネオルネッサンスを融合した建築様式となっています。 2006年に東京駅とアムステルダム中央駅は姉妹駅となったのですよ。

『 ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅 』より Droog Amsterdam

Droog Amsterdam(オランダ)|ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

アムステルダムの観光では、アムステルダム国立美物館ははずせません。 オランダ最大の作品数を誇る国立美術館では、 レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など、17世紀黄金時代の傑作絵画を多数所蔵しています。 写真はレンブラントの夜警です。 ここへ来れば、オランダという国が美術分野で世界超大国になった理由が分かるはずですよ。

『 ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅 』より Droog Amsterdam

  • お土産
住所 Staalstraat 7B
電話番号 +31 20 523 5059
URL http://www.droog.com/amsterdam/

  • エピソード・口コミ(5)

    2007.04.17 に訪問

    キューケンホフに行ってまいりました。 キューケンホフはオランダのリッセに位置する世界最大の花の公園です。 総面積 32 ヘクタールの園地に植えつける花の球根は毎年700万球にのぼると言われています。 例年、公園の公開は3月半ばから5月半ばの期間に決まっていて、天候に左右されるものの4月半ばころにチューリップの見ごろを迎えます。 今回はラッキー。写真のような素敵なチューリップに出会えました。

    最終更新:2017.06.26 09:22
    旅行記 『ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅』 より
    2007.04.17 に訪問

    キューケンホフ公園の名前の由来についてご紹介します。 かつてここで栽培したハーブがジャクリーヌ・ド・ナノーの居城に運ばれたことから「キューケンホフ」 (城の台所に花を届けた敷地) という名前がついたといわれています。 庭園内では約3時間時間をとります。 3時間あればゆっくり素晴らしい景色を堪能することができますよ。 キューケンホフ公園をたっぷり見学しホテルに戻りました。 翌日楽しかったベネルクス三国へ別れを告げ帰国の途へ。

    最終更新:2017.06.26 09:22
    旅行記 『ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅』 より
    2007.04.17 に訪問

    アムステルダムのシンゲルにあるフラワーマーケットは、歴史が長く世界的にも有名な花市場としてアムステルダムの有名な観光スポットの一つです。 船の上から花を売るという形式をとっており、よく見るとボートの上に花屋が並んでいますので確認してみてください。 ここでは彩鮮やかなチューリップやバラ等が販売されており、それらを見て周るだけでも楽しめる観光スポットです。

    最終更新:2017.06.26 09:22
    旅行記 『ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅』 より
    2007.04.17 に訪問

    午前、オランダの首都アムステルダムへ。 着後、アムステルダムの見学をします。 アムステルダム中央駅は各都市への玄関口として、交通機関を利用する観光客には欠かせません。 この駅は単なる電車の乗降場として利用するだけでなく、観光スポットとしても人気を博しているのです。 この駅の一番の特徴はその外観です。 ピエール・カウパース氏がこの駅の設計も担当しており、ネオゴシックとネオルネッサンスを融合した建築様式となっています。 2006年に東京駅とアムステルダム中央駅は姉妹駅となったのですよ。

    最終更新:2017.06.26 09:22
    旅行記 『ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅』 より
    2007.04.17 に訪問

    アムステルダムの観光では、アムステルダム国立美物館ははずせません。 オランダ最大の作品数を誇る国立美術館では、 レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など、17世紀黄金時代の傑作絵画を多数所蔵しています。 写真はレンブラントの夜警です。 ここへ来れば、オランダという国が美術分野で世界超大国になった理由が分かるはずですよ。

    最終更新:2017.06.26 09:22
    旅行記 『ベネルクス三国、歴史、芸術、景色全てを楽しむことができる旅』 より
    Droog Amsterdamを含む旅行記一覧 Droog Amsterdamを含む旅行記一覧

    Droog Amsterdamを含む旅行記一覧 トップへ