Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

沿ドニエストル共和国 沿ドニエストル共和国(モルドバ)のおすすめ旅行・観光情報

沿ドニエストル共和国(モルドバ)の旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。沿ドニエストル共和国(モルドバ)のグルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国(Shohei Watanabeさん)
Shohei Watanabe

モルドバ キシナウより→ https://www.compathy.net/tripnotes/1003 ティラスポリの駅歩道橋より

『 沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国 』より Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station, 沿ドニエストル共和国

Government of TMR(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国(Shohei Watanabeさん)
Shohei Watanabe

政府庁舎ビルとレーニン

『 沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国 』より Government of TMR, 沿ドニエストル共和国

Экспоцентр(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国(Shohei Watanabeさん)
Shohei Watanabe

ロシアよりもソ連が残っています。

『 沿ドニエストル共和国 地図にない国 ロシアよりもソ連、ソ連の核兵器が眠る国、日帰り入国 』より Экспоцентр, 沿ドニエストル共和国

Тирасполь / Tiraspol(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST(www.MyNameIsOla.comさん) - 08
www.MyNameIsOla.com

Park in Tiraspol

『 TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST 』より Тирасполь / Tiraspol, 沿ドニエストル共和国

Тирасполь / Tiraspol(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST(www.MyNameIsOla.comさん) - 09
www.MyNameIsOla.com

『 TRANSNISTRIA – COUNTRY THAT DOESN’T EXIST 』より Тирасполь / Tiraspol, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国

Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜(芝野 愛梨(Eri Shibano)さん)
芝野 愛梨(Eri Shibano)

ティラスポリ駅。バスの最終到着地でここで降りた。表記もロシア語。

『 未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜 』より Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国

Тирасполь / Tiraspol(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜(芝野 愛梨(Eri Shibano)さん) - 11
芝野 愛梨(Eri Shibano)

アブハジア共和国大使館兼南オセチア共和国大使館。未承認国家同士仲良くしましょう、的な感じだろうか。

『 未知なる土地への冒険 〜沿ドニエストル共和国〜 』より Тирасполь / Tiraspol, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国

Историко-краеведческий музей / Museum of local history(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」(新田浩之(Nitta Hiroshi)さん)
新田浩之(Nitta Hiroshi)

歴史博物館です。ここでは、ティラスポリ、沿ドニエストル共和国の歴史が学べます。またおばちゃんがいろいろ教えてくれます。

『 モルドバ本国とソビエトが残る「沿ドニエストル共和国」 』より Историко-краеведческий музей / Museum of local history, 沿ドニエストル共和国

Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドヴァの首都キシニョフのワインフェスタと沿ドニエストル共和国日帰り旅行(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

キシニョフから約2時間でティラスポリに到着しました。この鉄道駅は一応一国の首都にしては小さいです。

『 モルドヴァの首都キシニョフのワインフェスタと沿ドニエストル共和国日帰り旅行 』より Ж/Д Вокзал Тирасполь / Tiraspol Railway Station, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国

Тирасполь / Tiraspol(沿ドニエストル共和国, モルドバ)|モルドヴァの首都キシニョフのワインフェスタと沿ドニエストル共和国日帰り旅行(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

駅の近くの公園。やはりキシニョフとは違ってモルドヴァらしさはなく、ウクライナっぽいです。

『 モルドヴァの首都キシニョフのワインフェスタと沿ドニエストル共和国日帰り旅行 』より Тирасполь / Tiraspol, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国, 沿ドニエストル共和国

沿ドニエストル共和国に行ったことがありますか?
沿ドニエストル共和国に旅行のご予定がありますか?
沿ドニエストル共和国に旅行のご予定がありますか?

沿ドニエストル共和国のおすすめ旅行記(ブログ)

モルドバ系はこの地を去り、ロシア系はモルドバからこの地へ来た。ユダヤ人は未だ迫害を受ける。 モルドバの首都キシナウから同じバスで来た若い女性は、この地に移住した母に会いに来た。 「なぜこの地が、国家承認されず、生活に困窮しなければいけないの?」 と訴えられ、言葉にならなかった。 ソ連崩壊時に各共和国が次々に独立する中、モルドバ内の沿ドニエストル地方が独立を宣言。 モルドバ政府と内戦になりロシアが介入、現在は停戦中のままであります。 もともとこの地はベッサラビア(モルドバ地域)ではなく、ソビエト時代にモルドバと一緒の自治体にさせられてしまいました。 クリミア半島と似た経緯です。この国(為政者?)もロシアへの編入を求めています。 ロシアのみがこの国を承認、あとはグルジア内の独立宣言地域アブアジア共和国、南オセチア共和国と双方で承認し合っているのみであります。 沿ドニエストル政府は実効支配をし、自国の政府、軍隊、なんと通貨まで存在すると言う点において、立場は台湾と同じと言えるでしょう。 モルドバからミニバスに乗り首都ティラスポリへ向かいました。 途中国境の検問にて、当日中に領内から出て行くことを条件に入国が許されました。 写真 http://www.flickr.com/photos/marcy210/sets/72157624806897597/

Shohei Watanabe

Shohei Watanabe

2010-07-15 - 2010-07-15 , 1days

  • 7
  • 1967
  • 29

ルーマニアからモルドバに入りました。モルドバで3泊4日間過ごしました。2日目は首都のキシナウ、3日目は「沿ドニエストル共和国」の首都ティラスポリに行きました。特にティラスポリは「ソビエト」がそのまま残る街で驚きました。モルドバ自体も不思議なことばかりで、消化不良のまま終わりました。ルーマニアのヤシからバスで3時間30分です。詳しくはTabi-PROG http://tabiprogress.click/

新田浩之(Nitta Hiroshi)

新田浩之(Nitta Hiroshi)

2015-11-19 - 2015-11-20 , 2days

  • 2
  • 1309
  • 16

8月18日から20日までモルドバに滞在していた。そのついでに未知なる土地である沿ドニエストル共和国の首都ティラスポリに行ってみた。ここは外務省の海外安全情報では注意喚起が出ていたが、国境を越えてしまえば普通の街。国境に入るときに簡単な出入国審査があるが、パスポートの提示と滞在目的を答えるだけで十分だった。あとは渡された紙(パスポート情報記載の)を出国までなくさないように持参するのみである。賄賂請求の噂があるが、あれはウクライナから入る場合である。 この地は国際的には国家として承認されていないため(ロシアのみ承認)モルドバの一部としている。だが、ソ連の雰囲気が強く残され、公用語もロシア語で独自の通貨も持つなど(ドニエストルルーブル)、半独立的状態にある。渡航前は少し危険なイメージがあったが、実際は街も整備されていて雰囲気もよく、キシナウより治安の良さを感じたぐらいだった。さらに、この地はワインが絶品であり、レストランも充実している。ワイン好きには是非おすすめである。

芝野 愛梨(Eri Shibano)

芝野 愛梨(Eri Shibano)

2015-08-19 - 2015-08-19 , 1days

  • 4
  • 802
  • 20

旅行した国の鉄道の写真をまとめてみました。 いろんな鉄道文化があって楽しいです。 東ヨーロッパのコンパートメントは最高

Shohei Watanabe

Shohei Watanabe

2002-10-23 - 2016-05-24 , 4963days

  • 97
  • 790
  • 111

An interesting trip to Tiraspol the capital of Transnistria! A country recognized only by Abkhazia and South Ossetia

www.MyNameIsOla.com

www.MyNameIsOla.com

2015-05-24 - 2015-05-24 , 1days

  • 2
  • 365
  • 22

ヨーロッパの中でも最貧国の一つに数えられるモルドヴァ共和国は観光客も多くありません。しかし良質なワインの産地として知られており、私もたまたまですが、ワインフェスタの日に訪問が重なったため、そのお祭りに参加することができました。 そして翌日には国連には認められていませんが、一応独立国家の沿ドニエストル共和国を訪れました。事前情報では入国に賄賂を要求されることも多いと聞いていましたが、なにも取られることなく無事出入国できたので、1泊2日で5000円以下で楽しむことができました。

Teramoto Itsuki

Teramoto Itsuki

2013-10-06 - 2013-10-07 , 2days

  • 12
  • 183
  • 17

沿ドニエストル共和国のおすすめ観光スポット

沿ドニエストル共和国(モルドバ)のその他の人気のスポット

沿ドニエストル共和国(モルドバ)のおすすめ旅行・観光情報 沿ドニエストル共和国(モルドバ)のおすすめ旅行・観光情報

沿ドニエストル共和国(モルドバ)のおすすめ旅行・観光情報 トップへ