Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

モーリタニアの「砂漠」のおすすめ旅行記(ブログ)

モーリタニアの砂漠をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。砂漠についての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

砂漠以外に何もないようなモーリタニアという国にも、「世界一」を名乗るものがあることはあまり知られていない。 内陸から沿岸のヌアディブまで鉄鉱石を運ぶ列車がそれである。 その長さ、なんと3km。 日本の基準なら、列車だけで一駅分の長さはあるだろう。 内陸のアタールという街まで、この列車に乗って行った。 鉄鉱石を降ろして空になった荷台には、誰でもタダで乗れるのである。 荷台に乗って砂漠の夜空を観ようと洒落たわけなのだが、これが想像以上に大変な一夜となった。 列車がブレーキを踏むと、貨車が前から一つずつ衝突しながら止まるので、ガシャン!とものすごい衝撃と音が来る。 おまけに日の照る日中からは想像できないほど夜の砂漠は寒く、砂塵が容赦なく顔面を叩きつける。 夜が明けて日が差した時に見た自分の顔は、髪も顔も全身砂で真っ白。耳の奥まで砂が入ってしまっていた。 同行の旅行者と、そんなひどい有様のお互いの姿を見て笑いあったのだ。最高に楽しい気分だった。

Masashi Amano

Masashi Amano

2014-03-01 - 2014-03-02 , 2days

  • 36
  • 3667
  • 25

「地雷を踏んだらサヨウナラ」という観たこともない映画の名前が、変に頭にこびりついていた。 モロッコを南下し、西サハラを通過し、サハラ以南のブラックアフリカに入る関門がこの国境なのだが、その3kmの緩衝地帯には、地雷が埋まっているのであった。 荒れ果てた砂漠のところどころに、無造作に放棄された自動車。 その光景は、核戦争後の世界を描いたSF映画のようだった。 西サハラというのは、80か国から国家承認されているものの、現在はモロッコが不法に実効支配している状況である。パレスチナと似たような状況にあるわけだが、こちらは日本ではほとんど知られていない。 この国境の地雷原は、その複雑な状況、力による支配がまかり通る現状が生み出したものなのである。

Masashi Amano

Masashi Amano

2014-02-27 - 2014-02-28 , 2days

  • 16
  • 2991
  • 22
モーリタニアの「砂漠」のおすすめ旅行記(ブログ) モーリタニアの「砂漠」のおすすめ旅行記(ブログ)

モーリタニアの「砂漠」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ