Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

La gare de Nouadhibou La gare de Nouadhibou

This is a page where you can find photos of La gare de Nouadhibou (Dakhlet Nouâdhibou, Mauritania), trip reviews, comments, and Logbooks (Travelogs) with information and pictures related to La gare de Nouadhibou. If it piques your interest, how about reading the reports written by other travelers who actually went to Dakhlet Nouâdhibou, Mauritania and saw La gare de Nouadhibou?

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん)
Masashi Amano

同宿の日本人の大学生の男の子と仲良くなり、一緒に旅することにした。 これも同宿のポーランド人の男性も列車に乗るというので、一緒にタクシーで駅まで向かう。 ヌアディブ市街→駅 タクシー

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 02
Masashi Amano

駅に到着して、その周囲の光景に驚いた。 見事に一面が砂漠である。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 03
Masashi Amano

線路は、どこまでも果てしなく続いているようだった。 こういう風景を見るたび、自分はこんなところで何をしているのだろうか?という奇妙な違和感に襲われることが、旅中はよくあった。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 04
Masashi Amano

列車が到着した。 この列車には一応客車も付いているのだが(2500ウギア=約800円)、夜の砂漠を貨物車に乗って移動することにロマンを感じ、砂まみれになる覚悟を決めて乗り込む。 同行のポーランド人は客車に乗るので、僕とT君(大学生の男の子)の二人である。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 05
Masashi Amano

列車を待っていた人たちが一斉に乗り込み、僕たちもそれに続いた。 貨物車というのは、基本的に人を乗せるために出来ていないので、重い荷物と自分たちの身を乗せるのに難儀する。 したがって、同じ貨物車の見知らぬ他人と協力し合うことになる。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 06
Masashi Amano

貨物車に乗り込んだ。 同じ貨物車には、子供を一人連れた現地の夫婦が乗っていた。 砂塵防止のため荷物にはビニールなどでカバーをかける。特にPCなどの精密機器は厳重に。 自分たちの身に関しては、口や耳など穴の開いた部分に布などを巻くので、必然的にアラブの遊牧民のような感じになる。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 07
Masashi Amano

列車が動き出した。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 08
Masashi Amano

鉄鉱石を運ぶ途中の列車とすれ違う。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 09
Masashi Amano

こんな具合に積んでいる。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "La gare de Nouadhibou

La gare de Nouadhibou

  • Rail

Episode about La gare de Nouadhibou(9 Episodes)

La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 06
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

貨物車に乗り込んだ。 同じ貨物車には、子供を一人連れた現地の夫婦が乗っていた。 砂塵防止のため荷物にはビニールなどでカバーをかける。特にPCなどの精密機器は厳重に。 自分たちの身に関しては、口や耳など穴の開いた部分に布などを巻くので、必然的にアラブの遊牧民のような感じになる。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 04
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

列車が到着した。 この列車には一応客車も付いているのだが(2500ウギア=約800円)、夜の砂漠を貨物車に乗って移動することにロマンを感じ、砂まみれになる覚悟を決めて乗り込む。 同行のポーランド人は客車に乗るので、僕とT君(大学生の男の子)の二人である。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 05
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

列車を待っていた人たちが一斉に乗り込み、僕たちもそれに続いた。 貨物車というのは、基本的に人を乗せるために出来ていないので、重い荷物と自分たちの身を乗せるのに難儀する。 したがって、同じ貨物車の見知らぬ他人と協力し合うことになる。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん)
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

同宿の日本人の大学生の男の子と仲良くなり、一緒に旅することにした。 これも同宿のポーランド人の男性も列車に乗るというので、一緒にタクシーで駅まで向かう。 ヌアディブ市街→駅 タクシー

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 03
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

線路は、どこまでも果てしなく続いているようだった。 こういう風景を見るたび、自分はこんなところで何をしているのだろうか?という奇妙な違和感に襲われることが、旅中はよくあった。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 02
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

駅に到着して、その周囲の光景に驚いた。 見事に一面が砂漠である。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 08
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

鉄鉱石を運ぶ途中の列車とすれ違う。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 09
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

こんな具合に積んでいる。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 07
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

列車が動き出した。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, Mauritania) La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, Mauritania)

Back to Top of La gare de Nouadhibou(Dakhlet Nouâdhibou, Mauritania)