Compathy(コンパシー) 世界とつながる旅のコレクション β ver.

Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Atar Atar

This is a page where you can find photos of Atar (Adrar, Mauritania), trip reviews, comments, and Logbooks (Travelogs) with information and pictures related to Atar. If it piques your interest, how about reading the reports written by other travelers who actually went to Adrar, Mauritania and saw Atar?

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 02
Masashi Amano

日が落ちるとすっかり寒くなり、寒さと砂に震えながらT君といろいろな話をした。 こういう時、会って間もない相手でも、人は飾らない本音を話せるものだと思う。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 07
Masashi Amano

テントの中は蚊帳が張ってあり、粗末だが快適だった。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 12
Masashi Amano

帰り道、写真で確認できるかわからないが、月が指輪のように欠けていて(月食?)綺麗だった。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん)
Masashi Amano

日が暮れてきた。 容赦なく叩きつける砂塵の中、持参のパンなどで粗末な食事をとる。 同じ貨車の夫婦が僕たちに食べ物を分けてくれたので、僕たちもお返しに他の国で買っておいたお菓子等を分ける。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 03
Masashi Amano

深夜4時頃急に列車が止まり、人が下りる気配がした。 まだ到着には早い時間かと思ったけれども、貨車から顔を出しているうちに、向うから来た車から、「ジャパニーズ!」と呼ぶ声がした。 同行のポーランド人が声をかけてくれたのだ。 これがなければ、僕たちは目的地を通り過ぎて、砂漠の奥深くまで行ってしまっていたかもしれなかった。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 04
Masashi Amano

降りたシュムという村には一晩過ごせるテントがあって、朝が来るまでそこで過ごした。 全身真っ白なことをt君とポーランド人から指摘され、写真を撮ってもらう。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 05
Masashi Amano

シュムから車でアタールに向かった。 この車には前席にドライバー含め三人、後席に四人、さらに荷台の上に二人という無茶な乗り方をしていた。 「これがアフリカさ」と笑って呟くポーランド人。 この車に三時間乗りアタールに着いた。 シュム→アタール タクシー

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 06
Masashi Amano

モーリタニアというのはとにかく徹底して砂漠しかない国である。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 08
Masashi Amano

アタールに到着。 あまり賑わいのある街ではないが、とにかく人里に着くことができてほっとした。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 09
Masashi Amano

街の中心部。 この街は、観光的にはシンゲッティという遺跡へ向かう拠点になるのだが、砂漠に辟易とした僕は、シンゲッティに行かずにT君と翌朝首都ヌアクショットに向かうことにした。

From " 砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。 "Atar

Atar

  • Monument / Landmark

Episode about Atar(16 Episodes)

Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 02
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

日が落ちるとすっかり寒くなり、寒さと砂に震えながらT君といろいろな話をした。 こういう時、会って間もない相手でも、人は飾らない本音を話せるものだと思う。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 12
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

帰り道、写真で確認できるかわからないが、月が指輪のように欠けていて(月食?)綺麗だった。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 07
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

テントの中は蚊帳が張ってあり、粗末だが快適だった。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 03
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

深夜4時頃急に列車が止まり、人が下りる気配がした。 まだ到着には早い時間かと思ったけれども、貨車から顔を出しているうちに、向うから来た車から、「ジャパニーズ!」と呼ぶ声がした。 同行のポーランド人が声をかけてくれたのだ。 これがなければ、僕たちは目的地を通り過ぎて、砂漠の奥深くまで行ってしまっていたかもしれなかった。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 11
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

ここを経営しているのはフランス人の老夫婦で、身なりがタンクトップやぼろぼろの半裸のようなシャツを着ていたので、最初オーナーには見えなかった。 この老夫婦は横聞きではフランスに20年近く帰っていないという筋金入り。アフリカに住んでいる白人はなんかすごい人が多い気がする。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 05
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

シュムから車でアタールに向かった。 この車には前席にドライバー含め三人、後席に四人、さらに荷台の上に二人という無茶な乗り方をしていた。 「これがアフリカさ」と笑って呟くポーランド人。 この車に三時間乗りアタールに着いた。 シュム→アタール タクシー

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 10
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

三人で街中に出て飯を食った。 ポーランド人はアフリカは五回目で、アフリカを完全制覇するのが目標らしい。 ブラックジョークが好きな楽しい人だった。 チキンとポテトだけの味気ない食事だが、腹も減っていたし一気に食べた。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん)
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/01

日が暮れてきた。 容赦なく叩きつける砂塵の中、持参のパンなどで粗末な食事をとる。 同じ貨車の夫婦が僕たちに食べ物を分けてくれたので、僕たちもお返しに他の国で買っておいたお菓子等を分ける。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 09
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

街の中心部。 この街は、観光的にはシンゲッティという遺跡へ向かう拠点になるのだが、砂漠に辟易とした僕は、シンゲッティに行かずにT君と翌朝首都ヌアクショットに向かうことにした。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, モーリタニア)|砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。(Masashi Amanoさん) - 04
Masashi Amano
Masashi Amano
Visited on 2014/03/02

降りたシュムという村には一晩過ごせるテントがあって、朝が来るまでそこで過ごした。 全身真っ白なことをt君とポーランド人から指摘され、写真を撮ってもらう。

From "砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った。"
Atar(Adrar, Mauritania) Atar(Adrar, Mauritania)

Back to Top of Atar(Adrar, Mauritania)