Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Houayxai, Bokeo

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)の口コミ情報と旅行記、Houayxai, Bokeoまでの行き方や地図をまとめています。Houayxai, Bokeoの他にもボケオ、 ラオスのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 03
Shino Ichimiya

フアイサイの街は、国境を超えるだけで通り過ぎて行く人も多いらしいけれど。 街はコンパクトでとっても穏やかで、あのレンテン族にも会いにいきやすい!!ので、是非一泊してしてみてほしいです :)

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 06
Shino Ichimiya

Ban Nam Chang って書いてる。 「破」みたいな感じがNam. 「像」がChang. 「村」はBan. レンテン族は中国から来た民族なので漢字由来なのです。 おじさんたちに「日本人だ」と言うと地面に漢字で書いてくれた。 男の人は読み書きできるらしいのだけど、女の人はできないんだって。 で、若い人ももう学校でラオス語を習うから漢字は読み書きできないんだって。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 08
Shino Ichimiya

洗濯物バシャバシャ。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん)
Shino Ichimiya

女性グループでなにやら作業していたのでしばし見学。 絡んだ糸をほぐしている。 へ〜、こうやって大勢で共同作業するんだ。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 02
Shino Ichimiya

さて、そろそろお暇します。 写真は一番英語が堪能だった大学生でいろいろ教えてくれた子。 たまたまお兄ちゃんの婚礼で里帰り中だったんだって。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 04
Shino Ichimiya

フアイサイからトゥクトゥクで20分くらいでバン・ナムチャンBan Nam Chang っていうレンテン族の住む村。 (残念ながら地図には反映されません。。3号線を東北方面へ進んだところ) レンテン族、と一口に言っても、集落はいろんなところに点在しているらしい。 この村はフアイサイの街中から近かったので行きやすくて良かった。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 05
Shino Ichimiya

手すきの紙を干していた。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 07
Shino Ichimiya

早速民族衣装を着たレンテン族のおばちゃま! インディゴ染めの匂いがする。 レンテン族が日本で有名になったのは、谷由起子さんという方が、現地の人と一緒に製作に携わって、ラオスの手仕事を日本に紹介してくれたおかげだと思う。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 09
Shino Ichimiya

竹の壁とコンクリートブロックのコンビ!

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

Houayxai, Bokeo(ボケオ, ラオス)|タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく(Shino Ichimiyaさん) - 10
Shino Ichimiya

暖かくて明るい外でチクチク。 レンテン族といえば独特な刺繍で有名。 コースターなどに素朴な刺繍がしてあったりするのだけど、作る人によってデザインが全然違うみたい。 だから選ぶのも楽しいんだね。

『 タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく 』より Houayxai, Bokeo, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ, ボケオ

  • エピソード・口コミ(11)

    2017.02.02 に訪問

    フアイサイの街は、国境を超えるだけで通り過ぎて行く人も多いらしいけれど。 街はコンパクトでとっても穏やかで、あのレンテン族にも会いにいきやすい!!ので、是非一泊してしてみてほしいです :)

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    Ban Nam Chang って書いてる。 「破」みたいな感じがNam. 「像」がChang. 「村」はBan. レンテン族は中国から来た民族なので漢字由来なのです。 おじさんたちに「日本人だ」と言うと地面に漢字で書いてくれた。 男の人は読み書きできるらしいのだけど、女の人はできないんだって。 で、若い人ももう学校でラオス語を習うから漢字は読み書きできないんだって。

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    洗濯物バシャバシャ。

    最終更新:2017.06.26 09:20
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    女性グループでなにやら作業していたのでしばし見学。 絡んだ糸をほぐしている。 へ〜、こうやって大勢で共同作業するんだ。

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    さて、そろそろお暇します。 写真は一番英語が堪能だった大学生でいろいろ教えてくれた子。 たまたまお兄ちゃんの婚礼で里帰り中だったんだって。

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    フアイサイからトゥクトゥクで20分くらいでバン・ナムチャンBan Nam Chang っていうレンテン族の住む村。 (残念ながら地図には反映されません。。3号線を東北方面へ進んだところ) レンテン族、と一口に言っても、集落はいろんなところに点在しているらしい。 この村はフアイサイの街中から近かったので行きやすくて良かった。

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    手すきの紙を干していた。

    最終更新:2017.06.26 09:19
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    早速民族衣装を着たレンテン族のおばちゃま! インディゴ染めの匂いがする。 レンテン族が日本で有名になったのは、谷由起子さんという方が、現地の人と一緒に製作に携わって、ラオスの手仕事を日本に紹介してくれたおかげだと思う。

    最終更新:2017.06.26 09:20
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    竹の壁とコンクリートブロックのコンビ!

    最終更新:2017.06.26 09:20
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    2017.02.02 に訪問

    暖かくて明るい外でチクチク。 レンテン族といえば独特な刺繍で有名。 コースターなどに素朴な刺繍がしてあったりするのだけど、作る人によってデザインが全然違うみたい。 だから選ぶのも楽しいんだね。

    最終更新:2017.06.26 09:20
    旅行記 『タイとの国境の街ラオス、フアイサイ/レンテン族に会いにゆく』 より
    Houayxai, Bokeoを含む旅行記一覧 Houayxai, Bokeoを含む旅行記一覧

    Houayxai, Bokeoを含む旅行記一覧 トップへ