Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)の口コミ情報と旅行記、Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)までの行き方や地図をまとめています。Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)の他にも香川県、 日本のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)|【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!(HBさん)
HB

Lee U-Fan museum. 2日目は、父たっての希望の「李禹煥美術館」からスタート。李禹煥初の個人美術館です。宿泊していたベネッセハウスから出て車ですぐのところにあります。駐車場から美術館までも近接していますが、急な階段しかないのでベビーカーや車いすの方はちょっと回り道をしなくてはいけないかも…。館内もかなり狭いので注意が必要です。 この美術館も、李禹煥と安藤忠雄建築のコラボレーション。どの作品をどのように配置するか相談を重ねながら作られたそうです。

『 【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう! 』より Lee Ufan Museum (李禹煥美術館), 香川県

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)|【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!(HBさん) - 02
HB

入場口前にも無料で楽しめる作品が数点設置されています。こちらは「関係項-休息または巨人の杖」。自然の川の流れによって丸く削られた直径約1.3メートルの自然石と、緩やかな曲線を描いた長さ3.8メートルの鉄の棒で構成されています。

『 【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう! 』より Lee Ufan Museum (李禹煥美術館), 香川県, 香川県

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)|【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!(HBさん) - 03
HB

入口に向かうまでは、安藤忠雄建築らしいコンクリートで構成された、まるで迷路のような通路を進みます。なお、入場後、館内は撮影禁止です。ログブック第4弾では「地中美術館」に向かいます。

『 【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう! 』より Lee Ufan Museum (李禹煥美術館), 香川県, 香川県, 香川県

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)|【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!(HBさん) - 04
HB

「関係項-対話」「関係項-休息または巨人の杖」を臨んで。

『 【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう! 』より Lee Ufan Museum (李禹煥美術館), 香川県, 香川県, 香川県, 香川県

Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)(香川県, 日本)|【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!(HBさん) - 05
HB

「関係項-点線面」。高さはおよそ18m。

『 【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう! 』より Lee Ufan Museum (李禹煥美術館), 香川県, 香川県, 香川県, 香川県, 香川県

  • ギャラリー
  • 美術館・博物館
住所 字倉浦1390
電話番号 +81 87-892-3754
URL http://benesse-artsite.jp/art/lee-ufan.html

  • エピソード・口コミ(5)

    2017.01.04 に訪問

    Lee U-Fan museum. 2日目は、父たっての希望の「李禹煥美術館」からスタート。李禹煥初の個人美術館です。宿泊していたベネッセハウスから出て車ですぐのところにあります。駐車場から美術館までも近接していますが、急な階段しかないのでベビーカーや車いすの方はちょっと回り道をしなくてはいけないかも…。館内もかなり狭いので注意が必要です。 この美術館も、李禹煥と安藤忠雄建築のコラボレーション。どの作品をどのように配置するか相談を重ねながら作られたそうです。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!』 より
    2017.01.04 に訪問

    入場口前にも無料で楽しめる作品が数点設置されています。こちらは「関係項-休息または巨人の杖」。自然の川の流れによって丸く削られた直径約1.3メートルの自然石と、緩やかな曲線を描いた長さ3.8メートルの鉄の棒で構成されています。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!』 より
    2017.01.04 に訪問

    入口に向かうまでは、安藤忠雄建築らしいコンクリートで構成された、まるで迷路のような通路を進みます。なお、入場後、館内は撮影禁止です。ログブック第4弾では「地中美術館」に向かいます。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!』 より
    2017.01.04 に訪問

    「関係項-対話」「関係項-休息または巨人の杖」を臨んで。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!』 より
    2017.01.04 に訪問

    「関係項-点線面」。高さはおよそ18m。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『【直島③】直島でアート三昧!島全体に点在する安藤建築とアートを楽しもう!』 より
    Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)を含む旅行記一覧 Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)を含む旅行記一覧

    Lee Ufan Museum (李禹煥美術館)を含む旅行記一覧 トップへ