Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

茨木春日丘教会(光の教会)

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)の口コミ情報と旅行記、茨木春日丘教会(光の教会)までの行き方や地図をまとめています。茨木春日丘教会(光の教会)の他にも大阪府、 日本のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)|【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る(HBさん)
HB

こちらが有名な「光の教会」礼拝堂です。 予算のない中、信者たちの信仰心をいかに高めさせるか考え抜かれて作られた箱型の教会。スリットから注ぎ込む光による十字架が見事です。 予算不足で一時は屋根なしで完成という事になりそうでしたが、寄付によりなんとか屋根もつき、現在のような形になったそうです。 著書によると「また寄付が貯まって屋根が作れるようになるまで、みんなで傘をさして礼拝を行えばいいじゃないかと提案したところ、全員から猛反対を受けた(苦笑)」とありましたw 設計したものの、作ってくれる会社が現れなかったり、作業員がトラックに乗ったものの、現場で支払われる賃金が安いため、別の現場に向かわれてしまい作業が進まなかったなどなど…苦労もたくさんあり、「もう完成しないんじゃないか」と思ったことが何度もあったそうですが、今は世界中から観光客が訪れる教会となりました。

『 【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る 』より 茨木春日丘教会(光の教会), 大阪府

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)|【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る(HBさん) - 04
HB

礼拝堂とホールの間にある休憩スペース。

『 【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る 』より 茨木春日丘教会(光の教会), 大阪府, 大阪府

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)|【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る(HBさん) - 02
HB

To the Ibaraki Kasugaoka Church by Tadao Ando. 見学時間ギリギリとなってしまいましたが、長年行きたかった「光の教会」へ。近隣に駐車場がなく、あっても駐車スペースが少ないため満車…。そのためかなり歩くことになり、予定が狂ってしまいました。中国や韓国からの観光客がとても多くて驚きました。何もない住宅街なので、流しのタクシーは期待できず、見学者はタクシーを貸し切り、近くで待ってもらっているようでした。 見学は、HPから予約した人のみ。受付でお金を支払い、見学します。葬儀などの突発的な出来事により見学できないこともあるので、わざわざ観に行く場合は、万が一のため少し日程に余裕があった方が良いかもしれません。 写真は、礼拝堂建設から10年後に建築された「教会ホール」(安藤氏は「日曜学校」と呼んでいるそうです)。

『 【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る 』より 茨木春日丘教会(光の教会), 大阪府, 大阪府, 大阪府

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)|【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る(HBさん) - 03
HB

『 【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る 』より 茨木春日丘教会(光の教会), 大阪府, 大阪府, 大阪府, 大阪府

茨木春日丘教会(光の教会)(大阪府, 日本)|【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る(HBさん) - 05
HB

外観から観ただけでは、内部の様子は想像出来ません。ぜひ、実際に訪れてみてください! 香川から合流してくれた実家チームとはここで解散。私たちはレンタカーで空港へ。彼らは車で実家へと向かいました。親子孫、三世代旅行、第2弾もとても楽しい旅となりました^ ^ またみんなで、どこかへ。

『 【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る 』より 茨木春日丘教会(光の教会), 大阪府, 大阪府, 大阪府, 大阪府, 大阪府

  • 教会
住所 北春日丘4丁目3-50

  • エピソード・口コミ(5)

    2017.04.02 に訪問

    こちらが有名な「光の教会」礼拝堂です。 予算のない中、信者たちの信仰心をいかに高めさせるか考え抜かれて作られた箱型の教会。スリットから注ぎ込む光による十字架が見事です。 予算不足で一時は屋根なしで完成という事になりそうでしたが、寄付によりなんとか屋根もつき、現在のような形になったそうです。 著書によると「また寄付が貯まって屋根が作れるようになるまで、みんなで傘をさして礼拝を行えばいいじゃないかと提案したところ、全員から猛反対を受けた(苦笑)」とありましたw 設計したものの、作ってくれる会社が現れなかったり、作業員がトラックに乗ったものの、現場で支払われる賃金が安いため、別の現場に向かわれてしまい作業が進まなかったなどなど…苦労もたくさんあり、「もう完成しないんじゃないか」と思ったことが何度もあったそうですが、今は世界中から観光客が訪れる教会となりました。

    最終更新:2018.08.09 11:19
    旅行記 『【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る』 より
    2017.04.02 に訪問

    礼拝堂とホールの間にある休憩スペース。

    最終更新:2018.03.16 11:52
    旅行記 『【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る』 より
    2017.04.02 に訪問

    To the Ibaraki Kasugaoka Church by Tadao Ando. 見学時間ギリギリとなってしまいましたが、長年行きたかった「光の教会」へ。近隣に駐車場がなく、あっても駐車スペースが少ないため満車…。そのためかなり歩くことになり、予定が狂ってしまいました。中国や韓国からの観光客がとても多くて驚きました。何もない住宅街なので、流しのタクシーは期待できず、見学者はタクシーを貸し切り、近くで待ってもらっているようでした。 見学は、HPから予約した人のみ。受付でお金を支払い、見学します。葬儀などの突発的な出来事により見学できないこともあるので、わざわざ観に行く場合は、万が一のため少し日程に余裕があった方が良いかもしれません。 写真は、礼拝堂建設から10年後に建築された「教会ホール」(安藤氏は「日曜学校」と呼んでいるそうです)。

    最終更新:2018.03.16 11:52
    旅行記 『【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る』 より
    2017.04.02 に訪問

    外観から観ただけでは、内部の様子は想像出来ません。ぜひ、実際に訪れてみてください! 香川から合流してくれた実家チームとはここで解散。私たちはレンタカーで空港へ。彼らは車で実家へと向かいました。親子孫、三世代旅行、第2弾もとても楽しい旅となりました^ ^ またみんなで、どこかへ。

    最終更新:2018.03.16 11:52
    旅行記 『【大阪②子連れ旅行】大阪で安藤忠男建築を巡る』 より
    茨木春日丘教会(光の教会)を含む旅行記一覧 茨木春日丘教会(光の教会)を含む旅行記一覧

    茨木春日丘教会(光の教会)を含む旅行記一覧 トップへ