Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

登別伊達時代村

登別伊達時代村(北海道, 日本)の口コミ情報と旅行記、登別伊達時代村までの行き方や地図をまとめています。登別伊達時代村の他にも北海道、 日本のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

華やかな花魁の美しい舞と江戸時代の殿様の優雅な遊びの文化を知ることができる花魁ショーです。一日に何度か行われておりますので、ショーの時間に合わせて見学に訪れるのが良いかと思います。 そして殿様を演じるのは、なんと観客の中の男性から選ばれます。 皆さんも是非立候補してみたらいかがでしょうか。 ショーが終わったらおひねり(チップ)を紙に包み舞台に投げ入れることになっております。(もちろん任意のものです。)

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

熊さん長屋と呼ばれるところです。 ここは江戸時代の庶民の代表的な集合住宅を当時の様子をそのままにリアルに再現しています。 長屋は各家庭一部屋しかないのが普通でトイレは共同でした。 とても狭く大変だったことを想像しますが住んでいた人々はとても明るい表情をしております。 今では関係が薄くなっているご近所の付き合いというのがこの時代は濃厚にあったのでしょう。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

札幌から高速道路をつかい約2時間30分かけ登別伊達時代村に到着しました。 ここは江戸時代の文化、建物を模倣したテーマパークで英語では忍者パークとして知られております。 北海道は歴史が新しいので武士(侍)や忍者、お城の文化をみるという観光地は少ないですが、ここにくれば外国人が思い描く日本を見ることができます。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

時代村の入口から商店街を抜けると園内には池、東屋、太鼓橋があります。 忍者迷路、茶屋、忍者屋敷等の各種アトラクション、そしてかつての長屋街、火の見やぐらがあります。 気分は江戸時代の町人になること間違いなし。 晴れの日には池の周りでのんびり日向ぼっこも良いと思います。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

商店街です。お店の店員が全員江戸時代の町人の恰好をしているため雰囲気があります。 販売しているものは江戸時代らしくお茶、お団子、せんべい、忍者グッツ、侍の刀等です。 商店街の中には小さなミュージアムがいくつかあり忍者の歴史、武士の歴史等を学ぶことができます。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 07
Yuichi Kudo

時代村内に武士の甲冑を見つけました。 カッコイイ。 各武家によって鎧の形も家紋も違い、また武将のクラスによっても鎧が違います。 お気に入りの鎧を見つけるのも面白いかもしれません。 世界的に有名なガンダムは日本の鎧の姿からインスパイアされたというから驚きですよね。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道

登別伊達時代村(北海道, 日本)|北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

江戸時代、中層以上の商家などは表通りに独立した店を構えていたが、それ以外の町人、職人などはほとんどが裏町の長屋に借家住まいでした。 大名屋敷の敷地内にも長屋が造られ、家臣らを住まわせたと言われています。 長屋は特に江戸時代に多く、裏町に見られた長屋は落語や川柳の格好の題材になっています。

『 北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅 』より 登別伊達時代村, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道, 北海道

  • 史跡
  • テーマパーク
住所 中登別町53-1
電話番号 +81 143-83-3311
URL http://edo-trip.jp

  • エピソード・口コミ(7)

    2016.12.04 に訪問

    華やかな花魁の美しい舞と江戸時代の殿様の優雅な遊びの文化を知ることができる花魁ショーです。一日に何度か行われておりますので、ショーの時間に合わせて見学に訪れるのが良いかと思います。 そして殿様を演じるのは、なんと観客の中の男性から選ばれます。 皆さんも是非立候補してみたらいかがでしょうか。 ショーが終わったらおひねり(チップ)を紙に包み舞台に投げ入れることになっております。(もちろん任意のものです。)

    最終更新:2017.07.12 01:45
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    熊さん長屋と呼ばれるところです。 ここは江戸時代の庶民の代表的な集合住宅を当時の様子をそのままにリアルに再現しています。 長屋は各家庭一部屋しかないのが普通でトイレは共同でした。 とても狭く大変だったことを想像しますが住んでいた人々はとても明るい表情をしております。 今では関係が薄くなっているご近所の付き合いというのがこの時代は濃厚にあったのでしょう。

    最終更新:2017.07.05 16:16
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    札幌から高速道路をつかい約2時間30分かけ登別伊達時代村に到着しました。 ここは江戸時代の文化、建物を模倣したテーマパークで英語では忍者パークとして知られております。 北海道は歴史が新しいので武士(侍)や忍者、お城の文化をみるという観光地は少ないですが、ここにくれば外国人が思い描く日本を見ることができます。

    最終更新:2017.07.05 16:16
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    時代村の入口から商店街を抜けると園内には池、東屋、太鼓橋があります。 忍者迷路、茶屋、忍者屋敷等の各種アトラクション、そしてかつての長屋街、火の見やぐらがあります。 気分は江戸時代の町人になること間違いなし。 晴れの日には池の周りでのんびり日向ぼっこも良いと思います。

    最終更新:2017.07.06 04:29
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    商店街です。お店の店員が全員江戸時代の町人の恰好をしているため雰囲気があります。 販売しているものは江戸時代らしくお茶、お団子、せんべい、忍者グッツ、侍の刀等です。 商店街の中には小さなミュージアムがいくつかあり忍者の歴史、武士の歴史等を学ぶことができます。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    時代村内に武士の甲冑を見つけました。 カッコイイ。 各武家によって鎧の形も家紋も違い、また武将のクラスによっても鎧が違います。 お気に入りの鎧を見つけるのも面白いかもしれません。 世界的に有名なガンダムは日本の鎧の姿からインスパイアされたというから驚きですよね。

    最終更新:2017.07.05 16:16
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    2016.12.04 に訪問

    江戸時代、中層以上の商家などは表通りに独立した店を構えていたが、それ以外の町人、職人などはほとんどが裏町の長屋に借家住まいでした。 大名屋敷の敷地内にも長屋が造られ、家臣らを住まわせたと言われています。 長屋は特に江戸時代に多く、裏町に見られた長屋は落語や川柳の格好の題材になっています。

    最終更新:2017.06.26 08:54
    旅行記 『北海道でも侍・忍者に会える!?登別・白老の旅』 より
    登別伊達時代村を含む旅行記一覧 登別伊達時代村を含む旅行記一覧

    登別伊達時代村を含む旅行記一覧 トップへ