Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

安居渓谷

安居渓谷(高知県, 日本)の口コミ情報と旅行記、安居渓谷までの行き方や地図をまとめています。安居渓谷の他にも高知県、 日本のおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん)
HB

陽が差し込んだときの水晶淵。鮮やかなブルーに目が奪われます。 日により、時間により、二度と同じブルーが見られることはありません。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 04
HB

浅めのところでも、午前中は美しいブルーが見られました。子どもたちは「水晶淵」よりも手前で遊んでいることが多かったです。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 09
HB

かなりグネグネと蛇行する山道を進み、ようやく安居渓谷にたどり着きました! 仁淀ブルーが見られる時間帯は限られているので、急ぎ足で進みます。 だいたい午前中から午後イチくらいが最も美しいということなので、あまりのんびりはできません。 「宝来荘」駐車場に車を停め、そこからは徒歩で向かいます。 「にこ淵」よりはアクセスが良いようですが、道になっていないところもあり、子連れでは「水晶淵」が良いかと思います。 幼い子どもを抱っこして行けないこともありませんが、水の近くという事もあり、つるつると滑るので、基本的には手を引くと自分で歩けるくらいの年齢になってからの方がいいかなと思います。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 07
HB

さて、お盆にふたたび仁淀ブルーを堪能しにリベンジ。今度は泳げるかな、と全員水着で挑みます。リーフシューズ、バスタオル、水遊びグッズ、浮き輪などなどを揃えて。 8月とはいえども清流を侮っていました…水はかなり冷たく、寒さに負けず泳いだのは私だけという結果になりました…。 ウェットスーツで泳いでいた方もいりっしゃっいましたが、確かに多少面倒でもウェットスーツの方が良いかもしれません。 加工なしでこの青さ!子どもたちも「きれいだねー」と喜んでいました。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 02
HB

淵までやってきました。底にはもちろん足はつかないので、浮き輪を持って。 ちなみに、宝来荘に宿泊していない場合は、水着に着替えるのは車内になります。 また、ブヨやヤブ蚊も水場なのでたくさんいます。虫除けはお忘れなく!

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 05
HB

午後近くなるとブルーというよりグリーンがかった色に。これもまた美しいです。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 03
HB

この上には砂防ダムがあり、透き通った水が、流れ落ちて来ています。薮が険しく、上からなかなかダムの様子は見られないのですが…。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 06
HB

バタバタと泳いで、淵の方まで。水が美しすぎて、神聖な気持ちになります。左方向、黒い点が私ですw

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 08
HB

「きれいだねー」と川の水を見ながら進みますが、「水晶淵」の「仁淀ブルー」とは全然違うとのこと。 歩道があるところもありますが、山道なので滑りにくい靴がマスト!

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

安居渓谷(高知県, 日本)|【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!(HBさん) - 10
HB

途中かなり「これ道!?」みたいなところも通りつつ、なんとかたどり着きました! 確かに美しい!5月でも肌寒い事もあり、この時は誰も泳いではいませんでした。足をつけてみましたが、かなり冷たい!子どもは元気なもので、バシャバシャと水で遊んでいました。 川底は尖った石がたくさんあるので、再訪した時はリーフシューズを持参しました。

『 【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう! 』より 安居渓谷, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県, 高知県

住所 仁淀川町大屋

  • エピソード・口コミ(13)

    2017.05.02 に訪問

    陽が差し込んだときの水晶淵。鮮やかなブルーに目が奪われます。 日により、時間により、二度と同じブルーが見られることはありません。

    最終更新:2018.02.14 12:07
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.05.02 に訪問

    かなりグネグネと蛇行する山道を進み、ようやく安居渓谷にたどり着きました! 仁淀ブルーが見られる時間帯は限られているので、急ぎ足で進みます。 だいたい午前中から午後イチくらいが最も美しいということなので、あまりのんびりはできません。 「宝来荘」駐車場に車を停め、そこからは徒歩で向かいます。 「にこ淵」よりはアクセスが良いようですが、道になっていないところもあり、子連れでは「水晶淵」が良いかと思います。 幼い子どもを抱っこして行けないこともありませんが、水の近くという事もあり、つるつると滑るので、基本的には手を引くと自分で歩けるくらいの年齢になってからの方がいいかなと思います。

    最終更新:2018.07.25 16:10
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    浅めのところでも、午前中は美しいブルーが見られました。子どもたちは「水晶淵」よりも手前で遊んでいることが多かったです。

    最終更新:2018.02.17 15:05
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    さて、お盆にふたたび仁淀ブルーを堪能しにリベンジ。今度は泳げるかな、と全員水着で挑みます。リーフシューズ、バスタオル、水遊びグッズ、浮き輪などなどを揃えて。 8月とはいえども清流を侮っていました…水はかなり冷たく、寒さに負けず泳いだのは私だけという結果になりました…。 ウェットスーツで泳いでいた方もいりっしゃっいましたが、確かに多少面倒でもウェットスーツの方が良いかもしれません。 加工なしでこの青さ!子どもたちも「きれいだねー」と喜んでいました。

    最終更新:2018.05.08 21:14
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    淵までやってきました。底にはもちろん足はつかないので、浮き輪を持って。 ちなみに、宝来荘に宿泊していない場合は、水着に着替えるのは車内になります。 また、ブヨやヤブ蚊も水場なのでたくさんいます。虫除けはお忘れなく!

    最終更新:2018.02.14 12:08
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    午後近くなるとブルーというよりグリーンがかった色に。これもまた美しいです。

    最終更新:2018.02.17 15:05
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.05.02 に訪問

    「きれいだねー」と川の水を見ながら進みますが、「水晶淵」の「仁淀ブルー」とは全然違うとのこと。 歩道があるところもありますが、山道なので滑りにくい靴がマスト!

    最終更新:2018.02.10 03:53
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.05.02 に訪問

    途中かなり「これ道!?」みたいなところも通りつつ、なんとかたどり着きました! 確かに美しい!5月でも肌寒い事もあり、この時は誰も泳いではいませんでした。足をつけてみましたが、かなり冷たい!子どもは元気なもので、バシャバシャと水で遊んでいました。 川底は尖った石がたくさんあるので、再訪した時はリーフシューズを持参しました。

    最終更新:2018.02.10 03:53
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    この上には砂防ダムがあり、透き通った水が、流れ落ちて来ています。薮が険しく、上からなかなかダムの様子は見られないのですが…。

    最終更新:2018.02.17 15:05
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    2017.08.16 に訪問

    バタバタと泳いで、淵の方まで。水が美しすぎて、神聖な気持ちになります。左方向、黒い点が私ですw

    最終更新:2018.02.17 15:05
    旅行記 『【高知③子連れ旅行】日本一の清流で奇跡の「仁淀ブルー」を体験しよう!』 より
    安居渓谷を含む旅行記一覧 安居渓谷を含む旅行記一覧

    安居渓谷を含む旅行記一覧 トップへ