Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

トレド通り(Via Toledo)

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)の口コミ情報と旅行記、トレド通り(Via Toledo)までの行き方や地図をまとめています。トレド通り(Via Toledo)の他にもカンパニア、 イタリアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 02
Vincenza Vicky Maione (美貴)

上がれば上がるほど、海の代わりに土の色が来ます。そういうわけで、壁も黄土色、デコレーションもテラコッタ色です。 最後の階段を上ったら綺麗なモザイクです。 それで、土の上に深夜があるから壁は黒に変わって、星みたいなレッドで一杯であります。 トレード通りを散策するとき、この駅はお勧めです~

『 Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」 』より トレド通り(Via Toledo), カンパニア

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん)
Vincenza Vicky Maione (美貴)

エスカレータを上りながら、天井からとっても青い光が降りてきます。 頭を上げて、深そうなトンネルから素晴しい青い光だと気づきました。 あの天窓は見ないと残念ですよね。

『 Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」 』より トレド通り(Via Toledo), カンパニア

トレド通り(Via Toledo)(カンパニア, イタリア)|Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」(Vincenza Vicky Maione (美貴)さん) - 03
Vincenza Vicky Maione (美貴)

3停車駅.Toledo(トレード駅) トレード駅はナポリのショッピングや観光でずっとにぎやかなトレード通りにあります。 名前は、1500年代にナポリを20年間指導したスペイン人の総督のPedro da Toledo(トレードからのペドロ)から来ます。トレード総督は、ナポリを開発させたおかげでナポリの歴史に関して間違えなく大事な人物であります。 トレード通りを歩くと、ウンベルト1世のアーケード、素敵な服屋さん(H&M, Zara, Pull and Bearなど)、伝統的なレストラン(Nennellaは有名)、プレビシート広場にあるブルボン家の王宮パレース、San Carlo劇場、Nuovo城や、遠くに海とヴェズヴィウス火山の素敵な景色も見えます。 駅から反対の方に行くと、Dante広場になります。 この駅の言いたいことは、綺麗より、広さでビックリさせるということです。私だけじゃなく、他の乗車も頭を上げて高い天井とその青い光を観察していたから。 この駅はDaily Telegraphという雑誌によると、ヨーロッパの一番魅力的な駅の一つだとWikipediaにそう書いてあります!!! 建築家は、スペイン人のÓscar Tusquetsです。工事中に、Toledo総督時代の遺跡も発見されたそうです。その遺跡が、スペインのアラゴン家に建設させられた壁や、ローマ時代からのあるものも見つかりました。 駅を出たら、William Kentridgeさんの「トレードの騎士」という近代的な像です。 この駅のデザインはナポリの海が基準です。 一番深いとこは、壁も青いし、天井もレッド光も青っぽいし、エスカレータの手摺も波の形にしています。 なお、エスカレータを上る前に長い道路を歩かなければなりません。あそこの壁には海の絵がありますが、その絵を動いてじろじろすると、波も動くとビックリ! 開催は2013年9月18日でした。

『 Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」 』より トレド通り(Via Toledo), カンパニア

  • レディース
住所 Via Toledo

  • エピソード・口コミ(3)

    2014.01.23 に訪問

    エスカレータを上りながら、天井からとっても青い光が降りてきます。 頭を上げて、深そうなトンネルから素晴しい青い光だと気づきました。 あの天窓は見ないと残念ですよね。

    最終更新:2017.06.26 03:01
    旅行記 『Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」』 より
    2014.01.23 に訪問

    上がれば上がるほど、海の代わりに土の色が来ます。そういうわけで、壁も黄土色、デコレーションもテラコッタ色です。 最後の階段を上ったら綺麗なモザイクです。 それで、土の上に深夜があるから壁は黒に変わって、星みたいなレッドで一杯であります。 トレード通りを散策するとき、この駅はお勧めです~

    最終更新:2017.06.26 03:01
    旅行記 『Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」』 より
    2014.01.23 に訪問

    3停車駅.Toledo(トレード駅) トレード駅はナポリのショッピングや観光でずっとにぎやかなトレード通りにあります。 名前は、1500年代にナポリを20年間指導したスペイン人の総督のPedro da Toledo(トレードからのペドロ)から来ます。トレード総督は、ナポリを開発させたおかげでナポリの歴史に関して間違えなく大事な人物であります。 トレード通りを歩くと、ウンベルト1世のアーケード、素敵な服屋さん(H&M, Zara, Pull and Bearなど)、伝統的なレストラン(Nennellaは有名)、プレビシート広場にあるブルボン家の王宮パレース、San Carlo劇場、Nuovo城や、遠くに海とヴェズヴィウス火山の素敵な景色も見えます。 駅から反対の方に行くと、Dante広場になります。 この駅の言いたいことは、綺麗より、広さでビックリさせるということです。私だけじゃなく、他の乗車も頭を上げて高い天井とその青い光を観察していたから。 この駅はDaily Telegraphという雑誌によると、ヨーロッパの一番魅力的な駅の一つだとWikipediaにそう書いてあります!!! 建築家は、スペイン人のÓscar Tusquetsです。工事中に、Toledo総督時代の遺跡も発見されたそうです。その遺跡が、スペインのアラゴン家に建設させられた壁や、ローマ時代からのあるものも見つかりました。 駅を出たら、William Kentridgeさんの「トレードの騎士」という近代的な像です。 この駅のデザインはナポリの海が基準です。 一番深いとこは、壁も青いし、天井もレッド光も青っぽいし、エスカレータの手摺も波の形にしています。 なお、エスカレータを上る前に長い道路を歩かなければなりません。あそこの壁には海の絵がありますが、その絵を動いてじろじろすると、波も動くとビックリ! 開催は2013年9月18日でした。

    最終更新:2017.06.26 03:01
    旅行記 『Le stazioni dell’arte di Napoli・ナポリ市の「美術の駅」』 より
    トレド通り(Via Toledo)を含む旅行記一覧 トレド通り(Via Toledo)を含む旅行記一覧

    トレド通り(Via Toledo)を含む旅行記一覧 トップへ