Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

オルヴィエート(Orvieto)

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)の口コミ情報と旅行記、オルヴィエート(Orvieto)までの行き方や地図をまとめています。オルヴィエート(Orvieto)の他にもウンブリア、 イタリアのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|トスカーナとウンブリア(トモテラさん)
トモテラ

オルヴィエートです。街は丘の上なので、駅からケーブルカーに乗車。

『 トスカーナとウンブリア 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|トスカーナとウンブリア(トモテラさん) - 02
トモテラ

街は断崖絶壁にあって、城壁に囲まれています。

『 トスカーナとウンブリア 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|天空の街オルヴィエート滞在の旅(Yuichi Kudoさん) - 08
Yuichi Kudo

オルヴィエート旧市街からの眺めです。 緑の大地から盛り上がった崖に広がる町並みはまさに絶景で、日本でも雑誌やテレビで紹介されるほどです。 そして、イタリア有数の白ワイン「オルヴィエート・クラッシコ」を産出するブドウ畑と凝灰岩の街が一緒に見渡せるナイスなスポットもあるのですよ。 本日は早めにホテルに入ります。

『 天空の街オルヴィエート滞在の旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

次に向かったのが天空都市として近年日本人にも人気の城砦都市オルビエートです。 オルヴィエートの町は、断崖絶壁の丘の上に広がっており、鉄道でオルヴィエート駅に到着した後、ケーブルカーに乗って旧市街に向かいます。 1車両のみの小さな赤いケーブルカーは、観光客を乗せてゆっくりと登るんですよ。

『 イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|トスカーナとウンブリア(トモテラさん) - 03
トモテラ

チヴィタからの帰り道、オルヴィエートの街が見えました。

『 トスカーナとウンブリア 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|天空の街オルヴィエート滞在の旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

いよいよオルヴィエートを後にしローマに戻ります。 来たときと同様ケーブルカーに乗りその後電車に乗り継ぎローマへ。 復路の航空機出発まで時間があったため、ローマにて少し見学をし空港に向かいました。 今回は本当のオルヴィエートだけの旅となりました。 毎日ビックリすることはなかったものの、とても平和で安定しリラックスすることができたツアーです。 オルヴィエート・また来たいと思います。

『 天空の街オルヴィエート滞在の旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|天空の街オルヴィエート滞在の旅(Yuichi Kudoさん) - 12
Yuichi Kudo

実はオルヴィエートのドゥオモはすごく有名で、ミラノ、シエナの大聖堂と並び、イタリア3大ゴシック建築に数えられるほどです。小さな町と不釣り合いなほど荘厳で、見る人を圧倒します。 細かな細工と金色に輝くモザイクが空高くそびえています。 教会内部のフレスコ画やパイプオルガンも圧巻なので、ぜひ教会内にも入ることをお勧めします。

『 天空の街オルヴィエート滞在の旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|天空の街オルヴィエート滞在の旅(Yuichi Kudoさん) - 13
Yuichi Kudo

街中は中世の雰囲気そのままで、タイムスリップしたような錯覚に捕らわれます。 繰り返しになりますが、治安は本当に良いので住んだように旅することができるのが一番のメリットではないかと考えます。 本日はオルヴィエート初日のため、まずは旧市街中をうろうろしてみました。

『 天空の街オルヴィエート滞在の旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

街の散策に浸かれたのでカフェに入り休憩です。 それにしても連泊をすればこのような素敵な街で自分のお気に入りのカフェ、パン屋、レストランを探すことができるんですね。 なんという贅沢な旅となることでしょう。 その街に暮らすようにする旅。。はまりそうです。 翌日オルビエートを後にしローマまで戻ります。 その後ローマからアリタリア航空に乗り帰国となりました。

『 イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

オルヴィエート(Orvieto)(ウンブリア, イタリア)|天空の街オルヴィエート滞在の旅(Yuichi Kudoさん) - 09
Yuichi Kudo

旧市街の下に沢山存在する洞窟は冷んやりしていて不思議な雰囲気です。 イタリア語ガイドさんのツアーと英語ガイドさんのツアーがあるので、英語を選ぶのがおすすめです。 オルヴィエート旧市街の下は実は地下洞窟だらけなんです。 ほとんどが個人所有で現在見学ツアーで入れるのは2つの洞窟のみだそう。 不思議な体験となります。是非楽しんでみてください。

『 天空の街オルヴィエート滞在の旅 』より オルヴィエート(Orvieto), ウンブリア

  • 散策
  • 歴史的名所
  • 史跡

  • エピソード・口コミ(42)

    2010.09.16 に訪問

    オルヴィエートです。街は丘の上なので、駅からケーブルカーに乗車。

    最終更新:2016.10.22 03:13
    旅行記 『トスカーナとウンブリア』 より
    2010.09.16 に訪問

    街は断崖絶壁にあって、城壁に囲まれています。

    最終更新:2016.10.17 19:41
    旅行記 『トスカーナとウンブリア』 より
    2012.07.02 に訪問

    オルヴィエート旧市街からの眺めです。 緑の大地から盛り上がった崖に広がる町並みはまさに絶景で、日本でも雑誌やテレビで紹介されるほどです。 そして、イタリア有数の白ワイン「オルヴィエート・クラッシコ」を産出するブドウ畑と凝灰岩の街が一緒に見渡せるナイスなスポットもあるのですよ。 本日は早めにホテルに入ります。

    最終更新:2017.05.17 01:03
    旅行記 『天空の街オルヴィエート滞在の旅』 より
    2012.07.06 に訪問

    次に向かったのが天空都市として近年日本人にも人気の城砦都市オルビエートです。 オルヴィエートの町は、断崖絶壁の丘の上に広がっており、鉄道でオルヴィエート駅に到着した後、ケーブルカーに乗って旧市街に向かいます。 1車両のみの小さな赤いケーブルカーは、観光客を乗せてゆっくりと登るんですよ。

    最終更新:2017.05.17 01:04
    旅行記 『イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅』 より
    2010.09.17 に訪問

    チヴィタからの帰り道、オルヴィエートの街が見えました。

    最終更新:2016.04.09 03:46
    旅行記 『トスカーナとウンブリア』 より
    2012.07.04 に訪問

    いよいよオルヴィエートを後にしローマに戻ります。 来たときと同様ケーブルカーに乗りその後電車に乗り継ぎローマへ。 復路の航空機出発まで時間があったため、ローマにて少し見学をし空港に向かいました。 今回は本当のオルヴィエートだけの旅となりました。 毎日ビックリすることはなかったものの、とても平和で安定しリラックスすることができたツアーです。 オルヴィエート・また来たいと思います。

    最終更新:2017.05.16 00:44
    旅行記 『天空の街オルヴィエート滞在の旅』 より
    2012.07.02 に訪問

    実はオルヴィエートのドゥオモはすごく有名で、ミラノ、シエナの大聖堂と並び、イタリア3大ゴシック建築に数えられるほどです。小さな町と不釣り合いなほど荘厳で、見る人を圧倒します。 細かな細工と金色に輝くモザイクが空高くそびえています。 教会内部のフレスコ画やパイプオルガンも圧巻なので、ぜひ教会内にも入ることをお勧めします。

    最終更新:2017.05.16 02:15
    旅行記 『天空の街オルヴィエート滞在の旅』 より
    2012.07.02 に訪問

    街中は中世の雰囲気そのままで、タイムスリップしたような錯覚に捕らわれます。 繰り返しになりますが、治安は本当に良いので住んだように旅することができるのが一番のメリットではないかと考えます。 本日はオルヴィエート初日のため、まずは旧市街中をうろうろしてみました。

    最終更新:2017.05.16 00:43
    旅行記 『天空の街オルヴィエート滞在の旅』 より
    2012.07.06 に訪問

    街の散策に浸かれたのでカフェに入り休憩です。 それにしても連泊をすればこのような素敵な街で自分のお気に入りのカフェ、パン屋、レストランを探すことができるんですね。 なんという贅沢な旅となることでしょう。 その街に暮らすようにする旅。。はまりそうです。 翌日オルビエートを後にしローマまで戻ります。 その後ローマからアリタリア航空に乗り帰国となりました。

    最終更新:2017.05.16 00:44
    旅行記 『イタリア・トスカーナ地方と周辺の田舎巡りの旅』 より
    2012.07.03 に訪問

    オルヴィエート2日目のスタートです。 近年のイタリアの旅では華やかなローマ、ミラノ、フィレンツェ、ベネチアの旅も良いですが、オルヴィエートのような中世の小さな町をゆっくりと観光する旅程が注目を集めています。 中でも国内外から人気なのがオルヴィエートです。 石畳の続く細い路地、小さな教会から時を告げる鐘の音が響き、町行く人が「チャオ~」と声をかけながら生活をしています。 懐かしい街並みは誰もを虜にする魅力を持っています。

    最終更新:2017.05.16 00:43
    旅行記 『天空の街オルヴィエート滞在の旅』 より
    オルヴィエート(Orvieto)を含む旅行記一覧 オルヴィエート(Orvieto)を含む旅行記一覧

    オルヴィエート(Orvieto)を含む旅行記一覧 トップへ