Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

イランの「一人旅」のおすすめ旅行記(ブログ)

イランの一人旅をテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。一人旅についての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

Natsumi Daizen

Natsumi Daizen

2013-09-11 - 2013-09-15 , 5days

  • 107
  • 10k+
  • 25

周りから危険だと言われたイラン。そこはやさしい人たちがたくさんいる国でした。

Yasutomo  Fujii

Yasutomo Fujii

2015-08-09 - 2015-08-14 , 6days

  • 40
  • 1925
  • 20

暑くて、茶色の街並みだっとという印象が強い小さな街。大都会が苦手な私には、これ位の規模の街がちょうど居心地が良かったかな

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-23 - 2016-07-25 , 3days

  • 31
  • 237
  • 61

行ってみて正解!世界遺産よりも人との出会いが何より素晴らしかった。 旅程 テヘラン → イスファハン → シーラーズ → マシュハド → テヘラン 計8日間のイラン旅行。

米田仁哉

米田仁哉

2016-08-10 - 2016-08-17 , 8days

  • 31
  • 159
  • 76

イマーム広場のモスクが目当て。でも、それ以外も素晴らしかった! 行く前は砂漠のイメージが強かったんですが、実際は山と農業のが充実した国で、数千年前から文明が栄えた土地だということがよくわかりました。

Yuichi Matsushita

Yuichi Matsushita

2014-08-31 - 2014-09-05 , 6days

  • 24
  • 2072
  • 24

イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

Masashi Amano

Masashi Amano

2013-11-22 - 2013-11-24 , 3days

  • 20
  • 1725
  • 20

「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回は首都テヘランと世界遺産とされているバーザールで有名なタブリーズ編をお送りします。

Natsumi Daizen

Natsumi Daizen

2013-09-15 - 2013-09-18 , 4days

  • 19
  • 5151
  • 22

危険なイメージがあるイランですが、魅力たっぷりの極普通な国です。 まさかの、イランの正月の日に到着するというハプニングもあったけど、人々は優しいし、外国人が珍しいのか、何人からwelcome to iran!との挨拶を受けることに イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-20 - 2016-03-21 , 2days

  • 18
  • 313
  • 30

5都市回ったうちで、個人的に一番好きになったシラーズ。テヘランから夜行バスで12時間ほどの場所です。 人々が話すペルシア語はゆっくりで、生活もどことなくゆったりしている感じでした

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-22 - 2016-07-24 , 3days

  • 14
  • 154
  • 59

世界一美しいモスクと称されるピンク・モスクとシラーズ市内を観光。イランは予想以上に観光資源が豊富です イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-23 - 2016-03-24 , 2days

  • 13
  • 354
  • 31

ドキドキしながら向かったイラン。緊張とは裏腹に、拍子抜けするくらい優しくて、信じられないくらい人懐っこくて、人の良いイラン人。初日から沢山助けてもらいました

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-19 - 2016-07-19 , 1days

  • 13
  • 128
  • 31

アレクスサンドロス大王により破壊された状態のままで残る、アケメネス朝ペルシアの古都ペルセポリスへ!2300年前の大都市を体感 イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-21 - 2016-03-22 , 2days

  • 12
  • 331
  • 20

イランの観光名所の一つ、エスファファーン。 ここで有名なのは、世界の半分といわれたイマーム広場。 観光客だけでなく、イラン人も多く集まりかなり広いです。 そんなイマーム広場を観光してオススメなスポットを紹介します。 特に入場料はかかりません。

Kishigami Tetsuya

Kishigami Tetsuya

2016-10-11 - 2016-10-11 , 1days

  • 6
  • 76
  • 15

イラン・ゲシュム島にあるチャークー渓谷。日本人にはなじみが薄いですが、鉄砲水が作り上げた渓谷の姿は、もはやアートに近い美しさです! The Chah-kooh Gorge is on the north-western part of the Qeshm island,Iran. This Geosite is a spectacular formation of erosion through rainstorm water. It's almost artistic!

Mayumi

Mayumi

2016-09-06 - 2016-09-06 , 1days

  • 3
  • 134
  • 21

イラン観光名所を巡る旅。 シーラズはバラの都と言われ、目玉の観光スポットはピンクモスクです。 朝早い時間に行くと、ステンドガラス越しに色鮮やかな光が差し込んできます。 また、マスレはイラン人に人気の観光地です。 アクセスが悪いところです。 アクセスがかなり悪い場所にあります。 1.テヘランの西バスターミナルからマシュドまで移動。約6時間。 2.マシュドから乗り合いタクシーを見つけてフーマンというところまで。約30分。 3.フーマンから乗り合いバスで、マスレ村まで。約30分。 マシュドからタクシーで行くことも可能ですが、高くついてしまいます。 また、土日はバスがなかったりすることもあるので、平日に行く方がアクセスしやすいと思います。

Kishigami Tetsuya

Kishigami Tetsuya

2016-10-11 - 2016-10-11 , 1days

  • 2
  • 137
  • 15

イランのシラーズにあるシャー・チェラーグ廟。“光の王”を意味するこの廟は、内部が全面鏡張りのモザイクで装飾されており、あまりのまぶしさに絶句する、この世のものとは思えないリアル万華鏡の世界です! Shah Cheragh(Shāh-é-Chérāgh ) is a funerary monument and mosque in Shiraz, Iran.Shah Cheragh is the meaning of Persian for "King of the Light". It's like a kaleidoscopic world so ethereal beauty that it's decorated by mirrors in the interior of mosque.

Mayumi

Mayumi

2016-09-03 - 2016-09-03 , 1days

  • 2
  • 278
  • 19

世界の半分と言われたイスファハン、美しい小さな街と言われたカーシャーン。本当はもっとゆっくり回りたかったのだけど、まさかの金曜礼拝+土曜祝日。日曜早朝出発だったので、観光もできず。時間の関係で急ぎ足な、不完全燃焼、しり切れとんぼ観光になってしまいました

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-26 - 2016-07-30 , 5days

  • 0
  • 143
  • 83

イランといえば歴史や文化の町。しかし、南東部のペルシャ湾に浮かぶゲシュム島は、自由貿易区として発展しながら、一方でイラン本土とは一線を画した大自然を有しています。その一つで、かつて世界遺産に登録されていたという世界最長の塩の洞窟を訪れました! Qeshm is the island in the Persian Gulf, located in southeast of Iran. This island developed as a free-trade zone in Iran. (So we don't need tourist visas within 14 days if you visit only Qeshm.) Qeshm has richly nature such as oddly-shaped rock outcroppings, mangrove wetlands, scenic beaches etc...  I visited the great world longest salt cave of "Namakdan" registered UNESCO before .

Mayumi

Mayumi

2016-09-06 - 2016-09-06 , 1days

  • 0
  • 132
  • 19
イランの「一人旅」のおすすめ旅行記(ブログ) イランの「一人旅」のおすすめ旅行記(ブログ)

イランの「一人旅」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ