Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Iran Khorasan Razavi (Iran) Travel Logs

「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

Natsumi Daizen

Natsumi Daizen

2013-09-11 - 2013-09-15 , 5days

  • 194
  • 10k+
  • 25

イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

Masashi Amano

Masashi Amano

2013-11-22 - 2013-11-24 , 3days

  • 22
  • 3260
  • 20
Khorasan Razavi (Iran) Travel Logs Khorasan Razavi (Iran) Travel Logs

Back to Top of Khorasan Razavi (Iran) Travel Logs