Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

イラン イランのおすすめ旅行・観光情報

イランの旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。イランの中の都市/エリアや、グルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

イスファハン・バザール(Bazar-e Esfahan)(エスファハーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(Natsumi Daizenさん)
Natsumi Daizen

ここはエマーム広場にあるバーザーレ・エスファハーン。観光客向けに、工芸品や絨毯屋、香辛料屋などが軒を連ねる。やはりペルシャ文化が色濃く残る、器や絨毯は本当にきれいだった。

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より イスファハン・バザール(Bazar-e Esfahan), エスファハーン

バザーレ・レザー((Reza Bazaar | بازار رضا)(ラザヴィー・ホラーサーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(Natsumi Daizenさん)
Natsumi Daizen

写真はマシュハドのおみやげ市場、バーザーレ・レザー。 マシュハド空港に着いた途端、日本人が珍しかったのか、いろんな人に声をかけられた。「イランになんで来たん?」「日本人はイランの事、どう思ってるん?」とか。それで色々親切にしてくれるけど、おっせっかい!!!(笑) あとイランのビザは日本でも確実にとることはできますが、私は空港でのアライバルビザを取得しました。空港にビザを作ることのできるカウンターがあるので、そこに並んで、必要な書類を書き込んで、現金払いで60ドルでした。このアライバルビザは15日間有効である。

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より バザーレ・レザー((Reza Bazaar | بازار رضا), ラザヴィー・ホラーサーン

マシュハド国際空港(Mashhad International Airport | فرودگاه بین المللی مشهد)(ラザヴィー・ホラーサーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(Natsum
Natsumi Daizen

LCCといえば徹底的なコストカット。機内食なんてないと思っていたところ、まさかのパンの配給!!(笑)2回の乗り継ぎで、2回ともいただきましたー!写真はサンドイッチとアップルパイ。もちろんドリンク付き。 ここは中東。オイルマネーで潤ってるからなのかなぁ。

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より マシュハド国際空港(Mashhad International Airport | فرودگاه بین المللی مشهد), ラザヴィー・ホラーサーン

マシュハド国際空港(Mashhad International Airport | فرودگاه بین المللی مشهد)(ラザヴィー・ホラーサーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(N - 03
Natsumi Daizen

LCCのJazeeraAirに乗り、エジプトのアレキサンドリアからクウェートで乗り継いで、イランのマシュハドへやってきた。

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より マシュハド国際空港(Mashhad International Airport | فرودگاه بین المللی مشهد), ラザヴィー・ホラーサーン

イスファハン・バザール(Bazar-e Esfahan)(エスファハーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(Natsumi Daizenさん) - 03
Natsumi Daizen

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より イスファハン・バザール(Bazar-e Esfahan), エスファハーン

Masjed-e Jame(エスファハーン, イラン)|危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~(Natsumi Daizenさん)
Natsumi Daizen

いよいよ世界の半分と称されているマスジェデ・エマームへ!イスラム芸術の最高峰とも言われている、この寺院はサファビィー朝時代を代表する建築物。 本当にイスラムの装飾は美しい!

『 危険?そんなことはない!ペルシャ文化に心奪われる、イランの旅~イスラムの聖地マシュハド、世界の半分エスファハーン~ 』より Masjed-e Jame, エスファハーン

イマーム・モスク(Imam Mosque | مسجد امام)(エスファハーン, イラン)|イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ)(Yuichi Matsushitaさん)
Yuichi Matsushita

こちらは金曜日のモスクの入り口。この入り口も素晴らしい。

『 イラン(テヘラン・シラーズ・イスファハン・アフワズ) 』より イマーム・モスク(Imam Mosque | مسجد امام), エスファハーン

Iran(Tehran, イラン)|死ぬまでに見たいと思ったモスク!!(Yasutomo  Fujiiさん) - 02
Yasutomo  Fujii

この天井の蜂の巣みたいなやつ、どうやって作ったんやろ?

『 死ぬまでに見たいと思ったモスク!! 』より Iran, Tehran

Iran(Tehran, イラン)|死ぬまでに見たいと思ったモスク!!(Yasutomo  Fujiiさん) - 16
Yasutomo  Fujii

これモスクなんです。シャンデリアから壁天井と鏡張りでキラキラ。

『 死ぬまでに見たいと思ったモスク!! 』より Iran, Tehran, Tehran

Iran(Tehran, イラン)|死ぬまでに見たいと思ったモスク!!(Yasutomo  Fujiiさん) - 17
Yasutomo  Fujii

天井はドーム型に高く広がった大空間。窓もあるため明るさもあり、360°広がる美しい色使いの模様を堪能しました。

『 死ぬまでに見たいと思ったモスク!! 』より Iran, Tehran, Tehran, Tehran

イランに行ったことがありますか?
イランに旅行のご予定がありますか?
イランに旅行のご予定がありますか?

イランの人気都市

イランのおすすめ旅行記(ブログ)

「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回はエマーム・レザーが代表的である、イスラムの聖地マシュハドと世界の半分と称されるモスクのあるエスファハーン編をお送りします。

Natsumi Daizen

Natsumi Daizen

2013-09-11 - 2013-09-15 , 5days

  • 126
  • 10k+
  • 25

僕は先日世界一周の旅から帰国しました。この旅の目的の一つは理科教師として生徒に教える「理科ネタ」探しです。従って、このログブックは、その為に撮った写真の中の大自然を色に焦点を当てて紹介したいと思います。

Hiroharu Zoshiki

Hiroharu Zoshiki

2013-12-04 - 2015-02-09 , 433days

  • 120
  • 6190
  • 27

「イランって日本から見て、どういうイメージ?」「なんでイランへの旅行を選んだの?」「なんで女の子一人なの?」イランでは多くの人たちからこのような質問をよくされた。行く前のイランのイメージは「戦争」「核」「危険」「敬虔なイスラム国家」っていう殺伐とした印象だった。しかしイメージはあくまでイメージにしか過ぎず、ペルシャ文化が色濃く残っており、美術品やモスクなどが美しく、人々は昼間から仲間たちとチャイを飲み、非常に穏やかな国であった。 今回は首都テヘランと世界遺産とされているバーザールで有名なタブリーズ編をお送りします。

Natsumi Daizen

Natsumi Daizen

2013-09-15 - 2013-09-18 , 4days

  • 20
  • 5442
  • 22

「イランへ行く」と言ったら、友人達がこぞって「何でそんな危険な国に行くの?」と不思議がられました。でもどの国でも自分で行って見て、食べて、話して経験して見ないことには、その国は分かりません。イランは何千年もの古い歴史があり今も人々はそれらの宗教、文化と共存しながら生きています。人々は思いの外フレンドリーで、この旅では何度も声をかけられ一緒に写真に収まりました。毎日スカーフを被らなければならないのが苦になったけど、郷に入れば郷に従えで、知られざるイランの各地を巡ってきました。

Tomoko Malaghan

Tomoko Malaghan

2015-04-30 - 2015-05-10 , 11days

  • 84
  • 4469
  • 83

イマーム広場のモスクが目当て。でも、それ以外も素晴らしかった! 行く前は砂漠のイメージが強かったんですが、実際は山と農業のが充実した国で、数千年前から文明が栄えた土地だということがよくわかりました。

Yuichi Matsushita

Yuichi Matsushita

2014-08-31 - 2014-09-05 , 6days

  • 25
  • 2169
  • 24

周りから危険だと言われたイラン。そこはやさしい人たちがたくさんいる国でした。

Yasutomo  Fujii

Yasutomo Fujii

2015-08-09 - 2015-08-14 , 6days

  • 47
  • 2032
  • 20

イラン第二の都市、マシュハドはイスラムの聖地でもある。広大なモスクにはたくさんの人が祈りを捧げていた。信仰心のない僕にも、人々の祈る姿には心打たれるものがあった。 マシュハドから寝台列車で次にヤズドに向かったのだけど、そこに出会いがあった。同じコンパートメントのイラン人の男三人と仲良くなったのだ。 彼らは英語もろくにしゃべれないのに、僕にしきりに話しかけてきて、食べ物も分けてくれた。ヤズドに着いても車で僕をホテルまで送ってくれ、さらにその中の一人が街中の案内と食事に招待してくれたのだ。 なぜこんなに親切にしてくれるのだろう?イランではこういう見返りを求めない親切に何度も出会った。今まで行った中でも好きな国の一つである。

Masashi Amano

Masashi Amano

2013-11-22 - 2013-11-24 , 3days

  • 20
  • 1816
  • 20

イランのエスファハーンは、待ちも美しく、人も親日で親切です。 イランのイメージが180度変わるぐらい素晴らしい場所です。 ただ、ご飯がイマイチでした。

Takashi Omura

Takashi Omura

2004-03-06 - 2004-03-08 , 3days

  • 1
  • 697
  • 8

In the beginning I had planned to see different from all that I knew the world, but in the end this trip was a turning point in my life, in both senses of this word

Igor Vladyka

Igor Vladyka

2014-05-26 - 2014-05-27 , 2days

  • 12
  • 623
  • 6

世界一美しいモスクと称されるピンク・モスクとシラーズ市内を観光。イランは予想以上に観光資源が豊富です イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-23 - 2016-03-24 , 2days

  • 12
  • 404
  • 31

アレクスサンドロス大王により破壊された状態のままで残る、アケメネス朝ペルシアの古都ペルセポリスへ!2300年前の大都市を体感 イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-21 - 2016-03-22 , 2days

  • 12
  • 366
  • 20

危険なイメージがあるイランですが、魅力たっぷりの極普通な国です。 まさかの、イランの正月の日に到着するというハプニングもあったけど、人々は優しいし、外国人が珍しいのか、何人からwelcome to iran!との挨拶を受けることに イランに行きたいと思った方は、こちらのビザの取り方も参考にしてください http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

George Wiltshier

George Wiltshier

2016-03-20 - 2016-03-21 , 2days

  • 18
  • 348
  • 30

イランのシラーズにあるシャー・チェラーグ廟。“光の王”を意味するこの廟は、内部が全面鏡張りのモザイクで装飾されており、あまりのまぶしさに絶句する、この世のものとは思えないリアル万華鏡の世界です! Shah Cheragh(Shāh-é-Chérāgh ) is a funerary monument and mosque in Shiraz, Iran.Shah Cheragh is the meaning of Persian for "King of the Light". It's like a kaleidoscopic world so ethereal beauty that it's decorated by mirrors in the interior of mosque.

Mayumi

Mayumi

2016-09-03 - 2016-09-03 , 1days

  • 2
  • 329
  • 19

暑くて、茶色の街並みだっとという印象が強い小さな街。大都会が苦手な私には、これ位の規模の街がちょうど居心地が良かったかな

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-23 - 2016-07-25 , 3days

  • 31
  • 280
  • 61

行ってみて正解!世界遺産よりも人との出会いが何より素晴らしかった。 旅程 テヘラン → イスファハン → シーラーズ → マシュハド → テヘラン 計8日間のイラン旅行。

米田仁哉

米田仁哉

2016-08-10 - 2016-08-17 , 8days

  • 28
  • 240
  • 76

5都市回ったうちで、個人的に一番好きになったシラーズ。テヘランから夜行バスで12時間ほどの場所です。 人々が話すペルシア語はゆっくりで、生活もどことなくゆったりしている感じでした

Atsuko Hayashi

Atsuko Hayashi

2016-07-22 - 2016-07-24 , 3days

  • 14
  • 199
  • 59

イランといえば歴史や文化の町。しかし、南東部のペルシャ湾に浮かぶゲシュム島は、自由貿易区として発展しながら、一方でイラン本土とは一線を画した大自然を有しています。その一つで、かつて世界遺産に登録されていたという世界最長の塩の洞窟を訪れました! Qeshm is the island in the Persian Gulf, located in southeast of Iran. This island developed as a free-trade zone in Iran. (So we don't need tourist visas within 14 days if you visit only Qeshm.) Qeshm has richly nature such as oddly-shaped rock outcroppings, mangrove wetlands, scenic beaches etc...  I visited the great world longest salt cave of "Namakdan" registered UNESCO before .

Mayumi

Mayumi

2016-09-06 - 2016-09-06 , 1days

  • 0
  • 184
  • 19

イラン観光名所を巡る旅。 シーラズはバラの都と言われ、目玉の観光スポットはピンクモスクです。 朝早い時間に行くと、ステンドガラス越しに色鮮やかな光が差し込んできます。 また、マスレはイラン人に人気の観光地です。 アクセスが悪いところです。 アクセスがかなり悪い場所にあります。 1.テヘランの西バスターミナルからマシュドまで移動。約6時間。 2.マシュドから乗り合いタクシーを見つけてフーマンというところまで。約30分。 3.フーマンから乗り合いバスで、マスレ村まで。約30分。 マシュドからタクシーで行くことも可能ですが、高くついてしまいます。 また、土日はバスがなかったりすることもあるので、平日に行く方がアクセスしやすいと思います。

Kishigami Tetsuya

Kishigami Tetsuya

2016-10-11 - 2016-10-11 , 1days

  • 2
  • 182
  • 15

イランのおすすめ観光スポット

イランのおすすめおすすめ宿泊施設・ホテル施設

イランのその他の人気スポット

イランのおすすめ旅行・観光情報 イランのおすすめ旅行・観光情報

イランのおすすめ旅行・観光情報 トップへ