Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

インドの「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

インドのローカルをテーマにした海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。ローカルについての旅行記をランキング、行き先別などで探しながら、自分だけの旅行プランを立てることができます。

憧れの地、ラダックを目指したインド一人旅。 チベットよりもチベット仏教が深く根付くというヒマラヤの奥地、旧ラダック王国へ。シャンティは「平和」の意味。ゆったり穏やかに。そんなシャンティな旅でした。 \チャンディーガール/ https://www.compathy.net/tripnotes/2147 \カシミール〜ダラムシャラ/ https://www.compathy.net/tripnotes/13339

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2011-09-14 - 2011-09-24 , 11days

  • 108
  • 4528
  • 60

インド北部のヒマラヤの奥地、乾いた大地が続くラダックを抜けて、スリナガルからダラムシャラまでの記録。レーで出会ったガネーシとのローカルな旅。 ラダック編:https://www.compathy.net/tripnotes/1925

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2011-09-23 - 2011-10-02 , 10days

  • 20
  • 995
  • 46

2009年と2010年に、デリー、ヴァラナシ、アグラへ旅行した。(列車で町と町を移動。) インドの印象は、人がとてもフレンドリーで活力に溢れているイメージがあり、とても魅力的だ。 旅の間中、とにかく色々な人と交流することが一番楽しくて刺激的だった。

Satoshi Abe

Satoshi Abe

2009-03-19 - 2010-05-13 , 421days

  • 11
  • 1863
  • 34

一人のだけに用意された専用車とガイド!格安なのに至れり尽くせりの北インド・世界遺産8か所周遊の旅6日間(インドは正味4日間)その現地2日目の後半戦。 正直、同じような建造物の世界遺産には飽いてきた。乾いた大地に、壮大な赤茶色の建造物と庭園。そらぁ~価値あるもんなんでしょうがね…非文化人の私には食傷気味。それに比べて、一般人民の生態と言うか暮らしぶりなんかには興味が尽きない。核兵器を持ち、先端ロケット工学に空母までもつ大国インドと、日本の戦後のバラックと変わりのない露店や貧し気に見える人民(見かけだけかもしれんが)や物売りの少年。この国の一筋縄でいかない奥深さに興味は尽きないね( 一一)

Hiroyuki  Fukagawa

Hiroyuki Fukagawa

2015-01-13 - 2015-01-13 , 1days

  • 10
  • 289
  • 24

2015年3月 インドネパール旅行 インド編 アーグラー→バラナシ バラナシではヒンドゥー教の春の祭り、ホーリー祭をむかえました。この日一日はカースト関係なく無礼講。町中の人達が色粉と水鉄砲で、はしゃぎまくり!

Daichi

Daichi

2015-03-01 - 2015-03-07 , 7days

  • 9
  • 337
  • 30

ゴアといえばインドを訪れる外国人旅行者にはリゾートとして知られていますが、聖フランシスコ・ザビエルの遺体も眠るボム・ジェズ・バシリカをはじめとする貴重なキリスト教建築が世界遺産にも登録されています。 よく間違えられますがゴアというのは町の名前ではなく州の名前です。そんなゴア州の中でいくつかの訪れてみた旅行記です。

Teramoto Itsuki

Teramoto Itsuki

2007-03-01 - 2007-03-03 , 3days

  • 9
  • 53
  • 17

LADAKH in India is a place where I loved to visit a long time. Its culture is closely related to that of Tibet. SHANTI is a word of Lakakhi, means peace. This travel was very SHANTI one.

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2011-09-10 - 2011-09-30 , 21days

  • 8
  • 838
  • 54

東日本大震災が起きた2011年3月11日。その日、私はインドにいました。バラナシのインド人から「日本で地震があったぞ」と言われたときも最初は声をかけるための誘い文句だと思いました。

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-11 - 2011-03-13 , 3days

  • 8
  • 1404
  • 34

デリー・アーグラを回った後、インド南部のムンバイ・ハンピ・エローラへ向かいました。このあたりの地域には装飾の美しい遺跡がそのままの状態で保存されていたり、大自然のつくりだした奇岩群を見ることができたり・・・インド文化の奥深さを体感しました!

Michi Tsukishima

Michi Tsukishima

2013-12-14 - 2013-12-20 , 7days

  • 7
  • 1017
  • 10

インド最大の都市ムンバイと日本ではあまり知られていない世界遺産のハンピの建造物群をめぐる旅に出ました。とても暑く、また意外と移動も長距離で大変でした。しかし見る建物はヨーロッパとはまた違い繊細で、しかしまたアジアとも違い不思議な文化の融合している国でした。

Mitsuyo Kondo

Mitsuyo Kondo

2006-04-15 - 2006-04-21 , 7days

  • 7
  • 634
  • 10

初インドで初寝台列車。列車自体は思ってたよりは快適でしたが、やはりそこはインド。スムーズに行く訳もなく、6時間の遅延、売り子に叩き起こされ、途中で切符を紛失して再発行してもらったり、なかなか大変な旅でした。また行きたいなぁ

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-05 - 2011-03-14 , 10days

  • 6
  • 2070
  • 30

インド 2008 ボランティア コルカタ・マザーテレサの家・動物園・インド博物館・ブッダガヤ・ガンジス川

AI Suzuki

AI Suzuki

2008-08-20 - 2008-08-26 , 7days

  • 3
  • 189
  • 21

ヨーロッパでも絶賛のインド産ワイン「SULA」。ムンバイから車で4時間くらいのナシックにあるワイナリー「Sula Vineyards」では、ワイナリー見学やワインの試飲ができると聞き、弾丸旅行してきました! Sula Vineyards の創業者 Rajeev Samant は、スタンフォード大学卒業後、 Oracle でキャリアを築き上げた後、インドに帰国。農業を営む実家の土地がワインづくりに適していると気付き、1999年にワイナリーを立ち上げたそうです。まだ歴史は浅いですが、その香り・味わいに各国がぞっこん、今やインドを代表するワインとしてあらゆる地域に輸出されているそうです。 はたしてインド産ワインのお味は。。。

いなもん

いなもん

2015-03-07 - 2015-03-07 , 1days

  • 0
  • 1199
  • 15
インドの「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) インドの「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ)

インドの「ローカル」のおすすめ旅行記(ブログ) トップへ