Welcome to new version of Compathy with upgraded travel planning function! Create Travel Plan Now Create Travel Plan Now
Asia North America Europe Oceania Africa South America Antarctica

Uttar Pradesh Uttar Pradesh (India) Travel Guide

Travel Logs, Maps, Episodes, Reviews and tourist information about Uttar Pradesh(India). You can find Reviews and Travel Logs, not only about Uttar Pradesh, but also about other popular cities in India from categories such as Foods, Sightseeing, Shopping, and Accomodation.

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

門を抜けたところ。見事なまでの左右対称な風景に心奪われます。インドの埃っぽさすらその神秘さを演出するもやに見えますね。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜 』より タージ・マハル(Taj Mahal), ウッタル・プラデーシュ

ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

最大のガート、ダサシュワメード・ガートです。沢山の人が思い思いの時間を過ごしています。思っていたより悪質な絡みをしてくる人は少なく、時間の流れもこれまでに訪れたデリーやアグラに比べてゆっくり流れているように感じます。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat), ウッタル・プラデーシュ

マニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat - Burning Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

このガートの最北部にあるのがマニカルニカー・ガート。ヒンドゥー教徒の火葬を行っているガートで、一日中煙が上がっているそうです。写真撮影は禁止と言われたのでこれ以上詳しい写真はないのですが、近くには死期を待つ老人たちが住むホスピスがあり、そこの管理人にが言うにはヒンドゥー教徒にとってこのガートで火葬され、遺灰をガンガーに流してもらうのは最高の幸せだそうです。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より マニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat - Burning Ghat), ウッタル・プラデーシュ

ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

インドの人々は、死んでここで火葬され、ガンガーに死体を流してもらうと「カルマ(=現世での業)」が清算されると信じている、という話です。 自分はインドに来てから常々、「どうしてこんなに、人に嫌がれることをどうどうとしてくるんだろう?」と思っていたのですがそういった思想が根本にあり、加えてこの経済状況やカーストと言った仕組みが加わった結果、それが唯一彼らの「生きる道」だったんだ、と気付きました。それからの僕はインドの人を見る目が変わりました。恐れは興味み変わり、考え方やその人の立場、仕事などをこちらから積極的に聞いていくようになりました。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat), ウッタル・プラデーシュ

アーグラ城塞(Agra Fort)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん)
Hideki Tanaka

少年の笑顔とアグラフォートの美しい建築。

『 インド:美しい人々が住む国 』より アーグラ城塞(Agra Fort), ウッタル・プラデーシュ

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん)
Hideki Tanaka

親子の色鮮やかな服装とタージマハルの美しい建築。

『 インド:美しい人々が住む国 』より タージ・マハル(Taj Mahal), ウッタル・プラデーシュ

アグラ・カント駅(Agra Cantonment Railway Station)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん)
Hideki Tanaka

タバコを吸いながら、なかなか来ない電車を待つサドゥー。インドの電車が遅延することは聞いていたが、3時間も遅れるとは思わなかった。しかし、日本のように文句を言っている人々は周りにはいない。

『 インド:美しい人々が住む国 』より アグラ・カント駅(Agra Cantonment Railway Station), ウッタル・プラデーシュ

バラナシ(Varanasi)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん) - 04
Hideki Tanaka

牛がたくさんいるガートで出会った少年。写真を撮らせて欲しいとお願いすると、突然服を脱いでガンガーへ。牛の上でポーズをとってくれた。

『 インド:美しい人々が住む国 』より バラナシ(Varanasi), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 03
Daisuke Takishima

聖なる川”ガンガー”。 ヒトだけでなく、死んだ家畜も当たり前に川を流れていた。 生と死について こんなにも直球な場所は初めてだった。

『 インド放浪記 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|北インド(Eika Akasakiさん)
Eika Akasaki

お城だと思っていたら、なんと皇帝が亡くなったお妃様の為に作ったお墓。シンメトリーが美しいだけでなく、近づくと花柄の貴石が埋め込まれていたりして感動的な美しさ。

『 北インド 』より タージ・マハル(Taj Mahal), ウッタル・プラデーシュ

Been to Uttar Pradesh before?
Planning your trip to Uttar Pradesh?
Planning your trip to Uttar Pradesh?

Popular Travel Logs of Uttar Pradesh

”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

Daisuke Takishima

Daisuke Takishima

2013-02-14 - 2013-03-02 , 17days

  • 61
  • 9863
  • 12

旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

Toyo  Serizawa

Toyo Serizawa

2012-02-01 - 2012-02-13 , 13days

  • 68
  • 8948
  • 35

尊敬する写真家スティーブ・マッカリーが写したインドを見て、混沌とした色鮮やかな世界とそこに住む人々に興味を持った。そしてインドの人々への興味は、旅が進むにつれてさらに増していった。親切な人、騙そうとする人、物乞いをする人、祈る人、無邪気な子供達。インドの人々は美しい。

Hideki Tanaka

Hideki Tanaka

2008-07-26 - 2008-08-01 , 7days

  • 68
  • 8541
  • 17

聖なる河、ガンガー(ガンジス河)の流れる街であり、ヒンドゥー教の聖地でもあるヴァラナシ(ベナレス)。ここではこれまでインドに来てから「一刻も早く帰りたい」と思っていた自分が「帰りたくないな」と思うようになるような、インドでの疑問や不満を解消するできごとがありました。 「世界の広さ」とは、「自分が許せる世界の広さ」が大きければ大きいほど広がる、そんなことを教えてくれ、自分の視点を一つ高くしてくれた街、ヴァラナシでの思い出。

Horie Kentaro

Horie Kentaro

2008-11-11 - 2008-11-11 , 1days

  • 60
  • 7495
  • 19

ずっと行きたかったインド。自分の知っていた常識が全て覆されるようなことばかりでインドが大好きになった。

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-04 - 2011-03-12 , 9days

  • 23
  • 5661
  • 12

人生がすべて自由なことと同じように、 旅にも正解不正解は存在しない。 100人いれば100通りの旅のスタイルがあり、 そして仲間とともに造る旅もその一つ。 一人旅しか知らなかった僕に、 "みんなでいく旅"の楽しさを教えてくれた旅。 大切なことを教えてくれた、忘れられない旅。 そんな人生を変えてくれた旅をとくとご覧いただきたいっ!!! グラマラスな超大作が始まるよぉぉおおお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑

Toyo  Serizawa

Toyo Serizawa

2013-03-15 - 2013-03-31 , 17days

  • 58
  • 4585
  • 123

初めてパスポートを作って、初めて飛行機を乗り継いで、初めて海外へ飛び出した、その先はインド。降り立った時からまとわりつく粘っこい湿気と、昼夜120%の活力で行き交う人たちの波とそこかしこの人臭さ。これぞインドホリック。

Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

2011-09-06 - 2011-09-06 , 1days

  • 8
  • 4512
  • 17

インドへ来ると自然といつもより強気になる。綺麗にかわせる人もいるけれど、わたしはそんなこと出来ずに直球勝負。でもそんなやりとりが楽しかったりもする。今回は仕事ついでのいつもとは違う視点のデリー&アグラの旅。

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2014-02-08 - 2014-02-10 , 3days

  • 45
  • 4388
  • 42

小さい頃からテレビで見ていた、バラナシ ガンジス川。 インド中から沐浴をしに来る人、その姿を見ようと世界中から訪れる観光客で溢れ返る街で、”働く地元民”に注目してみました! ガンガー/サドゥー/ババジー/バラナシ/ヴァラナシ/沐浴/ヘナ/メヘンディ

Alice

Alice

2013-02-26 - 2013-02-28 , 3days

  • 12
  • 3703
  • 12

大学4年の夏に約一ヶ月間、初バックパッカー & 初一人旅をした時の写真を発掘。当時の写真を見ると恐る恐る旅行してたことを思い出します。 写真をまとめてると、この旅の悔しい思い出だったり、楽しい思い出だったりが入り混じって、その後インドにハマったんだなあとしみじみ思うのでした。

Masaki Takehara

Masaki Takehara

2007-08-05 - 2007-09-05 , 32days

  • 6
  • 3481
  • 19

タージマハルが観てみたくて、インドへ。 まさか、インドに行くことになるとは、、、今まで全く興味がなかったしインドに行くなんて想像することができなかった。ところが、昨年アンコールワット遺跡群を訪れてみると、なんとなく、タージマハルを観たいと。インドに行ってみたくなったのです。残金危うく、そして途中通せんぼされるというトラブルもあって少し怖かったけど・・・^^; 夕暮れに染まったタージマハル。観れました。

tabitabi parsley

tabitabi parsley

2012-11-24 - 2012-11-24 , 1days

  • 11
  • 3146
  • 16

偉大なるガンガに夜明け前から沐浴し、河向う彼岸へ日の出に祈る。ガンガにはガード(火葬場)が沢山あり、灰は河へ流される。火葬の燃料は金持は薪、貧乏人は牛糞の乾燥品。

Takeshi

Takeshi

2014-10-26 - 2014-10-26 , 1days

  • 9
  • 3055
  • 11

初インドで初寝台列車。列車自体は思ってたよりは快適でしたが、やはりそこはインド。スムーズに行く訳もなく、6時間の遅延、売り子に叩き起こされ、途中で切符を紛失して再発行してもらったり、なかなか大変な旅でした。また行きたいなぁ

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-05 - 2011-03-14 , 10days

  • 10
  • 2729
  • 30

2009年と2010年に、デリー、ヴァラナシ、アグラへ旅行した。(列車で町と町を移動。) インドの印象は、人がとてもフレンドリーで活力に溢れているイメージがあり、とても魅力的だ。 旅の間中、とにかく色々な人と交流することが一番楽しくて刺激的だった。

Satoshi Abe

Satoshi Abe

2009-03-19 - 2010-05-13 , 421days

  • 15
  • 2504
  • 34

二か月かけて一周したインドの後、ネパールに向かった。 ガンジス河の沐浴で有名な街ヴァナラシからネパール入りするルートである。 このルートには、ポカラまで一泊二日、宿代込み、乗り換えなしで走ってくれるワゴンがあるのだが、出発のまさにその朝、僕含めて二人しか乗客がいないことを理由に、運航中止を言い渡された。 僕はもう一人の日本人と一緒に、ローカルバスを乗り継いで国境を目指すことにした。 まずは中間地点のゴーラクプルへ行き、そこで乗り換え国境のスノウリへ。 スノウリで一泊の後、朝一番で国境を越えネパール入国の予定だった。 このルートは僕が経験したインドの中でもワースト3に入る悪路で、舗装されていないだけでなく、道がぼこぼこなので振動がすごかった。 頻繁に人の乗り降りのあるローカルバスは常に満員で、通路に立ち客が出る始末。 ただでさえ狭い車内に、停車すると物売りが声を張り上げて入ってくる。焼きとうもろこし、炒った豆のおつまみ、浅漬けきゅうり、ココナッツ、冷えた水・・・そういうのを直接籠に入れて包装もせず、僕の鼻先にぬっと近づける。こぼれた水滴や豆が僕の膝元にかかる。 埃を巻き上げて走るバスの窓は常に全開で、埃をかぶり、吸いながら過ごすこの不快なバスに10時間耐えた後、国境近くのホテルにチェックインした時には全身埃まみれになっていた。 翌朝国境を越え、ポカラ行きのバスに乗る。二か月インドにいた僕にはネパールは新鮮で、そしてポカラは湖の美しい静かな観光地だった。

Masashi Amano

Masashi Amano

2013-09-16 - 2013-09-21 , 6days

  • 13
  • 2274
  • 16

最終目的地・タージマハルを目指して旅行をしてきました。 世界遺産として有名なタージマハルと、その建築の元となったフマユーン廟を見ることが出来て良かったです。

kitajima yuko

kitajima yuko

2011-02-01 - 2011-02-05 , 5days

  • 1
  • 2075
  • 10

インドを列車旅してきました。旅のメインはタージマハルと、ガンジス川の流れをこの目で見ること。暑すぎず、初めてでしたが快適に回れ、11月のインド旅おすすめです!

Kaede Shinagawa

Kaede Shinagawa

2011-11-05 - 2011-11-10 , 6days

  • 4
  • 2025
  • 10

東日本大震災が起きた2011年3月11日。その日、私はインドにいました。バラナシのインド人から「日本で地震があったぞ」と言われたときも最初は声をかけるための誘い文句だと思いました。

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-11 - 2011-03-13 , 3days

  • 13
  • 1887
  • 34

THINGS TO DO in Uttar Pradesh

EAT in Uttar Pradesh

STAY in Uttar Pradesh

Other Popular Spots in Uttar Pradesh(India)

Uttar Pradesh (India) Travel Guide Uttar Pradesh (India) Travel Guide

Back to Top of Uttar Pradesh (India) Travel Guide