Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Gujarat Gujarat(インド)のおすすめ旅行・観光情報

Gujarat(インド)の旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。Gujarat(インド)のグルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

Ahmedabad Railway Station(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん)
Yukiko Aono

ムンバイからアーメダバードに到着したのは朝方5時前。まだ辺りは暗くて外に出ても仕方がないから構内で時間をつぶすことにした。 インド人は所構わずゴロゴロする。一枚布を敷けばそこは彼らにとって清潔区域となるのだろうか。眠すぎる私もゴロゴロしたかったけど、大人になってしまった良心に阻まれ断念した。 ここの所夜行続きでそろそろ体が疲れてきた。いい宿見つかればいいんだけど。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Ahmedabad Railway Station, Gujarat

Ahmedabad Railway Station(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん) - 02
Yukiko Aono

太陽と共に動きだし、駅前で待ち構えるリクシャのおっちゃん達と交渉開始。500Rsでいい部屋があるというおっちゃんについていき、何件か宿を回るもことごとくFULL。こんなに回って全部FULLって、そんなわけあるかーーい!って突っ込みながら、頭をよぎる嫌な予感。 そう、インドでは外国人の受け入れが整っていない都市があって、宿を泊まるにも外国人は受け入れてもらえなかったりする。北東部でも一度経験してたから、まさか…とは思ったけど、どうやらアーメダバードもそうらしい。 暑いし眠いしで500Rsの宿なんてないしで、必死に探してくれるおっちゃんに逆切れする私。なんとかあいていた宿は割高だけどとてもいい宿だった。疲れてそのままベッドに倒れこむ。 イライラのあまりおっちゃんに10Rsしか払わなかった私。なんか悪い事したな。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Ahmedabad Railway Station, Gujarat, Gujarat

Adalaj Stepwells(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん)
Yukiko Aono

ホテルが24時間制だったので朝7時にチェックアウト。ホテル自体は快適なのに、とにかく暑くて寝れたもんじゃなかった。疲れも全然とれてない。 アーメダバードで行きたかったのはダーダハリの階段井戸。結構分かりづらい場所にあるけど、ここは行ってみる価値あり。リクシャのおっちゃんに言えば連れてってくれる。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Adalaj Stepwells, Gujarat

Adalaj Stepwells(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん) - 02
Yukiko Aono

蜘蛛の巣は張ってるし、あまり管理が良いとは言えないのが残念だけど、徐々に地下へと進む階段は結構なもの。井戸の為にここまでなされた彫刻が素晴らしい。 何より下るに連れてどんどん涼しくなるから暑い日中には心地よかった。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Adalaj Stepwells, Gujarat, Gujarat

Ahmedabad Railway Station(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん) - 03
Yukiko Aono

アーメダバードは旅行者が少なく外国人はとても珍しがられる。物価もとても安いし、人も人懐っこく正直。どことなくバングラディシュを思い出させてくれるような街だった。 ホントはこの後、キャメルサファリをしにラジャスターンを目指す予定だったけど、ジョードプル行の電車は1w先までFULLらしい。。。 なくなく諦め、もうインドを出る事にした。 目的地をインド最終地バラナシと決め、37時間の大移動開始。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Ahmedabad Railway Station, Gujarat, Gujarat, Gujarat

Ahmedabad Railway Station(Gujarat, インド)|生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~(Yukiko Aonoさん) - 04
Yukiko Aono

さすがにこの移動はしんどかった。窓の隙間から入る土埃と汗がまざり、肌も髪も全身ペットペト。昼になれば無賃乗車の客で溢れ、予約のシートなんて関係なく座ってくる。ごみ箱という概念がない彼らが去った後の座席はまさにカオス。無賃乗車の若者達と話していてもこっちの常識はまるで通用しないのがわかる。 いい加減、疲れた。 まぁ、わざわざこの格安電車を選んでいる日本人も彼らからしたらクレイジーなワケだし、もう放っておく事にした。 再び訪れた2度目の夜。ゴキブリも這うカオスな中でも寝れてしまう自分に笑えてきた。

『 生死を包むガンガーが流れるバラナシへ~インド出国編~ 』より Ahmedabad Railway Station, Gujarat, Gujarat, Gujarat, Gujarat

Bhuj Airstrip(Gujarat, インド)|インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に(Kousuke Takabayashiさん)
Kousuke Takabayashi

ムンバイからジェットコネクト航空でパキスタンとの国境にほど近いグジャラート州のブージ空港へ! これが空港か?てほど過疎ってたー

『 インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に 』より Bhuj Airstrip, Gujarat

Nirona(Gujarat, インド)|インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に(Kousuke Takabayashiさん)
Kousuke Takabayashi

まず、着いたのがニローナっていう町! 学校と商店と家と寺。必要最低限のものしかない村でした。

『 インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に 』より Nirona, Gujarat

Bhuj(Gujarat, インド)|インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に(Kousuke Takabayashiさん)
Kousuke Takabayashi

ブージは英語が通じない! 困り果てていたら、英語が話せる学生がバス停まで案内してくれた!!

『 インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に 』より Bhuj, Gujarat

White Desert(Gujarat, インド)|インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に(Kousuke Takabayashiさん)
Kousuke Takabayashi

1日ガイドしてくれたアンヌアース! 言葉通じないのによう運転してくた!

『 インドにもあった!? 1面真っ白の世界! ーカッチ地方ブージを起点に 』より White Desert, Gujarat

Gujaratに行ったことがありますか?
Gujaratに旅行のご予定がありますか?
Gujaratに旅行のご予定がありますか?

Gujaratのおすすめ旅行記(ブログ)

南インドからひたすら北上し、行き着いたのはインド最終地バラナシ。生も死も、多くのものが流れるインドの聖なる川ガンガー。昔と何も変わることなく、雄大さはそのままだった。人にもまれ、人に疲れ、人に癒され。波乱万丈のインドの日々もようやく終わる。陸路で国境を渡り、5か国目ネパールへと入ります。

Yukiko Aono

Yukiko Aono

2013-09-13 - 2013-09-20 , 8days

  • 3
  • 656
  • 11

インドに白い砂漠がある!?4日間かけてめぐった旅の記録。 前半はブージを拠点に回った村の記録。人のよさ、なつっこさ抜群! 心があったかくなる旅でした。

Kousuke Takabayashi

Kousuke Takabayashi

2012-12-25 - 2012-12-28 , 4days

  • 12
  • 546
  • 46

Gujaratのおすすめ観光スポット

Gujarat(インド)のその他の人気のスポット

Gujarat(インド)のおすすめ旅行・観光情報 Gujarat(インド)のおすすめ旅行・観光情報

Gujarat(インド)のおすすめ旅行・観光情報 トップへ