Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(, インド)の口コミ情報と旅行記、Rizong Gonpaまでの行き方や地図をまとめています。Rizong Gonpaの他にも、 インドのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 03
Shino Ichimiya

一人の高僧が、何やら話しかけて来てくれました。 「Tea?」 …優しいお顔に誘われて「yes」。 階段を上って、一緒にお部屋までついて行きました。 ぜぇぜぇ、一歩一歩踏み出す度に、荒い息づかいが聞こえます。 「おじいちゃん(←失礼かしら)。。。大丈夫??」と心の中で反芻します。 高僧のお部屋は小さなお部屋で、 開け放しの壁に大きな布が風にはためいて。 やはりダライラマ法王の写真が飾ってありました。 温かいチャイを一緒にいただいて。 帰りは見えなくなるまで見送ってくれました。 あんなに息をするのがつらそうだったのに、また階段下まで降りてきてくれて。 何度も振り返り、手を振りました。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 06
Shino Ichimiya

屋上付近をぶらぶら。 気持ちの良い天気。 重たいレンガを背中にいくつもしょって、 下方からゴンパへと何度も往復している人たち。 …バックパック一個背負って数キロ歩いただけで、 弱音を吐く自分が情けなく感じました。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん)
Shino Ichimiya

チュリチャンCHULLICHANからリゾンRIZONGへ。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 02
Shino Ichimiya

荷物がなくなったせいか、 ぴょんぴょん歩けました。 いつになったらリゾンゴンパが見えるかわくわくしながら、 ぽろぽろと崩れていく乾ききった山と、 音の無いこの時間と、 強く、けれども心地よい日差しを楽しみながら歩きます。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 07
Shino Ichimiya

それから、ぐる~と道を廻ってゴンパへ。 ここでも工事中。 恐らくネパール人だけど、「ジュレー」と言って皆と笑顔で挨拶。 二年前の災害で、土砂崩れがひどかったと チュリチャンの先生が言っていたので、 ここでもひどかったのかもしれません。 二つのゴンパで、それぞれの仏様にお祈り。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 04
Shino Ichimiya

「ジュレー。どこから来たの?名前は?今日はチュリチャンに泊まるの?」 (この歳の子たちは概して英語がとても達者でした) 門を出るまで追いかけて来てくれたこの子たち。 12歳(たしか)を過ぎると他の学校へ行っちゃうって先生が言ってたけど、 彼らはどんな僧侶になるのでしょうね。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 05
Shino Ichimiya

下っていくと、ちょうど学校は休憩時間だったよう。 ワイヤーでつくられたカートで、皆で遊んでいました。 ジュレー、ジュレー、と、愛らしい笑顔でたくさん声をかけてくれます。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 08
Shino Ichimiya

小さくなっていくリゾンを幾度と振り返り カーブを曲がると、急にそこにあった温かさがなくなったようで 寂しさがこみ上げて来たけれど それでもなんだか胸はいっぱいで 暮れ行くお日様と共にわたしも下ってゆきました。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 09
Shino Ichimiya

わたしが通ったリゾンまでの道は綺麗に舗装されていましたが、ずっと迂回する道でした。 この道が出来るまでは皆このじゃり路を歩いていたのだと思います。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

Rizong Gonpa(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 10
Shino Ichimiya

RIZONG MONASTERY (男の)僧院 下方にある男子学校の先生にお茶をいただきながらお話。 教室の窓から顔を出して、 「ジュレー。どこから来たの?今日はチュリチャンに泊まるの?」 と男の子。 かわいい。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より Rizong Gonpa

  • エピソード・口コミ(12)

    2011.09.22 に訪問

    一人の高僧が、何やら話しかけて来てくれました。 「Tea?」 …優しいお顔に誘われて「yes」。 階段を上って、一緒にお部屋までついて行きました。 ぜぇぜぇ、一歩一歩踏み出す度に、荒い息づかいが聞こえます。 「おじいちゃん(←失礼かしら)。。。大丈夫??」と心の中で反芻します。 高僧のお部屋は小さなお部屋で、 開け放しの壁に大きな布が風にはためいて。 やはりダライラマ法王の写真が飾ってありました。 温かいチャイを一緒にいただいて。 帰りは見えなくなるまで見送ってくれました。 あんなに息をするのがつらそうだったのに、また階段下まで降りてきてくれて。 何度も振り返り、手を振りました。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    屋上付近をぶらぶら。 気持ちの良い天気。 重たいレンガを背中にいくつもしょって、 下方からゴンパへと何度も往復している人たち。 …バックパック一個背負って数キロ歩いただけで、 弱音を吐く自分が情けなく感じました。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    チュリチャンCHULLICHANからリゾンRIZONGへ。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    荷物がなくなったせいか、 ぴょんぴょん歩けました。 いつになったらリゾンゴンパが見えるかわくわくしながら、 ぽろぽろと崩れていく乾ききった山と、 音の無いこの時間と、 強く、けれども心地よい日差しを楽しみながら歩きます。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    それから、ぐる~と道を廻ってゴンパへ。 ここでも工事中。 恐らくネパール人だけど、「ジュレー」と言って皆と笑顔で挨拶。 二年前の災害で、土砂崩れがひどかったと チュリチャンの先生が言っていたので、 ここでもひどかったのかもしれません。 二つのゴンパで、それぞれの仏様にお祈り。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    わたしが通ったリゾンまでの道は綺麗に舗装されていましたが、ずっと迂回する道でした。 この道が出来るまでは皆このじゃり路を歩いていたのだと思います。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    RIZONG MONASTERY (男の)僧院 下方にある男子学校の先生にお茶をいただきながらお話。 教室の窓から顔を出して、 「ジュレー。どこから来たの?今日はチュリチャンに泊まるの?」 と男の子。 かわいい。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    小さくなっていくリゾンを幾度と振り返り カーブを曲がると、急にそこにあった温かさがなくなったようで 寂しさがこみ上げて来たけれど それでもなんだか胸はいっぱいで 暮れ行くお日様と共にわたしも下ってゆきました。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    「ジュレー。どこから来たの?名前は?今日はチュリチャンに泊まるの?」 (この歳の子たちは概して英語がとても達者でした) 門を出るまで追いかけて来てくれたこの子たち。 12歳(たしか)を過ぎると他の学校へ行っちゃうって先生が言ってたけど、 彼らはどんな僧侶になるのでしょうね。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    2011.09.22 に訪問

    下っていくと、ちょうど学校は休憩時間だったよう。 ワイヤーでつくられたカートで、皆で遊んでいました。 ジュレー、ジュレー、と、愛らしい笑顔でたくさん声をかけてくれます。

    最終更新:2017.06.16 21:50
    旅行記 『私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ』 より
    Rizong Gonpaを含む旅行記一覧 Rizong Gonpaを含む旅行記一覧

    Rizong Gonpaを含む旅行記一覧 トップへ