Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ガンジス川(Ganga River)

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)の口コミ情報と旅行記、ガンジス川(Ganga River)までの行き方や地図をまとめています。ガンジス川(Ganga River)の他にもウッタル・プラデーシュ、 インドのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 03
Daisuke Takishima

聖なる川”ガンガー”。 ヒトだけでなく、死んだ家畜も当たり前に川を流れていた。 生と死について こんなにも直球な場所は初めてだった。

『 インド放浪記 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 02
Daisuke Takishima

お腹がすいたら市場でフルーツを買って食べた。

『 インド放浪記 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

キャンパスを出た後は、ガートの集中するエリアまガンジス河沿いをゆっくり歩きます。初めて見るガンジス河(ガンガー)ですが、ここにはガートもないのであまり実感は湧きませんでした。水も話に聞いているより綺麗でした。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|北インド(Eika Akasakiさん)
Eika Akasaki

『 北インド 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん)
Daisuke Takishima

仲良くなったインドの青年17歳。 彼のお父さんに舟を借り、ガンガー遊覧した。その中での会話がとても印象的だった。 将来の夢は何?と聞いてみると。 「ガンジス川で船乗りさ!」と即答。 どうして?と聞いてみると 「僕の家族は貧乏で、代々ガンジス川で仕事をしている。だから海外には行ったことがないし、インドしか知らない。でもこの街には世界から色々なヒトがやってきてくれる。だから毎日世界の色々なヒトと会えるんだ!毎日世界を旅している気分になれるんだ!」と嬉しそうに彼が言った。 自分には考えたことのない感情だった。 ヒトの幸せというのは、ヒトそれぞれ考えがあり、それに向かい全力で頑張ってる彼をみて、日本に戻ったら企業することを決意した。

『 インド放浪記 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|India Trip(Hiroshi Yuriさん) - 02
Hiroshi Yuri

『 India Trip 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~(Aliceさん) - 02
Alice

【1億円持ってるボート漕ぎ】 俺、1億円持ってるから結婚しよう! とロマンティックなにガンジス川の朝日に照らされながらプロポーズしてきた青年。 船1時間100ルピー(160円)でどうやって1億稼ぐのか。笑

『 女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~ 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|2回目のインド コルカタ~ヴァラナシ(Teramoto Itsukiさん)
Teramoto Itsuki

4月の暑い日の日中ですが外にいる人はいます。精力的に歩いているのは外国人のほうが多いですが。

『 2回目のインド コルカタ~ヴァラナシ 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

「美味しいチャイ屋があるから行こう」と連れて行かれたお店には、彼の友だちが沢山居ました。チャイを飲んでゆっくりしていると、お店の屋根の上で猿が急に跳ねだし、屋根から落ちてきた砂をもろに被ってしまいました。これはそんな僕を笑う子どもたちの図。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|世界遺産のインド(仲間亜紀さん)
仲間亜紀

インドの人にとって重要な川。全長2506km。ごみを捨てたり!遺骨や灰を流したり!!と。 ヒンドゥー教の聖なる河。 現生の罪を洗い流すって所だから、ごみを捨てる所なのか?いつかまた、行って現地の人に聞いてみたい。

『 世界遺産のインド 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

  • エピソード・口コミ(48)

    2013.02.18 に訪問

    聖なる川”ガンガー”。 ヒトだけでなく、死んだ家畜も当たり前に川を流れていた。 生と死について こんなにも直球な場所は初めてだった。

    最終更新:2018.07.26 05:12
    旅行記 『インド放浪記』 より
    2013.02.19 に訪問

    お腹がすいたら市場でフルーツを買って食べた。

    最終更新:2018.07.17 04:16
    旅行記 『インド放浪記』 より
    2011.03.09 に訪問

    最終更新:2017.06.26 03:20
    旅行記 『北インド』 より
    2008.11.11 に訪問

    キャンパスを出た後は、ガートの集中するエリアまガンジス河沿いをゆっくり歩きます。初めて見るガンジス河(ガンガー)ですが、ここにはガートもないのであまり実感は湧きませんでした。水も話に聞いているより綺麗でした。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜』 より
    2012.04.24 に訪問

    4月の暑い日の日中ですが外にいる人はいます。精力的に歩いているのは外国人のほうが多いですが。

    最終更新:2018.01.23 01:50
    旅行記 『2回目のインド コルカタ~ヴァラナシ』 より
    2013.02.18 に訪問

    仲良くなったインドの青年17歳。 彼のお父さんに舟を借り、ガンガー遊覧した。その中での会話がとても印象的だった。 将来の夢は何?と聞いてみると。 「ガンジス川で船乗りさ!」と即答。 どうして?と聞いてみると 「僕の家族は貧乏で、代々ガンジス川で仕事をしている。だから海外には行ったことがないし、インドしか知らない。でもこの街には世界から色々なヒトがやってきてくれる。だから毎日世界の色々なヒトと会えるんだ!毎日世界を旅している気分になれるんだ!」と嬉しそうに彼が言った。 自分には考えたことのない感情だった。 ヒトの幸せというのは、ヒトそれぞれ考えがあり、それに向かい全力で頑張ってる彼をみて、日本に戻ったら企業することを決意した。

    最終更新:2018.09.20 02:09
    旅行記 『インド放浪記』 より
    2013.02.27 に訪問

    【1億円持ってるボート漕ぎ】 俺、1億円持ってるから結婚しよう! とロマンティックなにガンジス川の朝日に照らされながらプロポーズしてきた青年。 船1時間100ルピー(160円)でどうやって1億稼ぐのか。笑

    最終更新:2017.06.26 04:39
    旅行記 『女子大生インドに行く~ ガンジス川で働く人 編~』 より
    2013.03.13 に訪問

    最終更新:2017.06.26 03:10
    旅行記 『India Trip』 より
    2013.11.08 に訪問

    インドの人にとって重要な川。全長2506km。ごみを捨てたり!遺骨や灰を流したり!!と。 ヒンドゥー教の聖なる河。 現生の罪を洗い流すって所だから、ごみを捨てる所なのか?いつかまた、行って現地の人に聞いてみたい。

    最終更新:2017.06.26 05:43
    旅行記 『世界遺産のインド』 より
    2008.11.11 に訪問

    「美味しいチャイ屋があるから行こう」と連れて行かれたお店には、彼の友だちが沢山居ました。チャイを飲んでゆっくりしていると、お店の屋根の上で猿が急に跳ねだし、屋根から落ちてきた砂をもろに被ってしまいました。これはそんな僕を笑う子どもたちの図。

    最終更新:2017.06.26 02:52
    旅行記 『初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜』 より
    ガンジス川(Ganga River)を含む旅行記一覧 ガンジス川(Ganga River)を含む旅行記一覧

    ガンジス川(Ganga River)を含む旅行記一覧 トップへ