Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

インド インドのおすすめ旅行・観光情報

インドの旅行記、口コミ、観光スポット、観光名所の人気/おすすめ情報をランキング形式で紹介しています。インドの中の都市/エリアや、グルメ/食べ物、遊び、ショッピング、宿泊などのカテゴリーから観光情報と口コミ、旅行記を探すことができます。

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

門を抜けたところ。見事なまでの左右対称な風景に心奪われます。インドの埃っぽさすらその神秘さを演出するもやに見えますね。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜アグラ編〜 』より タージ・マハル(Taj Mahal), ウッタル・プラデーシュ

ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

最大のガート、ダサシュワメード・ガートです。沢山の人が思い思いの時間を過ごしています。思っていたより悪質な絡みをしてくる人は少なく、時間の流れもこれまでに訪れたデリーやアグラに比べてゆっくり流れているように感じます。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat), ウッタル・プラデーシュ

マニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat - Burning Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん)
Horie Kentaro

このガートの最北部にあるのがマニカルニカー・ガート。ヒンドゥー教徒の火葬を行っているガートで、一日中煙が上がっているそうです。写真撮影は禁止と言われたのでこれ以上詳しい写真はないのですが、近くには死期を待つ老人たちが住むホスピスがあり、そこの管理人にが言うにはヒンドゥー教徒にとってこのガートで火葬され、遺灰をガンガーに流してもらうのは最高の幸せだそうです。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より マニカルニカー・ガート(Manikarnika Ghat - Burning Ghat), ウッタル・プラデーシュ

ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜(Horie Kentaroさん) - 03
Horie Kentaro

インドの人々は、死んでここで火葬され、ガンガーに死体を流してもらうと「カルマ(=現世での業)」が清算されると信じている、という話です。 自分はインドに来てから常々、「どうしてこんなに、人に嫌がれることをどうどうとしてくるんだろう?」と思っていたのですがそういった思想が根本にあり、加えてこの経済状況やカーストと言った仕組みが加わった結果、それが唯一彼らの「生きる道」だったんだ、と気付きました。それからの僕はインドの人を見る目が変わりました。恐れは興味み変わり、考え方やその人の立場、仕事などをこちらから積極的に聞いていくようになりました。

『 初めての海外一人旅。導かれたのは、インドでした。〜ヴァラナシ(ベナレス)編〜 』より ダーシャシュワメード・ガート(Dasaswamedh Ghat), ウッタル・プラデーシュ

タージ・マハル(Taj Mahal)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん)
Hideki Tanaka

親子の色鮮やかな服装とタージマハルの美しい建築。

『 インド:美しい人々が住む国 』より タージ・マハル(Taj Mahal), ウッタル・プラデーシュ

バラナシ(Varanasi)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド:美しい人々が住む国(Hideki Tanakaさん) - 04
Hideki Tanaka

牛がたくさんいるガートで出会った少年。写真を撮らせて欲しいとお願いすると、突然服を脱いでガンガーへ。牛の上でポーズをとってくれた。

『 インド:美しい人々が住む国 』より バラナシ(Varanasi), ウッタル・プラデーシュ

ガンジス川(Ganga River)(ウッタル・プラデーシュ, インド)|インド放浪記(Daisuke Takishimaさん) - 03
Daisuke Takishima

聖なる川”ガンガー”。 ヒトだけでなく、死んだ家畜も当たり前に川を流れていた。 生と死について こんなにも直球な場所は初めてだった。

『 インド放浪記 』より ガンジス川(Ganga River), ウッタル・プラデーシュ

レー(Leh)(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 09
Shino Ichimiya

JULLEY-ジュレー。 ラダック語でこんにちは、さよなら、ありがとう、を兼ねる言葉。 幾度となくこの言葉でたくさんの人たちと挨拶をしました。 SHANTI- シャンティ。 平和、の意味。日本語で平和っていうとなんか言いにくいけれど、シャンティでいこう - ゆっくり穏やかにいこう、そんな感じでしょうか。 ラダックで出会った人たちは本当にこの言葉が良く似合います。 レーの印象は、やっぱり深い青い空と乾ききった大地。 それから教典が書かれた五色のタルチョ。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より レー(Leh)

レー(Leh)(インド)|私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ(Shino Ichimiyaさん) - 11
Shino Ichimiya

レーには、空路ではなくて、陸路で行きたかったのです。 長い長い時間をかけて「秘境」と呼ばれる地へじわじわと近づきたかったのです。 ジープに乗ってるだけとは言え、それでも飛行機には乗りたくなくて。

『 私が惹かれたラダックという街/乾いた大地と蒼い空とシャンティ 』より レー(Leh)

Anjuna flea market(ゴア, インド)|住んでみて分かった本当のインド《インドがヤバい件》(Aliceさん)
Alice

\\ふぅ~// という掛け声とともに 突如現れるインドボーイズ。 健康法のひとつなのだとか。

『 住んでみて分かった本当のインド《インドがヤバい件》 』より Anjuna flea market, ゴア

インドに行ったことがありますか?
インドに旅行のご予定がありますか?
インドに旅行のご予定がありますか?

インドの人気都市

インドのおすすめ旅行記(ブログ)

日本ではあまり知られていない!? インドの楽園ゴア♡ 半年間ゴアに住んでいた女子大生(22)が、おすすめビーチを紹介します! ゴアトランスを中心とするパーティー聖地、 ピッピー発祥地として世界中から若者が訪れる ゴアのおすすめビーチをどうぞ♪

Alice

Alice

2012-12-05 - 2012-12-05 , 1days

  • 38
  • 10k+
  • 12

インドって本当にヤバいんです。 ヤバいのは、電車や牛だけではありません。 日々の生活すべてがヤバいんです!!!笑 インドに魅了されている(憑りつかれている!?)インド留学経験者の私が インドに住んでみて分かった”ヤバいインド”をお伝えします( ゚Д゚)笑

Alice

Alice

2012-09-21 - 2013-09-30 , 375days

  • 22
  • 9986
  • 16

”ヒト”の生きる力を感じられた国インド。 3週間のインド1人旅をしてきた。 旅のきっかけは、勤めてた会社が倒産した。 急に今まで忙しかった日常から、急に何もすることがなくなると かえって何をしていいか分からなくなった。 それだけ忙しい日常生活に馴れてしまっていた。。 そんな時、家でテレビを見ているとインド特集の番組が流れていた。 それを見た瞬間、、この国に行こう!と決意し 5日後に日本を旅立った。

Daisuke Takishima

Daisuke Takishima

2013-02-14 - 2013-03-02 , 17days

  • 44
  • 7509
  • 12

夫婦合わせて計6回目となるインド旅。人に揉まれ、人に疲れ、人に癒され。何度来てもインドは濃い。 7年ぶりに訪れたコルカタ。目的はマザー・テレサのボランティアをすること。しかしそこからまさかの展開に。。やっぱりタダでは出られないのがこの国。約2ヶ月に及ぶインド旅は、まだまだ始まったばかりです。

Yukiko Aono

Yukiko Aono

2013-08-08 - 2013-08-21 , 14days

  • 7
  • 7485
  • 18

尊敬する写真家スティーブ・マッカリーが写したインドを見て、混沌とした色鮮やかな世界とそこに住む人々に興味を持った。そしてインドの人々への興味は、旅が進むにつれてさらに増していった。親切な人、騙そうとする人、物乞いをする人、祈る人、無邪気な子供達。インドの人々は美しい。

Hideki Tanaka

Hideki Tanaka

2008-07-26 - 2008-08-01 , 7days

  • 52
  • 7099
  • 17

旅の始まりはたった一つの思いからだった。 「ピンクブラをつけて、インドのガンジス川に飛び込みたい。」 思い立った翌月僕は… "聖なるガンガー"に"ピンクブラ"をつけて、立っていたのだった(iДi)♡笑

Toyo  Serizawa

Toyo Serizawa

2012-02-01 - 2012-02-13 , 13days

  • 41
  • 6724
  • 35

聖なる河、ガンガー(ガンジス河)の流れる街であり、ヒンドゥー教の聖地でもあるヴァラナシ(ベナレス)。ここではこれまでインドに来てから「一刻も早く帰りたい」と思っていた自分が「帰りたくないな」と思うようになるような、インドでの疑問や不満を解消するできごとがありました。 「世界の広さ」とは、「自分が許せる世界の広さ」が大きければ大きいほど広がる、そんなことを教えてくれ、自分の視点を一つ高くしてくれた街、ヴァラナシでの思い出。

Horie Kentaro

Horie Kentaro

2008-11-11 - 2008-11-11 , 1days

  • 46
  • 5448
  • 19

憧れの地、ラダックを目指したインド一人旅。 チベットよりもチベット仏教が深く根付くというヒマラヤの奥地、旧ラダック王国へ。シャンティは「平和」の意味。ゆったり穏やかに。そんなシャンティな旅でした。 \チャンディーガール/ https://www.compathy.net/tripnotes/2147 \カシミール〜ダラムシャラ/ https://www.compathy.net/tripnotes/13339

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2011-09-14 - 2011-09-24 , 11days

  • 108
  • 4755
  • 60

インド最南端から夜通し移動すること24時間、南インドにある世界遺産ハンピに着いた。旅人なら誰もが行ってよかったと口にする街。一体どんな景色が広がってるんだと胸をふくらませた私達は、目の前の光景に一瞬で目を奪われた。 そこは遺跡の中に街が溶け込む、とてもピースフルな場所だった。

Yukiko Aono

Yukiko Aono

2013-08-29 - 2013-09-03 , 6days

  • 6
  • 4579
  • 14

南インドを二週間ほどかけて移動しました。何より南インドのカレーがおいしかった!インドに行く度に太って帰ってしまうのが悲しい。

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-07-12 - 2011-07-20 , 9days

  • 19
  • 4152
  • 26

ずっと行きたかったインド。自分の知っていた常識が全て覆されるようなことばかりでインドが大好きになった。

Eika Akasaki

Eika Akasaki

2011-03-04 - 2011-03-12 , 9days

  • 18
  • 4042
  • 12

海外スタディでムンバイにいた彼(現:夫)に会いに、まさかの二泊四日・滞在時間55時間くらいの強行スケジュールの初インド旅。 観光よりも彼に会う目的だったけれど、植民地の名残を残した地で未だ貧富の差を目の当たりにし、空港に到着した時点でもう眩暈でくらくら。 やっぱりどこみても人がたくさんいて、人ごみが苦手な私はますますくらくら。 あげくの果てに、料理が辛すぎてほとんど食べれず、唯一の食料だったレモネードの氷がどうやら、帰国直後の私のお腹を直撃。早朝の地下鉄でぶっ倒れて救急車で運ばれ、 医師に尋ねられる。 「最近、何か普段とは違う食べ物食べましたか?」 「・・・インド行ってたんで。。。(ほとんど何も食べてないけど)」 インドを好む旅人と話しているうちに、もしかしたらこれは美談かもしれない。 私の知らないインドは、きっとまだあるんだと、小さな希望を胸に、 この旅をまとめておかなくてはと思い立った。

Satoko Nishiyama Fujioka

Satoko Nishiyama Fujioka

2010-06-25 - 2010-06-27 , 3days

  • 14
  • 3964
  • 28

近代建築の巨匠ル・コルビュジェが1950年代に都市計画をしたチャンディーガル。「愛と哀しみのル・コルビュジェ」これはある本の題名だが、それを感じ取る事ができたような気がしたチャンディーガルでの数日。

Shino Ichimiya

Shino Ichimiya

2011-09-10 - 2011-09-12 , 3days

  • 18
  • 3868
  • 36

南インド ケララはゆっくりとした空気が流れ、 インドにいるのにインドでない国にいるかのよう。 まだまだ日本では知名度の低いケララ。 バックパッカーの間では北インドのゴールデントライアングルに加え ヒッピーの聖地ゴアと、ケララを訪れるのが流行りなんですよ(^^)/ 1日目 ERN station Church of St.Francis Parade Ground Chinese Fifhing Net Mahatma Gandhi Beach 2日目 Tea Museum Eravikulam National Park Mattupetty Dam 《南インド ケララ》水面の旅♥癒しのハウスボート一泊 https://www.compathy.net/tripnotes/11392 インド・ゴア半年滞在者が教える♡おすすめビーチ5選 https://www.compathy.net/tripnotes/11391

Alice

Alice

2013-01-27 - 2013-01-28 , 2days

  • 21
  • 3617
  • 17

インドを長期で旅している人にどこがおすすめか聞くと、大抵この村の名前が返ってきます。かつてはヴィジャヤナガル王国の都でもあったところですが、今はのんびりとした小さな村。郊外には多くの遺跡が残りつつも、原始時代に迷い込んだかのような大自然も楽しめます。ジャングル、ワニが住む川、そして目を疑う薄茶けた奇岩群。毎日絶景の連続でした。

Sara Kobayakawa

Sara Kobayakawa

2014-03-04 - 2014-03-12 , 9days

  • 28
  • 3200
  • 20

人生がすべて自由なことと同じように、 旅にも正解不正解は存在しない。 100人いれば100通りの旅のスタイルがあり、 そして仲間とともに造る旅もその一つ。 一人旅しか知らなかった僕に、 "みんなでいく旅"の楽しさを教えてくれた旅。 大切なことを教えてくれた、忘れられない旅。 そんな人生を変えてくれた旅をとくとご覧いただきたいっ!!! グラマラスな超大作が始まるよぉぉおおお:*:・( ̄∀ ̄)・:*:♡笑

Toyo  Serizawa

Toyo Serizawa

2013-03-15 - 2013-03-31 , 17days

  • 25
  • 3155
  • 123

昔々、人々が川を渡るために橋を作っては、毎年起こる洪水で何度も橋が壊れてしまう、そんな村がありました。 人々は考えました。雨にも負けない丈夫な橋が作れないだろうかと。 そして思いました。ゴムの木の根っこを伸ばしていったらいずれ向こう岸に辿り着くのではないかと。 そして村の人々はゴムの木を対岸に向けて伸ばし続け、伸ばして伸ばして30年。遂に自然の橋を完成させたのです。 自然が作りあげた芸術。「living roots bridge(生きている橋)」またの名を「double decker」。 バングラデシュから陸路でインドへと入った私達は、知る人ぞ知る秘境、インドのメガラヤ州に行ってきた。今もなお生き続けるその橋を見る為に。 小さな小さな田舎の村、ノングリアット村にそれはある。悠然と、静かに、強く佇むその姿は素晴らしいの一言だった。こんな素敵な橋があることを、あなたは知っていますか?

Yukiko Aono

Yukiko Aono

2013-08-03 - 2013-08-07 , 5days

  • 19
  • 3055
  • 14

初めてパスポートを作って、初めて飛行機を乗り継いで、初めて海外へ飛び出した、その先はインド。降り立った時からまとわりつく粘っこい湿気と、昼夜120%の活力で行き交う人たちの波とそこかしこの人臭さ。これぞインドホリック。

Misaki Tachibana

Misaki Tachibana

2011-09-06 - 2011-09-06 , 1days

  • 4
  • 2947
  • 17

インドのおすすめ観光スポット

インドのおすすめグルメスポット

インドのおすすめおすすめ宿泊施設・ホテル施設

インドのその他の人気スポット

インドのおすすめ旅行・観光情報 インドのおすすめ旅行・観光情報

インドのおすすめ旅行・観光情報 トップへ