Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

レイキャビック

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)の口コミ情報と旅行記、レイキャビックまでの行き方や地図をまとめています。レイキャビックの他にもCapital Region、 アイスランドのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)|アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

前日成田から日本航空(JL)にてロンドンにてアイスランド航空(FI)に乗り換えアイスランドの首都レイキャビックに到着しました。本日早速観光スタート。ツアー前半のハイライト、ゴールデンサークルの見学です。「黄金の滝」と呼ばれるグドルフォスです。すごい迫力。

『 アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅 』より レイキャビック, Capital Region

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)|アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

シングヴェトリル国立公園見学後、一路ブルーラグーンへ。世界最大の温泉で旅の疲れを癒します。それにしても広い。これだけ広い露天風呂は一周するのにどれくらい時間がかかるのだろう。ブルーラグーンにはレストラン、売店等の施設も充実しておりとても快適でした。

『 アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅 』より レイキャビック, Capital Region, Capital Region

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)|アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

「神々の滝」と称されるゴーザフォスです。西暦1000年頃に、ヴァイキングの人々が多神教の神々からキリスト教に改宗する際、これまでの神様像を滝に投げ込んだという伝説に由来しています。とにかくすごい迫力。距離は結構あるのに水しぶきが飛んでくる勢いです。 見学後、レイキャビクへ。翌日帰国となりました。

『 アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅 』より レイキャビック, Capital Region, Capital Region, Capital Region

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)|アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

続いてゲイシール間欠泉へ。ストロックルと呼ばエル現在の間欠泉は、約5分に一度の間隔で熱水を噴出しています。高さ30mにも及ぶ水柱を写真に写すことは至難の業。私は失敗してしまいました。見学後、昼食レストランへ移動となりました。

『 アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅 』より レイキャビック, Capital Region, Capital Region, Capital Region, Capital Region

レイキャビック(Capital Region, アイスランド)|アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

午後、シングヴェトリル国立公園へ。ここは2004年にユネスコの世界遺産に登録された場所で、930年に世界で初めての民主議会が開かれた歴史に残る所です。北米プレートに沿って谷を下り、大地の生まれ出た場所を歩きました。自然ってすごいですね。

『 アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅 』より レイキャビック, Capital Region, Capital Region, Capital Region, Capital Region, Capital Region

  • その他の自然・アウトドア

  • エピソード・口コミ(5)

    2009.06.27 に訪問

    前日成田から日本航空(JL)にてロンドンにてアイスランド航空(FI)に乗り換えアイスランドの首都レイキャビックに到着しました。本日早速観光スタート。ツアー前半のハイライト、ゴールデンサークルの見学です。「黄金の滝」と呼ばれるグドルフォスです。すごい迫力。

    最終更新:2017.07.13 09:19
    旅行記 『アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅』 より
    2009.06.27 に訪問

    シングヴェトリル国立公園見学後、一路ブルーラグーンへ。世界最大の温泉で旅の疲れを癒します。それにしても広い。これだけ広い露天風呂は一周するのにどれくらい時間がかかるのだろう。ブルーラグーンにはレストラン、売店等の施設も充実しておりとても快適でした。

    最終更新:2017.07.13 09:19
    旅行記 『アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅』 より
    2009.07.04 に訪問

    「神々の滝」と称されるゴーザフォスです。西暦1000年頃に、ヴァイキングの人々が多神教の神々からキリスト教に改宗する際、これまでの神様像を滝に投げ込んだという伝説に由来しています。とにかくすごい迫力。距離は結構あるのに水しぶきが飛んでくる勢いです。 見学後、レイキャビクへ。翌日帰国となりました。

    最終更新:2017.07.13 09:15
    旅行記 『アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅』 より
    2009.06.27 に訪問

    続いてゲイシール間欠泉へ。ストロックルと呼ばエル現在の間欠泉は、約5分に一度の間隔で熱水を噴出しています。高さ30mにも及ぶ水柱を写真に写すことは至難の業。私は失敗してしまいました。見学後、昼食レストランへ移動となりました。

    最終更新:2017.06.26 07:29
    旅行記 『アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅』 より
    2009.06.27 に訪問

    午後、シングヴェトリル国立公園へ。ここは2004年にユネスコの世界遺産に登録された場所で、930年に世界で初めての民主議会が開かれた歴史に残る所です。北米プレートに沿って谷を下り、大地の生まれ出た場所を歩きました。自然ってすごいですね。

    最終更新:2017.06.26 07:29
    旅行記 『アイスランドとグリーンランド、アンマサリクの旅』 より
    レイキャビックを含む旅行記一覧 レイキャビックを含む旅行記一覧

    レイキャビックを含む旅行記一覧 トップへ