Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)の口コミ情報と旅行記、Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Portまでの行き方や地図をまとめています。Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Portの他にもMitilini、 ギリシャのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 06
Nakano Takayuki

アラビア語が目立ちますが、難民はアラブ人だけではありませんでした。 シリア・イラクからの難民は、自国が危険な状態のため、難民として国境を越えやすいのですが、 経済的な理由できている人たちは、難民ではなく移民なので、僕の行った2016年2月の時点で、非常に制限がかかっていたそうです。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん)
Nakano Takayuki

トルコから20kmほどのところにあるギリシャのレスボス島。 ここから、アテネなどギリシャ本土に向かってバスでドイツやスウェーデンを目指します。 アラビア語の看板をたくさん見ました。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 02
Nakano Takayuki

手前にあるのは、救命器具。 右の中央部にあるのは、船の残骸。 どちらも、難民が船を渡る際に使っていたものだそうです。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 03
Nakano Takayuki

翌日、僕もフェリーに乗る。 密航は、一人1~3時間で700ドルかかることも珍しくない。しかも命の危険もある。 しかし、一度ギリシャについてしまえば、一人47ユーロで安全に本土まで行ける。8時間で。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 04
Nakano Takayuki

美しい島ですが、観光で成り立っているわけではなく、自給自足できる農作物と家畜、その加工品で潤っている島です。 その島の人口に匹敵する数の難民が、2015年の夏に殺到し、島は混乱したそうです。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 05
Nakano Takayuki

空席のはずの僕の隣の席に座ってきたのはシリア人の子ども達。 アラビア語が話せて、かまってくれるからだろう、ずっとそばから離れなかった。 こうした無邪気な子ども達も、 死の危険を自国でも、密航でもくぐり抜けてきていて、一歩間違えたら死んでいたかもしれなかったと思うと、ぞっとする。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 07
Nakano Takayuki

おしゃれな街並みのレスボス島。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 08
Nakano Takayuki

本土に向かうフェリーの出発を待つ難民たち。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 09
Nakano Takayuki

こうした船の残骸は、奥にある大きなフェリーにぶつかって壊れたもの、と説明されました。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port(Mitilini, ギリシャ)|シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」(Nakano Takayukiさん) - 10
Nakano Takayuki

フェリー乗り場。 乗り込むのは難民たちばかりだった。

『 シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」 』より Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Port, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini, Mitilini

住所 Λιμένας Μυτιλήνης

  • エピソード・口コミ(10)

    2016.02.22 に訪問

    アラビア語が目立ちますが、難民はアラブ人だけではありませんでした。 シリア・イラクからの難民は、自国が危険な状態のため、難民として国境を越えやすいのですが、 経済的な理由できている人たちは、難民ではなく移民なので、僕の行った2016年2月の時点で、非常に制限がかかっていたそうです。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.22 に訪問

    トルコから20kmほどのところにあるギリシャのレスボス島。 ここから、アテネなどギリシャ本土に向かってバスでドイツやスウェーデンを目指します。 アラビア語の看板をたくさん見ました。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.23 に訪問

    手前にあるのは、救命器具。 右の中央部にあるのは、船の残骸。 どちらも、難民が船を渡る際に使っていたものだそうです。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.24 に訪問

    翌日、僕もフェリーに乗る。 密航は、一人1~3時間で700ドルかかることも珍しくない。しかも命の危険もある。 しかし、一度ギリシャについてしまえば、一人47ユーロで安全に本土まで行ける。8時間で。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.22 に訪問

    美しい島ですが、観光で成り立っているわけではなく、自給自足できる農作物と家畜、その加工品で潤っている島です。 その島の人口に匹敵する数の難民が、2015年の夏に殺到し、島は混乱したそうです。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.24 に訪問

    空席のはずの僕の隣の席に座ってきたのはシリア人の子ども達。 アラビア語が話せて、かまってくれるからだろう、ずっとそばから離れなかった。 こうした無邪気な子ども達も、 死の危険を自国でも、密航でもくぐり抜けてきていて、一歩間違えたら死んでいたかもしれなかったと思うと、ぞっとする。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.22 に訪問

    おしゃれな街並みのレスボス島。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.23 に訪問

    本土に向かうフェリーの出発を待つ難民たち。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.23 に訪問

    こうした船の残骸は、奥にある大きなフェリーにぶつかって壊れたもの、と説明されました。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    2016.02.23 に訪問

    フェリー乗り場。 乗り込むのは難民たちばかりだった。

    最終更新:2017.06.26 07:38
    旅行記 『シリア難民を巡る旅〜ギリシャ編「世界中から人が集まる!人種のるつぼの国へ」』 より
    Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Portを含む旅行記一覧 Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Portを含む旅行記一覧

    Λιμάνι Μυτιλήνης (LES) Mytilini Portを含む旅行記一覧 トップへ