Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)の口コミ情報と旅行記、カールス広場(Karlsplatz (Stachus))までの行き方や地図をまとめています。カールス広場(Karlsplatz (Stachus))の他にもバイエルン、 ドイツのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|オーロラを求めてスウェーデンへ(Takafumi Satoさん)
Takafumi Sato

『 オーロラを求めてスウェーデンへ 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン(Daiki Suzukiさん)
Daiki Suzuki

最終日、日本へ向けて帰途へ。  もう驚くことはないと思ったら、まだそれは早い。  ミュンヘンのタクシーは左に見えるクリーム色に塗られているが、それがベンツとBMWといった高級車。しかもSクラスや7シリーズといったグレード。  まだこんなものじゃない。アウトバーンに乗ると、時速260キロ程で走行し始める。  運転手に「日本人はやはり寡黙なんだな」と言われたが、そうではない。スピードが速すぎて、声が出なかったのだ。  しかし、スピードは速くとも、のどかな風景は鑑賞できる。オレンジ色の屋根に白い壁も、もうこれでさよならと思うと少し寂しくなる。  この故郷を想うような、とめどなく溢れる、細やかな愛着こそ、その空気をゆっくり肌で感じたものに与えられる大人の楽しみである。  質素な生活の中に、要所要所で瞬きしたら消えてしまいそうなひとときの美しさが失われていくような錯覚に陥る。そんな街を横目に、過ぎてゆく街並みを心の風景に焼き付けながら、私は静かな眠りに就くのであった。

『 ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|ミュンヘン(Satoshi Okumotoさん)
Satoshi Okumoto

『 ミュンヘン 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|2度目のドイツ一人旅♪~ミュンヘンの教会巡り~(Mariさん)
Mari

ちょっと休憩。カールス広場に来ました。 他のマーケットの屋台が閉店する中、ここだけ一人勝ちで営業していました。 スケートをしている人々を眺めつつ、がきんちょが投げてくる雪球をよけつつ、グリューワインでほっと一息。

『 2度目のドイツ一人旅♪~ミュンヘンの教会巡り~ 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|三ヶ国駆け足旅(Harukaさん)
Haruka

『 三ヶ国駆け足旅 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

カールス広場(Karlsplatz (Stachus))(バイエルン, ドイツ)|三ヶ国駆け足旅(Harukaさん) - 02
Haruka

『 三ヶ国駆け足旅 』より カールス広場(Karlsplatz (Stachus)), バイエルン

  • 広場
住所 Karlsplatz
URL http://de.wikipedia.org/wiki/Stachus

  • エピソード・口コミ(6)

    2014.06.16 に訪問

    最終更新:2015.04.15 21:48
    旅行記 『ミュンヘン』 より
    2012.03.13 に訪問

    最終日、日本へ向けて帰途へ。  もう驚くことはないと思ったら、まだそれは早い。  ミュンヘンのタクシーは左に見えるクリーム色に塗られているが、それがベンツとBMWといった高級車。しかもSクラスや7シリーズといったグレード。  まだこんなものじゃない。アウトバーンに乗ると、時速260キロ程で走行し始める。  運転手に「日本人はやはり寡黙なんだな」と言われたが、そうではない。スピードが速すぎて、声が出なかったのだ。  しかし、スピードは速くとも、のどかな風景は鑑賞できる。オレンジ色の屋根に白い壁も、もうこれでさよならと思うと少し寂しくなる。  この故郷を想うような、とめどなく溢れる、細やかな愛着こそ、その空気をゆっくり肌で感じたものに与えられる大人の楽しみである。  質素な生活の中に、要所要所で瞬きしたら消えてしまいそうなひとときの美しさが失われていくような錯覚に陥る。そんな街を横目に、過ぎてゆく街並みを心の風景に焼き付けながら、私は静かな眠りに就くのであった。

    最終更新:2014.09.10 17:26
    旅行記 『ハードボイルドな男の孤独旅~詩人ゲーテのように~INミュンヘン』 より
    2013.08.23 に訪問

    最終更新:2016.01.19 00:55
    旅行記 『三ヶ国駆け足旅』 より
    2013.08.23 に訪問

    最終更新:2016.01.19 00:55
    旅行記 『三ヶ国駆け足旅』 より
    2014.01.02 に訪問

    最終更新:2014.08.10 05:48
    旅行記 『オーロラを求めてスウェーデンへ』 より
    2015.12.24 に訪問

    ちょっと休憩。カールス広場に来ました。 他のマーケットの屋台が閉店する中、ここだけ一人勝ちで営業していました。 スケートをしている人々を眺めつつ、がきんちょが投げてくる雪球をよけつつ、グリューワインでほっと一息。

    最終更新:2016.01.08 08:35
    旅行記 『2度目のドイツ一人旅♪~ミュンヘンの教会巡り~』 より
    カールス広場(Karlsplatz (Stachus))を含む旅行記一覧 カールス広場(Karlsplatz (Stachus))を含む旅行記一覧

    カールス広場(Karlsplatz (Stachus))を含む旅行記一覧 トップへ