Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

ドイツのおすすめ史跡情報

Compathyでは、ドイツの「史跡」に関する海外旅行(自由旅行、個人旅行)の旅行記(旅のブログ)をまとめて紹介しています。史跡の旅行記をランキング、行き先別などで探すことができます。旅行記(旅のブログ)は地図とルートも掲載していますので、それをベースに旅行計画を立てることもできます。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/compathy-production-tokyo/user_photos/images/000/014/673/medium/image.jpg?1395233683

1

ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)

バイエルン, ドイツ

Satomi

ノイシュヴァンシュタイン城。 あこがれてたお城です。 ルートヴィヒ2世さん、ありがとー。こんなステキなお城をつくってくれて、って感じです。 けっきょく完成しないうちにルートヴィヒ2世、亡くなってしまったけど。しかも謎の死だし。 ルートヴィヒ2世って、若い頃の肖像画見ると、めちゃくちゃイケメンなんですけど、晩年はふつうのおっさんです。 ちなみに、ルートヴィヒ2世はお母さんそっくりですね。と思います。美人画ギャラリーでお母さんの肖像画がすぐにわかったくらい。

40
Historic Site, Castle, Scenic Lookout
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/034/056/medium/IMG_0031.JPG?1405947954

2

シュロス・ハイデルベルク(Schloss Heidelberg)

バーデン=ヴュルテンベルク, ドイツ

Natsumi Kogure

ハイデルベルク城 朝一なのに日本人のツアー客大量。

32
Historic Site, History Museum, Castle
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/014/666/medium/image.jpg?1395233126

3

ニンフェンブルク宮殿(Schloss Nymphenburg)

バイエルン, ドイツ

Satomi

ニンフェンブルク宮殿へ。 おひめさま願望高いので(笑)、お城の見学ははずせません。 でも、おてんば指数が高いので、 こんな広いところでかくれんぼしたら、すっごい楽しいだろうなーとか、本気で考えてしまいます。

22
Historic Site
https://compathy-assets.compathy.net/user_photos/images/000/071/684/medium/Obraz_085.jpg?1408364703

4

ベルリン大聖堂(Berliner Dom)

ベルリン, ドイツ

Stefan Lewandowski

This is old cathedral in city center Berlin . If you are in Berlin you have to see it

18
Historic Site
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/compathy-production-tokyo/user_photos/images/000/022/157/medium/image.jpg?1400160569

5

聖母教会(Frauenkirche)

ザクセン, ドイツ

Satomi

フラウエン教会の中も、写真撮れなくなってました。残念。 天井絵とか、キャンドルとかステキなのに。 フラウエン教会を眺めながら、ヴルストとグリューワイン。 目の前にフラウエン教会を見ながら食べるヴルスト。目の前にフラウエン教会を見上げながら飲むグリューワイン。さいこーでした。その光景が。ヴルストとグリューワインをいっそうおいしく思わせたのかもしれません

14
Historic Site
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/compathy-production-tokyo/user_photos/images/000/302/036/medium/1004.JPG?1496598012

6

イーストサイド・ギャラリー(East Side Gallery)

ベルリン, ドイツ

Tozaki Hiroshi

壁そのものは、結構薄くて高い。 ところで、よく間違われるのだけれど、ベルリンの壁は西ドイツと東ドイツを分けていたわけではなく、東ベルリン(旧ソ連統治)の中に離れ小島のようにあった西ベルリン(米英仏統治)を囲っていたのです。

14
Historic Site
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/compathy-production-tokyo/user_photos/images/000/324/155/medium/S__1179657.jpg?1512502862

7

チェックポイント・チャーリー(Checkpoint Charlie)

ベルリン, ドイツ

Satomi

チェックポイントチャーリー。 ベルリンの壁があったところ。 東ドイツと西ドイツに分かれていた理由を、自分は教科書でさっと勉強しただけで、実際のところはよくわかっていないのかも。 この壁があったことで、どれだけの悲劇があったのか。 展示されていたパネルに無言で食い入るように読みました。 日本語のパネルはなかったから全部英語で。英語だから細かいところまではちゃんと理解できなかったけれど。

13
Historic Site
ドイツに旅行のご予定がありますか?
ドイツのおすすめ史跡 ドイツのおすすめ史跡

ドイツのおすすめ史跡 トップへ