Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Saint-Estèphe

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)の口コミ情報と旅行記、Saint-Estèpheまでの行き方や地図をまとめています。Saint-Estèpheの他にもアキテーヌ、 フランスのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん)
Yuichi Kudo

11km地点。シャトー・ラエイに着いた。各シャトーに入る前には必ずこのようなシャトーの看板がある。本当は全てカメラで撮影してくるつもりだったが、途中体力の消耗もありいくつかはスキップしてしまった。この看板が見えてくるとワインのためがんばれるんです。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 02
Yuichi Kudo

まずは5km地点。シャトー・モンローズです。カップに次から次へとワインが注がれています。早速一杯ごくり。うまい!水より先にワインを飲むあたりがもう現地に溶け込んでいる自分がいました。ただ飲みすぎは禁物。カップ一杯と水を飲み次を目指します。「サン・テステフのラトゥール」と呼ばれるほど濃厚で力強く重々しい長期熟成型のワインを造ってきたモンローズ。そのクオリティに関しては、ロバート・パーカーも 「格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。」と賞賛しています。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 03
Yuichi Kudo

9km地点到着。シャトー・トロンコワ・ラランドです。醸造はなんと、1961年から2003年までシャトー・オー・ブリオンを手掛けていたジャン・ベルナール・デルマス氏が、シャトー・モンローズと共に担当しています。後で調べてわかりました。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 04
Yuichi Kudo

各シャトー(給水所)ではワインはもちろんのこといろいろなエイドがありました。フルーツケーキ、ポテトチップス、コーラ、サンドイッチ等があるあたりはさすがフランス。ワインとの相性にも注意しているのでしょうか。その他にも定番のフルーツ、ビスケット、水もあります。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 05
Yuichi Kudo

11km地点。シャトー・トロンコワ・ラランドを出発しブドウ畑を抜け次の町に入ったところ。このようにいたるところに現在何キロ走ったかわかるように看板を設けてくれるのはありがたい。だんだんと気温も上がってきた。また畑の砂利道が足にダメージを与える。まぁ、良いワインができるための土壌だから我慢するしかないか。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 06
Yuichi Kudo

シャトー・ラエイでは小さな女の子がワッフルを配ってくれていた。かわいい笑顔に癒された。甘さも控えており、香ばしい香りがフルボディーの赤ワインとも相性が良い。さすがです。おいしいワッフルとワインでまだまだがんばれそうです。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 07
Yuichi Kudo

13km地点。シャトー・ポミー到着。シャトーポミーはサンテステフ村の宿泊もできるシャトーです。日本ではそれほど名は知れていませんが、実はコスデストゥルネルの以前のオーナーのお家であり、蔵もあります。ワインはというとしっかりとうまい。あと約30km。がんばろう。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 08
Yuichi Kudo

続いてシャトー・オー・マルビュゼ。次々とシャトーが現れます。疲れている暇はありません。ワインを飲む。マルビュゼは格付けワインの下とされるクリュ・ブルジョワ級シャトーですが、出来る限り収穫を遅らせた完熟葡萄のみを使用するなど、1級シャトー並の贅沢なワイン作りを行っています。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 09
Yuichi Kudo

14km地点。シャトー・ル・クロックです。このシャトーは、コス・デストゥーネル、オーマルビュゼに近接、畑はモンローズに隣接する絶好のロケーションに佇み、ナポレオン3世による1855年の格付けの際には、ファーストリストで第5級に認定されていた「幻のグラン・クリュ・クラッセ」なんです。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

Saint-Estèphe(アキテーヌ, フランス)|フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅(Yuichi Kudoさん) - 10
Yuichi Kudo

シャトー・ル・クロックからシャトー・コス・ラボリーへ。ブドウ畑を横目にコンクリートの道。しかも若干の坂道。しかも気温は上がっている。なかなかしんどくなってきた感じです。しかし!次はコス・ラボリー。飲むために立ち止まるわけにはいきません。

『 フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅 』より Saint-Estèphe, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ, アキテーヌ

  • 散策
  • その他の自然・アウトドア

  • エピソード・口コミ(11)

    2014.09.14 に訪問

    11km地点。シャトー・トロンコワ・ラランドを出発しブドウ畑を抜け次の町に入ったところ。このようにいたるところに現在何キロ走ったかわかるように看板を設けてくれるのはありがたい。だんだんと気温も上がってきた。また畑の砂利道が足にダメージを与える。まぁ、良いワインができるための土壌だから我慢するしかないか。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    シャトー・ラエイでは小さな女の子がワッフルを配ってくれていた。かわいい笑顔に癒された。甘さも控えており、香ばしい香りがフルボディーの赤ワインとも相性が良い。さすがです。おいしいワッフルとワインでまだまだがんばれそうです。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    13km地点。シャトー・ポミー到着。シャトーポミーはサンテステフ村の宿泊もできるシャトーです。日本ではそれほど名は知れていませんが、実はコスデストゥルネルの以前のオーナーのお家であり、蔵もあります。ワインはというとしっかりとうまい。あと約30km。がんばろう。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    続いてシャトー・オー・マルビュゼ。次々とシャトーが現れます。疲れている暇はありません。ワインを飲む。マルビュゼは格付けワインの下とされるクリュ・ブルジョワ級シャトーですが、出来る限り収穫を遅らせた完熟葡萄のみを使用するなど、1級シャトー並の贅沢なワイン作りを行っています。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    14km地点。シャトー・ル・クロックです。このシャトーは、コス・デストゥーネル、オーマルビュゼに近接、畑はモンローズに隣接する絶好のロケーションに佇み、ナポレオン3世による1855年の格付けの際には、ファーストリストで第5級に認定されていた「幻のグラン・クリュ・クラッセ」なんです。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    シャトー・ル・クロックからシャトー・コス・ラボリーへ。ブドウ畑を横目にコンクリートの道。しかも若干の坂道。しかも気温は上がっている。なかなかしんどくなってきた感じです。しかし!次はコス・ラボリー。飲むために立ち止まるわけにはいきません。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    11km地点。シャトー・ラエイに着いた。各シャトーに入る前には必ずこのようなシャトーの看板がある。本当は全てカメラで撮影してくるつもりだったが、途中体力の消耗もありいくつかはスキップしてしまった。この看板が見えてくるとワインのためがんばれるんです。

    最終更新:2017.06.26 06:09
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    まずは5km地点。シャトー・モンローズです。カップに次から次へとワインが注がれています。早速一杯ごくり。うまい!水より先にワインを飲むあたりがもう現地に溶け込んでいる自分がいました。ただ飲みすぎは禁物。カップ一杯と水を飲み次を目指します。「サン・テステフのラトゥール」と呼ばれるほど濃厚で力強く重々しい長期熟成型のワインを造ってきたモンローズ。そのクオリティに関しては、ロバート・パーカーも 「格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。」と賞賛しています。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    9km地点到着。シャトー・トロンコワ・ラランドです。醸造はなんと、1961年から2003年までシャトー・オー・ブリオンを手掛けていたジャン・ベルナール・デルマス氏が、シャトー・モンローズと共に担当しています。後で調べてわかりました。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    2014.09.14 に訪問

    各シャトー(給水所)ではワインはもちろんのこといろいろなエイドがありました。フルーツケーキ、ポテトチップス、コーラ、サンドイッチ等があるあたりはさすがフランス。ワインとの相性にも注意しているのでしょうか。その他にも定番のフルーツ、ビスケット、水もあります。

    最終更新:2017.06.26 06:28
    旅行記 『フランス ボルドー 30thメドックマラソン参加の旅』 より
    Saint-Estèpheを含む旅行記一覧 Saint-Estèpheを含む旅行記一覧

    Saint-Estèpheを含む旅行記一覧 トップへ