Compathyに旅行プラン作成機能が登場! さっそく作成! さっそく作成!
アジア 北アメリカ ヨーロッパ オセアニア アフリカ 南アメリカ 南極大陸

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre(バス=ノルマンディー, フランス)の口コミ情報と旅行記、Chapelle Notre-Dame-sous-Terreまでの行き方や地図をまとめています。Chapelle Notre-Dame-sous-Terreの他にもバス=ノルマンディー、 フランスのおすすめスポットを紹介しており、みんなの口コミから自分だけの旅行プランを立てることが可能です。

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre(バス=ノルマンディー, フランス)|モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。(Arikawa Satokoさん) - 02
Arikawa Satoko

同じく内部から。修道院なのでステンドグラスもかなり質素。もとより、ステンドグラスが聖書の物語を広める役割をしていたのなら、修道院はそのエキスパートが集まっているわけで、必要ないのだと思います。ガラスには幾何学模様の装飾とシンプル十字架が施されています。

『 モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。 』より Chapelle Notre-Dame-sous-Terre, バス=ノルマンディー

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre(バス=ノルマンディー, フランス)|モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。(Arikawa Satokoさん)
Arikawa Satoko

内部の様子。中庭は吹き抜けになっていて明かりを取れるようになっています。モン・サン・ミシェルの内部はかなりさっぱりしているのですが、この中庭を囲む回廊はアーチが並んでいて綺麗です。

『 モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。 』より Chapelle Notre-Dame-sous-Terre, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre(バス=ノルマンディー, フランス)|モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。(Arikawa Satokoさん) - 03
Arikawa Satoko

散策していると、ところどころに明り取り用の吹き抜けと思しきところがあります。確かに全部石造りにして覆ってしまうには、モン・サン・ミシェルは少し大きいかもしれません。吹き抜けのあるところには植物も植わっていて、石造りの空間の中に和らぎがあります。

『 モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。 』より Chapelle Notre-Dame-sous-Terre, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー

Chapelle Notre-Dame-sous-Terre(バス=ノルマンディー, フランス)|モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。(Arikawa Satokoさん) - 04
Arikawa Satoko

モン・サン・ミシェルの天使ミカエル。下にとかげ(サラマンダー?)を踏みつけています。天使ミカエルはこういう格好・ポーズが多いです。天国の守護を司る天使。 よく似たので踏みつけているのがドラゴンだったら、聖ゲオルグ(セント・ジョージア)です。

『 モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。 』より Chapelle Notre-Dame-sous-Terre, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー, バス=ノルマンディー

  • 教会

  • エピソード・口コミ(4)

    2007.07.30 に訪問

    内部の様子。中庭は吹き抜けになっていて明かりを取れるようになっています。モン・サン・ミシェルの内部はかなりさっぱりしているのですが、この中庭を囲む回廊はアーチが並んでいて綺麗です。

    最終更新:2017.06.26 06:15
    旅行記 『モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。』 より
    2007.07.30 に訪問

    同じく内部から。修道院なのでステンドグラスもかなり質素。もとより、ステンドグラスが聖書の物語を広める役割をしていたのなら、修道院はそのエキスパートが集まっているわけで、必要ないのだと思います。ガラスには幾何学模様の装飾とシンプル十字架が施されています。

    最終更新:2017.06.26 06:15
    旅行記 『モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。』 より
    2007.07.30 に訪問

    散策していると、ところどころに明り取り用の吹き抜けと思しきところがあります。確かに全部石造りにして覆ってしまうには、モン・サン・ミシェルは少し大きいかもしれません。吹き抜けのあるところには植物も植わっていて、石造りの空間の中に和らぎがあります。

    最終更新:2017.06.26 06:15
    旅行記 『モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。』 より
    2007.07.30 に訪問

    モン・サン・ミシェルの天使ミカエル。下にとかげ(サラマンダー?)を踏みつけています。天使ミカエルはこういう格好・ポーズが多いです。天国の守護を司る天使。 よく似たので踏みつけているのがドラゴンだったら、聖ゲオルグ(セント・ジョージア)です。

    最終更新:2017.06.26 06:15
    旅行記 『モン・サン・ミシェル、驚異の潮の満ち引きと、自然力の中に息づく人の営みの歴史を感じる旅。』 より
    Chapelle Notre-Dame-sous-Terreを含む旅行記一覧 Chapelle Notre-Dame-sous-Terreを含む旅行記一覧

    Chapelle Notre-Dame-sous-Terreを含む旅行記一覧 トップへ